【小倉2歳S2017予想・データ分析】小倉芝1200mで行われる2歳GⅢの小倉2歳ステークス。人気はアイアンクロー、モズスーパーフレアあたりになりそうだが、当然大穴狙いで逝くぜ!データ分析だと、枠順の有利不利なし、脚質は圧倒的に逃げ・先行っ有利!穴馬候補はナムラアッパレ、バーニングペスカ、ペイシャルアス、しかし難解。

 

ハッキリ言って、

 

じぇんじぇんわからん(笑)。

 

 

世の中、

考えても分からんもんを考えることほど無駄なことはないので、

分からん時は準備だけしておいて、

あとは成行きに身を任せた方がよい。

 

例えば、

 

「何考えてるか分からないバカ上司!」

 

これはもうマジで考えるだけ無駄なので、

早くこの上司が飛ばされることを祈りつつ、

命令には素直に従っておいた方がよい。

 

また、

 

「この人と結婚して上手く行くのか?」

 

なんてことも考えるだけ無駄である。

なぜなら上手く行く夫婦なんてレアなのであり(オイ!)、

多くの夫婦は我慢汁を絞り合いながら日々暮らしているのである(オイィィィ!)。

 

なので、

 

「ま、この人でいっか」くらいの勢いで結婚してしまい、

結婚してから「お互いに幸せになる努力」をすることが大事。

幸せにしてもらうじゃなく、幸せになる・・のである。

 

しかし、競馬は、結果が出てからでは遅い。

 

ので、事前の分析・予想が大事なのであるが・・・

 

■小倉2歳S2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

じぇんじぇん分からんのである(笑)。

 

 

札幌2歳Sの方はまだマシなんだが・・・

 

小倉2歳はもうお手上げ。

 

だけんどもしかし!

 

それではモッコリ馬券師浅次郎の名がすたる。

 

今日も元気に、

 

データ分析行ってみよう!

 

■小倉2歳Sデータ分析

JRAデータ分析より

ええと、オープン実績ってフェニックス賞、ひまわり賞、ダリア賞くらいか。まあ、今年はフェニックス賞組しかいないわけだが、そのフェニックス賞勝ち馬のゴールドクイーンは不在。2着のレグルドールは先週のひまわり賞に出走(1着)。ってわけで、3着だったアイアンクローがココで人気になるわけやな。しかし、フェニックス賞・・・微妙じゃね?

 

高速小倉の1200m戦だけに、スピードが何より大事。4コーナーを3番手以内で勝利ってのは必要条件であるな。該当馬は・・・ってほとんどの馬が該当馬やな(笑)。

 

JRAよ・・・

 

他のデータは10年なのに、

 

なにゆえ枠番データだけ5年なのだ?

 

自分でやった方がええな(笑)。

 

■小倉2歳S枠順別成績(過去10年)

なるほど、JRAは「内枠有利」にしたかったわけやね(なんて愚かな・・・きっとどうにもならんバカ上司がいるんだろうな)。ところがどっこい、過去10年で調べ直すと外枠もかなり馬券になっていることが判明。特に7枠・8枠は平均人気より平均着順が大幅によい。要注意枠である。ちなみにコースデータはどうかというと・・・

 

連対率、複勝率を見ても、枠順の有利不利はほとんどないと言える。僅かに8枠が不利かな。JRAの「内枠有利」に騙されないように。

 

■小倉2歳S馬体重別成績(過去10年)

440~459kgのゾーンが最も成績が良いな。480~499kgの成績が良かった札幌2歳とは対照的である。しかし、あまりに軽過ぎる馬は割引かな?今回・・・結構軽い馬いるんだよね。

 

■小倉2歳S間隔別成績(過去10年)

間隔は短いより適当に空いてる方が良い。具体的には小倉の1週目や2週目で勝った馬、あるいは阪神・中京・新潟から臨戦の馬。

 

■小倉2歳S脚質別成績(過去10年)

脚質は圧倒的に「逃げ・先行馬」強しである。特に先行馬は連対馬の大半を占める強さ。逃げ馬は勝ち馬こそいないが2~3着に残ることが多く、必ず押さえておきたいところだ。

 

ただし、年によっては強烈な末脚で勝ちきってしまう差し馬が出現する。2014年のオーミアリスや2010年のブラウンワイルドなどがそう。

 

そして・・・穴馬の脚質も「差し」である。

 

基本的に4角10番手以降の馬は大幅割引でいいと思うが、穴党は差し馬から入るのもアリだと思う。

 

ケツデータ論。

・枠順はあまり気にしなくていい。

・逃げ、先行有利。ハマると差し馬が飛んでくる。

・じぇんじぇん分からん。

 

この時期の2歳戦は、新馬戦から一変する馬もいるし、調子はイマイチだけどとりあえず出とけ!って馬もいるし、時計の比較は出来ないしで・・・ほんとに分からんのである。こういうレースは「ケン」が一番なのであるが、大荒れになりそうな予感もするしなあ・・・(笑)。とりあえず穴馬候補を挙げておこう。

 

まず、ナムラアッパレである。すでに4戦のキャリアがあり、こういうタイプは人気になりにくいのであるが、前走の未勝利戦はいいレースをしたし、間隔もいい。まあ、メンバーレベルは疑問であるが、それはどの馬にも当てはまること。面白い一頭だよ。

 

それから、持ち時計上位のバーニングペスカ。1戦1勝組ならこの馬かモズスーパーフレアかと思うがどうだろうな。馬体重、間隔、脚質・・・プロフィール的には完璧である。後は調子。調教要チェックである。

 

爆穴にタイセイソニック。この馬、前走の未勝利戦は出遅れたのが幸いしたのか、中団から上がり最速で鮮やかに差し切り勝ち(しかも4コーナーで不利受けてる)。今回前に行く馬が多そうで、こういうタイプが大穴を開けそうな予感。誰が乗るのかな?

 

他、ペイシャルアス、ナムラバンザイ、シトリカ・・・あたりにも注目している。

 

しかし、

 

嫁の気分以上に、

 

じぇんじぇん分からん(笑)

 

 

【浅次郎のひとりごと】

リプニツカヤ電撃引退 フィギュア選手“拒食症”の壮絶実態

フィギュアスケート女子の全盛期は短いもんなあ。体重が維持出来なくなったら跳べないんだ・・・。そう言えば真央ちゃんも10代の頃が一番軽やかに跳んでたよなあ。リプニツカヤ兄貴・・・平昌で見られないなんて(涙)。

 

 

広告


 

【札幌2歳ステークス2017データ分析】札幌芝1800mで行われるGⅢ札幌2歳S。今年はカレンシリエージョ、ロックディスタウン、クリノクーニングに人気が集中しそう。データ分析では内枠有利、先行有利、上がり3F上位強し。ただし差し馬・マクリも来る。穴馬候補はシスターフラッグ、ミスマンマミーア、ヴィオトポス。馬券の買い方が難しい。

 

今週で夏競馬も終わり。

 

浅次郎POGはどうなってるかな?

 


グループ1はこちら


グループ2はこちら


グループ3はコチラ

 

こうやってみるとかなり大所帯だべな。

 

現在のところ・・・

1位は、先行逃げ切りさん。コスモス賞勝ちのステルヴィオの活躍が大きいですな。ただ、期待の大きかったレイエンダが骨折で離脱。先行逃げ切り出来るか?(笑)

2位は、ぷらりさん。ルーカス、フラットレー、ロックディスタウンと評判馬を含め4頭が勝ち上がり。今週は札幌2歳Sにロックディスタウンが登場。

3位は、Hiro.Yさん。すでに7頭がデビューし、3頭が勝ち上がり。エイシンフラッシュ産駒のスワーヴエドワードの次走に期待。

 

しかし、今週は札幌と小倉で2歳Sが行われるけんな!

一気に順位が動きそうな予感がするぜー!

 

さて、札幌2歳S。

 

■札幌2歳S2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

完全に3強のオッズになりそうな感じ。

 

可憐な尻えーじょ・・・

 

 

じゃなかった(笑)、

 

カレンシリエージョはアドマイヤリードの半妹。父がステイゴールドからハービンジャーに変わるんだが、この馬もかなりの素質あり。新馬戦はクリノクーニングに競り負けたが、続く未勝利戦は8馬身差の圧勝。レース見てみよう。

うぐう。こりゃ強えな・・・。この馬がスパートしたのは3コーナー手前の残り800m地点。4コーナーで少し息が入ったとはいえ、これで最後まで脚色が衰えないのだから相当の能力の持ち主である。

 

そして、このカレンシリエージョを新馬戦で負かしたのがクリノクーニング。

むぐう。これも強いわい・・・。クリノクーニングは注目のオルフェーヴル産駒。洋芝はどんとこいだろう。瞬発力ではカレンシリエージョより上ですな。

 

そして、3強最後はこれまたオルフェーヴル産駒のロックディスタウン。

キャットコイン、ワンズレスアウェイの下。新潟で超ドスローの流れであったが、使った上がりは32.5。しかも追ったのは正味最後の300mほどであった。東京の瞬発力勝負が合いそうな気もするが、多分洋芝もイケる。問題はペースが速くなった場合。

 

ぬう。

 

正直言って、

 

この3頭で決まりそうな・・・

 

データ見てみるか。

 

■札幌2歳S人気別成績

※2013年は函館開催

上位人気での決着が多く、勝ち馬10頭中9頭が1~5番人気。2着馬もほぼ5番人気以内であり、荒れる要素は殆どないレースである(涙)。ただし、3着には人気薄馬が突っ込んでくることが多く、3着ヒモ荒れを狙うレースなのかもしれない。

ま、将来のオープン馬と条件馬が一緒に走るわけだし、札幌2歳Sは距離が1800だから、来年のクラシックを意識した馬が出て来るし・・・こうなるわな。

 

 

札幌デビュー組と函館デビュー組が大半。

あとは東京や阪神デビューの素質馬(6月デビュー組)。

新潟デビューのロックディスタウンにはマイナスなデータやな。

 

さて、

 

枠順見てみるか。

 

■札幌2歳S過去10年枠番別成績

全体的にフラットっぽいが、7枠の成績がとてもいいな。あと3枠の成績がいいんだが、これは人気馬が集中して入ったんだろう。平均人気5.8だもんな。悪いのは1枠。コースデータはどうなんだろう?

 

札幌芝1800の過去10年データ。これによると2~3枠の成績が抜けていいな。ただし、1枠の成績はガタンと落ちる。これは札幌1800のコースによるものか。

 

スタートして1コーナーまで200mしかない。となれば物理的には内枠が有利になるんだが、そのせいで多くの馬が内に殺到し、最内枠はごちゃつきやすいのだと思う。コーナーはゆるく大回りなので内枠の先行馬が狙い目ですな。

 

■札幌2歳S過去10年馬体重別成績

馬体重は480~499kgのゾーンが一番強い。軽すぎるのはマイナスかな?

 

■札幌2歳S過去10年生まれ月別成績

これ、意外と面白いよね。2歳戦は早生まれが有利だと言われているが・・・1月生まれは馬券圏内なし。あ、今年は該当なしか。ちなみに、ディバインブリーズが5月産まれ。あとはみんな2~4月産まれ。

 

■札幌2歳S過去10年前走間隔別成績

2週ってのは中1週のことで、連闘~4週は札幌滞在組。5~9週は7月の函館組がほとんど。10週以上は東京や阪神の新馬戦組だろう。最も優秀なのはその東京・阪神組だが、その分人気にもなりやすい。狙いは札幌の中1週~中2週組か?ダブルシャープ、ファストアプローチ、ミスマンマミーア、ヴィオトポスあたり。

 

■札幌2歳S過去10年脚質別成績

脚質はもう圧倒的に「先行有利」である。勝率、連対率、複勝率ともにダントツで。ただし、見た目以上に差しやマクリが効くのも札幌1800の特徴。3コーナー過ぎから動いて上がり最速マクリ!なんて馬が結構馬券になっているよね。アドマイヤエイカン、ブライトエンブレム、レッドリヴェール・・・最近はこの手の馬が勝っている。

そして上がり3Fを見て分かるように、馬券圏内に入った馬はほとんどが、上がり1~3位。つまりどういうことかというと・・・

 

・前に行く脚があり、

・キッチリ末脚を使えるタイプ。

 

が強いということ。

簡単に言えば「能力上位の馬」が来るってことだな。

 

先に挙げた上位人気3頭はいずれも、

前に行く脚があって末脚もキッチリなタイプ。

 

これはもう・・・カチンコチンコか?

 

い、

 

い、

 

嫌だ!こんなチンコ!

 

もっと、

 

もっと、

 

長持ちのチンコをおくれ!

 

 

だ、ダメか・・・(笑)。

 

しかし、モッコリ党の党首としては

ドラゴンボールよりもモッコリ穴馬を探さねばならんのである。

 

穴馬の条件は・・・

 

・先行馬

 

・・・だな。昨年のブラックオニキスや3年前のマイネルシュバリエのような穴馬を探さねばなるまい・・・しかし、そうなるとまた条件厳しいんだよなあ。今回はマジで3着穴狙いが精一杯かもしれん。

 

ケツデータ論。

・内枠有利も最内枠は割引。

・先行有利、ただし差し馬も来る。

・カチンコチンコレース。

 

ちょっと難しいのだが、穴馬候補を挙げておこう。

まず、母がゴールドシップの半妹という良血シスターフラッグ。新馬戦は着差もタイムも地味であまり注目されていないが、出遅れ後方からの競馬で3コーナー過ぎからのマクリ。叔父ゴールドシップを彷彿とさせる走りでキッチリ差し切って1着。このままでは通用せんかもしれんが、上昇度次第でどうにかなるかもよ?

 

それから、コスモス賞2着のミスマンマミーア。門別のダート短距離で勝ちきれず・・・JRA認定未勝利戦をやっとこさ勝ってコスモス賞に出走。そこで驚きの上がり最速で追い込んでの2着。こりゃ完全に芝馬だろ!

最後、ステルヴィオに迫るも届かず。しかし、まだまだ伸びそうな気配であったし、中央のエリートとも互角に戦えるのを証明。爆穴にこのコスモス賞で4着のヴィオトポス。要注意の東京新馬戦勝ちは、この馬だけである。

 

しかしこのレースは、

ロックディスタウンが私のPOG馬。

この馬をハズして馬券を買うと後悔してしまいそうだから・・・

ちょっと買い方が難しいな。

 

ロックディスタウンから絞って買うか。

ロックディスタウンから穴馬に流すか・・・

あるいは一点鬼買いか。それもたまにはいいか。

 

鞍上ルメールだよね?

 

調教チェック、枠順発表を待て。

 

毛色も馬体も・・・性格も父親似?(笑)

 

【浅次郎のひとりごと】

アジア予選の大一番!日本vsオーストラリア

勝てばワールドカップ出場確定?こりゃ応援せななあ。。。

 

あ、昨日宣伝した競馬倶楽部の話だが、

順調に準備が進んでるので、

近日中に案内出来ると思う。お楽しみに。

 

 

広告


 

 

【新潟記念2017データ分析】新潟芝2000mで行われるハンデGⅢの新潟記念。人気はアストラエンブレム、トーセンバジル、マイネルフロストあたりだが、何が起こるか分からんぞ!データ分析では、内枠より外枠有利。脚質は差しより先行有利。大穴候補はウインガナドル!フルーキー!マイネルスフェーン!当然穴狙いで逝くぜ!

 

新潟記念の分析の前に、

 

宣伝である。

 

先週日曜の新潟9R五頭連峰特別。

 

netkeibaより抜粋

 

狙いのメイショウオワラが見事に1着。

これは当ブログで書いた「日曜無料情報」で公開したとおり。

 

そして2着には・・・

16番人気単勝249.8倍のマイネルディアベルが入り、

 

 

馬連29万馬券。

 

この超悶絶モッコリ馬券を、

 

獲った男がいる!

 

 

これがその10万馬券的中証明書。

 

偽造してない限り本物である(笑)。

 

よく、競馬予想会社や競馬メディアで「10万馬券ヒット!」なんて広告を見かけるが、大抵は三連単の多点数買い。60点だの100点だの200点だのを買っての結果であり、我々庶民は毎レースそんな点数を買えるわけないわな(多分予想する側も買ってない。回収率100%割っちゃうからね)。

しかし、このレースに投下した金額はわずか1600円。つまり、馬連100円総流し(17頭立て)。「このレースは荒れる!」と踏んで軸馬から総流しを仕掛けたわけだ。もちろん16番人気のマイネルディアベルが2着に来たのは僥倖。しかし、軸馬が来たからこそであり、「荒れる!」と判断して総流ししたからこそである。1600円なら誰だって買える金額だろう。そして払い戻しが292,630円である。

 

「ま、ま、マジっすか浅次郎さん!」

 

マジである。

 

その男とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

私だ!

 

 

 

著者近影。

 

 

 

 

 

・・・というオチではない(笑)。

 

(私もメイショウオワラから馬券を買っていたんだが、マイネルディアベルは拾えなかったんだよ~~~~~)

 

以前にも少し話したと思うが、

 

その男とは、

 

私のTARGET師匠、

DATA競馬のプロ、電脳馬券師Aである。

 

ちなみに、A氏にとってこういう馬券は半分「お遊び」である(先週は3本の万馬券をゲットしている)。本気馬券は数万円単位だし、証拠が残ってしまうPATでは買わないし(競馬場やWINSで買う)、この程度の配当は年に何度かあるんだそうな。一度、年間どれだけ勝っているのか聞いたことがあるが・・・ぶったまげる金額である。ここでは言えないが、誰もがフルボッキする金額だ。

 

 

今、

このA氏と浅次郎が組んで、

秘密裏に企てていることがある。

 

もう我慢出来ずに逝ってしまいそうなのだが、

 

じゃなかった(笑)、

 

もう我慢出来ないので言ってしまうのだが、

有料の馬券クラブだ。

 

とは言っても、

巷にあるような高額なものではなく(子供の習字教室代くらい)、

みんなでワイワイやりながら競馬を楽しむ

「部活」「サークル」みたいなもんで、

A氏の軸馬・買い目はもちろん、

馬券に対する考え方(←これが一番大事)をインストールしてもらい、

年間トータルの回収率120%以上を目指す!

そして、毎週毎週、メンバーみんなで競馬を楽しむ!

というものである。

 

浅次郎の「印」や「調教チェック」を

 

「有料級の情報をいつも有難うございます」

 

と言ってくれる有りがたい愛毒者もいるのだが、

(その声援が力になるのです)

 

A氏の情報はそんなレベルではないぞ。

馬連10万馬券が時々当ってしまうレベルだ。

(注!予想するレースが尽く当たるような魔法のような予想ではない。むしろハズレてしまう方が多いのだが・・・つまり的中率より回収率に特化した予想である)

 

・・・

 

もとから、予想・馬券が上手い人や、

年間の回収率100%以上の勝ち組には必要ないかもしれない。

 

だけんどもしかし!

 

年間の回収率が90%以下の負け組にとっては、

モッコリ度120%の馬券クラブだと思う。

 

馬券が上手くなったら卒業してしまえばいいしな。

 

興味がある方は引き続き、

当ブログの動向をチェックしておいてくれ。

(後日、案内をする予定)

 

繰り返すが、

 

これは宣伝である。

 

有料クラブなんて話をすると、

 

「今まで通り、ぜ~~んぶ無料で公開してよ!」

「あんたも結局のところ金か!」

 

という輩が必ず出て来るわけだが、そういう輩はこちらがどれだけ時間を使って記事を書いているのか、どれだけ苦労して買い目を出しているのか・・・考えたことすらないのだろうと思う。調教チェック一つ取っても・・・全ての馬の調教をチェックするのにどれだけ時間掛かるか・・・何度も何度も映像をチェックし、過去の調教と比較しなければならんのである。

 

自分で言うのも何だが、

ブログを書き続けるのは大変である。

 

だから、

 

この競馬クラブは、

浅次郎がブログを続けていくための・・・

仲間集め、資金集めでもある(あんた正直やな。笑)

 

「浅次郎を応援したい!」

「浅次郎さん、喜んで入部しまっせー!」

 

という損得勘定抜きの奇特なモッコリガイがいたら、

浅次郎嬉ションである。

一生付き合えるような競馬仲間が入部してくれたら良いなと思う。

(後日案内するのでモウチョイ待っててくれ!)

 

興味ない毒者、勝ち組の諸兄はスルーしておくれ。

 

さて、

 

宣伝が長くなったが、

 

新潟記念。

 

■新潟記念2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

普通に考えたら、

ミルコだし、超良血だし、前走エプソムC2着だし、

アストラエンブレムで仕方ないような気もするんだが、

 

このレースはハンデ戦である。

 

そして、先週も新潟は荒れまくっており、

 

何が起きるか分からんぞ~!

 

 

さて、

 

データ見てみよ。

 

■新潟記念過去10年人気別成績

JRAデータ分析より抜粋

 

うっしゃっしゃ!

 

過去10年で、

1番人気馬で馬券になったのは2頭だけ。

2番人気馬も3頭だけ。

3~4番人気馬もほぼ全滅。

 

勝ち馬の多くは5番人気以下であり、

2~3着馬に至ってはほぼ人気薄ばかりである。

 

これは・・・

モッコリケツ馬券で逝くぜ~~~!

(いつもだけど。笑)

 

 

とはいえ、単勝50倍以上の爆穴が来るわけではなく、

5.0~9.9倍ゾーンを中心に、

10倍台、20倍台の中穴が馬券になるレースであるな。

 

ま、あんまり私には関係ないけど。

 

■新潟記念ハンデ別成績

 

ハンデは重い方が馬券になりやすいっと。

ただし、52kgは要注意。

 

■新潟記念過去10年前走別成績

 

狙いは「小倉記念」と「七夕賞」。

あとは「函館記念」かな。

 

該当馬は・・・

 

・カフジプリンス(小倉記念5着)
・スピリッツミノル(小倉記念9着)
・ソールインパクト(七夕賞3着)
・タツゴウゲキ(小倉記念1着)
・マイネルフロスト(七夕賞2着)
・ルミナスウォリアー(函館記念1着)

 

この6頭のみ。カフジプリンス、スピリッツミノル、ソールインパクトあたりはそう人気にならないぽいので面白いな。

 

このデータからすると・・・エプソムカップ組のアストラエンブレムや休み明けのトーセンバジル、それから条件戦組のロイカバードも苦しいか。

 

さて、枠順見てみよう。

 

■新潟記念過去10年枠番別成績

3枠の成績が飛び抜けているが、1枠・2枠は死に枠。全体的に見ると内枠より外枠が有利に見えるが、コース的にはどうなんだろうな?

 

過去10年間の新潟芝2000mの枠番別成績がこれ。勝率はあまり差がないが、連対率、複勝率は明らかに外目の枠の方が良いですな。

 

JRAで唯一、ワンターンの2000mコースである。最初の直線はなんと950m。先行争いで内外の有利不利はほとんどないと言っていいだろう。さらに、3~4コーナーが非常にタイトなため、内に入ったからと言って有利とは言い切れないのである(内の方が減速を強いられる)。それから、新潟は3~4コーナーで必ず息が入るから、究極の瞬発力勝負になりやすい。前で粘る馬が33秒台!なんてことが簡単に起きてしまうコースである。

 

今日はちょっと他のデータも見てみよう。

 

■新潟記念馬体重別成績

私はあまり馬体重を気にするタイプではないのだが、馬体重が軽いタイプはちょっと不利っぽいね。

 

東西の騎手データも見ておくか。

 

■新潟記念過去10年東西騎手成績

関西騎手の参戦は少ないけど、勝率・連対率ともに大きく関東騎手をリードしているな。ただし、人気になりやすいのも関西騎手の方で、狙って美味しいのはむしろ関東の方である。今年の主だったところではミルコと岩田と秋山が関西ジョッキー。

 

脚質見てみよう。

 

■新潟記念過去10年脚質データ

新潟芝2000m・・・と聞くと「差し・追い込みが圧倒的に有利!」とイメージしてしまう毒者が多いと思うが、ご覧の通り・・・このレースは「逃げ・先行有利!」である。もちろん、2016年のように差し・追い込み決着の年もあるが、前の馬の方が馬券になる確率が高く、差し馬は来ても9~10番手くらいまでである。

確かに「上がり1位馬」は強い。しかしイメージほどではなく、全く馬券に絡まない年だってある。「上がり2~3位馬」に至っては来ても3着まで・・・という感じ。そもそもこのコースでは先行馬も速い上がりが使えるため、直線であまり差がつかないのである。

 

つまり、

 

過去の傾向で言うと、

 

先行有利。

 

パターンとしては、

 

先行→先行

差し→先行

 

が多いな。差し馬は「7~10番手」くらいの「中団前目」のポジションが取れそうな馬が狙い目。後方からの馬は紐扱いでいいと思う。

 

で、先週の日曜日に頻発したのが・・・

 

逃げ、番手馬の前残り。

 

冒頭で紹介した五頭連邦特別もそうだったし(29万馬券の立役者マイネルディアベルは逃げて2着)、朱鷺Sは逃げたワンスインナムーンが1着。新潟2歳Sは逃げたコーディエライトと番手のフロンティアのワンツー。もちろん差しが決まるレースもあったが・・・実力馬が前で上がり33秒前後で上がると、後ろの馬はどうにもドモナラズなのだ。

 

というわけで、

 

この新潟記念も、逃げ馬・番手馬には要注意である。

 

ケツデータ論。

・どっちかと言えば、外枠有利。

・逃げ・先行>差し・追い込み。

・大穴モッコリ狙いオッケ!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、逃げ候補のウインガナドル。おお、良く見ればこの馬、ステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合ではないか。瞬発力より持久力に優れたタイプ、さらにおそらくはパワー型だと思うが、新潟はこういうタイプでも速い上がりが使えちゃうのであり、軽ハンデを利して上手く逃げればアレヨアレヨのカウパー逃げがあるかもしれんぞ!鞍上も魅力。

それから、何度でも狙うぜフルーキー。エプソムCは完全前残りの競馬。そしてこの馬はトップハンデの58kgを背負っており、アストラエンブレムとは2kgの斤量差があったのである。そして今回はアストラエンブレムとは0.5kg差。もちろんこんなもんは机上のオナニー論であるが、オッズほどのチンコ差はない!ちなみに、2走前の新潟記念もトップハンデを背負って上がり最速の4着。人気にならないことを切に祈る。

もう一頭全く人気なさそうなマイネルスフェーン。もう馬柱から消えてるのかもしれんが、昨年のホープフルSでレイデオロの2着だった馬である。一頓挫あって春は順調に使えなかったが・・・前走は復活を感じさせる走り。さらに上昇していればここでも戦えるかもしれんぞ?調教要チェックである。

他、カフジプリンス、スピリッツミノル、トルークヤマトあたりにも注目している。人気馬ではマイネルフロスト、ルミナスウォリアーかな。タツゴウゲキは3kg増がどうか?アストラエンブレムは56.5kgが微妙も・・・鞍上は重賞で鬼のミルコ。押さえは必要かもね。

 

最終予想は週末!

予想はこちら

 

 

【浅次郎のひとりごと】

北ミサイル発射 中距離弾道ミサイル「火星12」の可能性

何処に落ちるか分からぬミサイルが、北海道の上空を横切って落下。Jアラートが鳴った毒者も沢山いるだろう。なにゆえ自衛隊は迎撃措置を取らぬ。それとも・・・迎撃出来ないのか・・・?今週末の競馬が出来なくなったらどうしてくれる!(ベシッ)

 

 

広告


 

 

 

【新潟2歳S2017予想】新潟芝1600mで行われる2歳GⅢの新潟2歳ステークス。人気はムスコローソ、プレトリア。しかし、どうせ分からんので大穴伝説狙いで逝く。展開はどうなる?調教チェック特A馬は?狙いは、爆穴のエングローサー!さらに爆穴のラインギャラント!紐穴にグランデウィーク、トッカータ、オーデットエール。

 

昨日、キーンランドカップの予想をアップしたんだが、

メチャクチャ人気割れてんなあ。

13頭立て12番人気のフミノムーンでさえ15.5倍(現時点で)。

 

◎にしたノボバカラは30倍位になると思ってたんだが、

現在9番人気12.5倍である。

ええええ~~~・・・

マジっすか?

この人気だと全然美味しくないヅラ。

 

 

もっとモレイラ、ルメール、デムーロが人気になるでしょ?

 

ならない?

 

予想変えるかな・・・。

 

さて、

 

こちらもサッパリ分からん新潟2歳S。

 

■新潟2歳S2017オッズ

netkeibaより抜粋

 

新潟マイルの死枠にムスコローソ。

 

包まれるのを嫌って早めに逝ってくれるといいんだが・・・

オレノムスコの如く(笑)。

 

■新潟2歳S2017展開予想

逃げ候補は
フロンティア
テンクウ
ダンツケイセイ
コーディエライト

先行勢は
ムスコローソ
トッカータ
キボウノダイチ
シンデレラメイク

差し勢は
グランデウィーク
マイネルサイルーン
フィルハーモニー
エングローサー
ラインギャラント

追い込み勢は
プレトリア
オーデットエール

一応列べてはみたものの・・・新馬戦で出遅れてしまった馬もいるし、スピードの違いで前に行った馬もいるから、あまりアテにせんといてくれ。

ペースは速くなるのが例年の傾向である。テンの3Fは35.0~35.5くらい。新馬戦は超スローであることが多く、多くの馬が初めて体験するペースである。で、3~4コーナーでガクンとペースが落ち・・・1000m通過は60.0くらい。これは古馬ならスローの部類になるだろうが、2歳戦だとハイペースと言っていいだろう。そして、長い直線での・・・究極の瞬発力勝負。上がり32~33秒台が要求される。過去の傾向は断然、差し・追い込み馬(データ分析はこちら)。

 

調教見てみよ。

 

■新潟2歳S2017調教チェック

キャリアの少ない2歳戦。多分、調教のプロでも良く分からんと思う(笑)。

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

ムスコローソ 天栄仕上げ。良さそう。
テンクウ 抜群好時計!特A評価
オーデットエール 善臣がわざわざ栗東に?
プレトリア パワーアップしたねー!
フロンティア しがらき仕上げ。至極順調。
エングローサー 一週前3頭併せ豪快先着。
ラインギャラント 密かに高仕上がり。
シンデレラメイク CW3頭併せ好時計!特A評価
ダンツケイセイ 一変注意!
コーディエライト しがらき仕上げで別馬。特A評価

特A評価は3頭。テンクウは6月の新馬戦を勝ったあと、ジョイナスファームに短期放牧。8月頭に帰厩して順調に乗り込まれ、最終が南Wを馬なりで37.1。文句なしの仕上がりである。それからシンデレラメイクも非常に順調。週2本ミッチリ乗られて最終はCWで37.5。素晴らしい気配である。そして、コーディエライト。中間はノーザンFしがらきで調整。帰ってきたら別馬の如く坂路で好タイム。2週連続一杯で追われており、仕上がり的には文句なし。

特Aには挙げなかったが、ムスコローソ、フロンティア、プレトリアの人気3頭の仕上がりもいいぞ。気のせいか・・・最近は「外厩仕上げ」の馬が人気になる傾向にあるような・・・。皆注目しているのかな?それとも大量投票入ってんのかな?

 

上がり3Fデータも見ておくか。

 

■新潟2歳S2017上がり3Fデータ

もちろん、上がり3Fの数字なんてのは、コース・馬場・距離・展開・位置取りなどによって変わるので一概には言えない。ただ、目安にはなるので見ておいた方がいいぞ。ちなみにPCIというのはペース判断に用いる数値で、50より大きいとスロー。小さいとハイペースとなる。

例えばフロンティアの数値61.3。超ドスローを逃げて、上がり2位の34.4を繰り出して1着。これをどう見るかは人によって変わると思うがさて。

逆に、プレトリアは超スローの新馬戦を後方から上がり最速を繰り出して差し切っている。新潟マイルだとコッチのタイプの方が合いそうやね。

 

狙いは中団から速い上がりを使えるタイプ。

 

さてと。

 

どうせ分からんので、

 

 

井川遥が作ったハイボールを呑みつつ(夢想)、

 

「ハイボール、好きなんですか?」

「ハイボールより君の方が好きだよ(キラン!)」

 

なんて近所のスナックの妙齢のママに言う練習をしつつ、

 

我がビンカンチンコの赴くまま、

 

伝説狙いのモッコリ馬券で逝く。

 

■新潟2歳S2017予想

 

エングローサー(13番人気)

「相変わらず浅次郎の印は無茶苦茶だなあ・・・」と思った毒者多数だと思うが、先週の北九州記念で◎を打った14番人気のラインスピリットも3着に突っ込んできたではないか(馬券は外れたけど!)。何が起きるか分からんのが競馬である。まして2歳戦。人気馬は大概休み明けであり、対戦も初めて。思い切って大穴狙いで逝く。

狙いはすでに3戦のキャリアがあるエングローサー。セオリーで言えば「一戦一勝」の素質馬を狙うのがスジだが、「レースは最高の調教」という言葉もある。キャリアを積んで最も上昇している可能性だってあるじゃないか。

初戦、2戦目と出遅れてしまったのだが、前走はスムーズに発馬して中団後方。直線は手応抜群で、内に刺さりながらも余裕の勝利。11番に注目。

 

 

まあ、レースレベル云々って疑問はあるが、生粋のダート血統のこの馬を3連続で芝に使うあたり陣営も芝馬として期待してると思うんだよね。調教もかなり良さそうだし、鞍上は昨日穴を開けまくっている木幡巧也。一発狙ってくれい!

 

ラインギャラントとの大穴2刀流で逝く。

 

◯ラインギャラント(15番人気)

▲グランデウィーク(8番人気)

△テンクウ(4番人気)

△オーデットエール(7番人気)

△プレトリア(2番人気)

△トッカータ(12番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

馬連 ◯流し @100円

三連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!エングローサー!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬
新潟3R 7番(1番人気1着)
小倉6R 10番(1番人気3着)
小倉8R 11番(1番人気2着)
札幌1R 3番(1番人気3着)
札幌3R 8番(1番人気7着)

堅チクビ馬がいるレースはケン。あるいは2~3着付けがオススメ。

 

■モッコリ馬

札幌9R 4番(8番人気11着)
新潟1R 12番(9番人気6着)
新潟3R 1番(4番人気3着)、10番(8番人気11着)
新潟6R 1番(10番人気10着)
新潟9R 11番(6番人気1着)、14番(9番人気12着)
小倉7R 15番(8番人気15着)、1番(4番人気10着)、13番(6番人気7着)
小倉9R 3番(7番人気5着)

今日の勝負レースは新潟3Rと小倉7R。

 

今日のモッコリヒットは新潟9Rのみ。しかし、16番人気のマイネルディアベルが2着で、なんと馬連29万馬券・・・これを取ってる鬼がいるから驚きを通り越してメダパニである・・・この無料情報の生みの親であるその人であるが、いつかこのブログでも紹介しようと思う。楽しみに待っててくれ。

 

【キーンランドC2017予想】札幌芝1200mで行われる別定GⅢのキーンランドカップ。モレイラ騎乗のシュウジは切りか?買いか?当然切って大穴狙いじゃ!展開はどうなる?調教チェック特A馬は?狙いはダート馬の大穴ノボバカラ!相手にヒルノデイバロー、フミノムーン、イッテツ、ナックビーナス、エポワス、ソルヴェイグ!

 

なんだかここ2~3日妙に眠い・・・

 

夏バテなどなったことないのだが、

 

これが夏バテだろうか。。。?

 

■キーンランドC2017枠順

netkeibaより抜粋

 

予想オッズではシュウジは3番人気か。

どんな人気になるのか楽しみやな。

まーしかし、

今日も明日もモレイラ祭りになりそうな予感。

来たらカーチャンゴメンばい。

 

■キーンランドC2017展開予想

逃げ候補は
イッテツ
ネロ
シュウジ
ソルヴェイグ

先行勢は
ブランボヌール
ヒルノデイバロー
ナックビーナス
ライトフェアリー
メイソンジュニア

差し勢は
フミノムーン
エポワス
モンドキャンノ

追い込み勢は
ノボバカラ

前に行く馬が多くなりそうな展開。行くのは内枠のイッテツかネロか、あるいはシュウジかソルヴェイグか・・・スピードで言えばネロが行きそうな気がするが、鞍上は地方の中野省吾。どんなレースをするんだろうな?

このレースは基本前有利であるが、これだけ前が揃うのなら後ろを買うのも面白いかもね。前半3Fは33.5~34.0前後、後半3Fは34.5~35.0と予想しておく。

 

■キーンランドC2017調教チェック

「浅次郎さん、最近の調教チェックはパッとしませんね。あんまり馬券に絡んでませんよ」という毒者の心の声が私のキンタマに響いてくるのであるが、ローカルの調教ジャッジは縦の比較がしづらいので難しいのである(言い訳である)。さらに、札幌の場合は、牧場を外厩代わりに使っていたり、函館で仕上げて輸送したり、最終追い切りが芝だったり(札幌にはウッドがない)・・・で良く分からんのである。というわけで、あまり信用せぬように。

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

イッテツ 函館W仕上げ。順調。
ナックビーナス 一週前に好時計。乗り込み十分
モンドキャンノ 2週連続で実戦形式の芝追い。ノーザンF仕上げ。
シュウジ 素軽い。
ソルヴェイグ 社台F仕上げ。目標は先だと思うが。

今回は特A評価なし。人気馬の仕上がりが良さそうですな。

イマイチなのがネロ。いつもなら栗東坂路で48秒台、49秒台が出る調教の鬼であるが、今回はヌルい調教してやっていない。輸送を考えてのものかもしれんが、だとしてもちょっと買いづらいな。狙ってたんだけど。

 

さてと。

 

モレイラは潔く切り。

 

これは他のレースにも言えることだが、

明らかに過剰人気になってるホー。

 

つまり、モレイラ絡みで馬券を取っても美味しくなく、

仮にモレイラから買うのであれば、

絞りに絞って買わねばならんぞ。

 

と言っても・・・

モレイラは高確率で馬券になるので(笑)、

紐で押さえておく必要はあるかもしれんけどな。

 

■キーンランドC2017予想

 

ノボバカラ(9~12番人気想定)

土曜朝9時の時点ではオッズはまだどうなるか分からんのだが、多分今日も明日もモレイラやルメールやデムーロが大活躍をし、そっちに人気が集まるだろう。この馬は25.0~35.0倍程度の穴馬になると想定しておく。え?ダート馬じゃないの?という先入観を私も持っていたのであるが、愛毒者から「ノボバカラ推し」のコメントがあって改めて見直してみたのである。前走は「6ヶ月の休み明け」+「トップハンデ」+「出遅れ」の三重苦。4コーナーでは離れた最後方・・・と絶望的な位置取りであったが、そこから上がり最速を繰り出して7着。2着キングハートからはわずかに0.3秒差であり、条件を考えればそんなに差があるわけではない。少なくとも芝適正は十分にあると思う。そして鞍上は復帰した田辺・・・勃起me感・・・じゃなかった不気味感ハンパなしだ。

 

◯ヒルノデイバロー

▲フミノムーン

△イッテツ

△ナックビーナス

△ソルヴェイグ

△エポワス

 

※オッズや馬場状態により予想を変える可能性アリ。

 

頑張れ!ノボバカラ

 

 

【おまけ】土曜無料情報

 

■堅チクビ馬
小倉9R 5番(1番人気1着)
札幌1R 8番(1番人気3着)
札幌3R 13番(1番人気3着)

やっぱり、堅チクビ馬は2~3着付けがいいね。

 

■モッコリ馬
札幌2R 4番(12番人気2着)、10番(13番人気4着)
札幌4R 10番(4番人気12着)
札幌6R 7番(4番人気3着)、9番(11番人気6着)、2番(12番人気15着)
新潟1R 9番(5番人気8着)
新潟3R 13番(10番人気15着)
新潟12R 5番(4番人気8着)
小倉6R 11番(5番人気5着)

今日の勝負レースは札幌6R。モレイラは来るんじゃねーぞ(笑)。

 

今日のヒットは札幌2Rだったな。

 

【新潟2歳ステークス2017データ分析】新潟芝1600mで行われる2歳GⅢ。人気はフロンティア、ムスコローソ、プレトリアあたりだが、当然大穴狙いで逝くぜ!データ分析によると、外枠有利で、最内不利!脚質は差し・追い込み有利!穴馬候補はエングローサー、グランデウィーク、トッカータ、マイネルサイルーン、ラインギャラント!

 

正直言って、

この時期の2歳戦はさっぱり分からない。

 

分からんものに賭けるのは単なるギャンブルであり、

根拠があるものに賭けるのは投資である。

 

しかし根拠と言っても・・・競馬の場合のそれは

戦績とか血統とか調教とか騎手とかのデータになるのであり、

かなり不確定要素が強い。

 

なので、どんなに根拠があったとしても、

競馬は投資ではなくギャンブルなのであるが、

そんな中でも「データのない2歳戦」は、

THEキングOFギャンブルである。

 

なので、この時期の2歳戦には手を出さない方がいい。

 

というのが結論なのだが、

 

やっぱり、

そこに美ケツがあれば触りたくなるのと同じように、

 

 

そこに重賞があれば買ってしまうのが、

哀しい馬券オヤジのサガ。

 

いつも通り大穴狙いで逝く。

 

■新潟2歳S2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

今週末は札幌でWASJが行われるため・・・

新潟のヌシ戸崎はいない。

重賞だが、外人ジョッキーもいない。

 

おまいら、チャンスだぞ!

 

一番人気候補はフロンティア。

ドリームパスポートの半弟。父はフジキセキからダイワメジャーに変わってるな。

 

 

うーむ。新馬戦はお決まりのスロー。。。どうなんだろこれ。

 

2番人気候補はムスコローソ。

 

 

これもスローなんだよねー。2着のリンシャンカイホウは先週札幌で勝ち上がり。3着のエングローサーも新潟で勝ち上がっており、なかなかレベルは高かった模様。

 

3番人気はプレトリア。

 

 

外枠から出遅れて後方から。しかし、馬なりのまま馬群を上がっていき・・・4コーナーでは外々を回りながら差し切ってしまった。この馬、なかなか強いんじゃないかなー。

 

だけんどもしかし、

 

人気になる馬には全く興味なし。

 

さて、データ見てみよ。

 

JRAデータ分析より

 

1番人気馬が強いっと。それから3~4番人気も頭候補。

注目は2~3着で、これはかなり荒れてる。

特に2着は10番人気以下が6頭も馬券になってるじゃないか。

今年はどーかなー。

 

 

東京新馬組と中京新馬組は・・・数が少ない割に馬券になってるわけね。なるほど短い間隔で使ってくる組より、余裕を持ってココを狙ってくるような素質馬がいいってことか。

 

東京新馬戦組
・テンクウ
・プレトリア
・ムスコローソ

中京新馬戦組
・シンデレラメイク
・フロンティア

 

に、人気ばっかりやないかい!

 

 

6月の新馬戦で3着以内ね・・・該当馬は、

・エングローサー
・コーディエライト

この2頭(新馬勝ち馬を除く)。エングローサーはなかなかオモロイ穴馬やな。

 

■新潟2歳S2017枠順別成績

1着馬を見れば外枠が有利ぽいんだが、2~3着は内枠の方が多いんだよね。平均着順-平均人気で見ると6枠~7枠が強いんだが・・・新潟1600のコースデータはどうなんだろうね?

 

コースデータは一目瞭然。内より外が有利。特に最内枠の成績が酷く、かなり減点しちゃっていいかもしれん。なんでこうなるかというと、

 

新潟芝1600mはワンターンのマイル戦。最初の直線は550mと長く、先行争いをするのに十分な距離があるし、外枠の距離損はほとんどないと思っていい。むしろ内はタイトなコーナーで減速を強いられるので外枠の方が有利なのである。急→緩→急の流れになりやすいので、道中息が入りやすいのも特徴である。

 

■新潟2歳S過去10年脚質データ

新潟芝1600mはJRA屈指の「瞬発力コース」であり、新潟2歳Sも毎年上がり最速馬が馬券になっている。上がり32秒~33秒前半の末脚が必須。ご覧の通り、脚質は圧倒的に「差し・追い込み」有利。4角10番手以降の馬は過半数を超え、4角1~4番手の馬は4頭/30頭しか馬券になっていない・・・先行有利の近代競馬において、こんな重賞は他にないのではなかろうか?

ただし・・・穴馬の脚質は「先行」が多いので注意したい。

しかしまあ、

 

差し→差し

追い込み→差し

 

という組み合わせが良さそうだな。

 

しかし問題は・・・みんなキャリアが浅いから脚質がよくわかんないってこと(笑)。新馬戦はスピードの違いで前に行った・・・なんてパターンもあるし、出遅れて後方からになった・・・なんて馬もいるしねー。一応、前走で上がり1~3位で差した馬を挙げておくか。

・エングローサー
・オーデットエール
・グランデウィーク
・トッカータ
・プレトリア
・ムスコローソ
・ラインギャラント

 

ケツデータ論

・外枠有利

・差し、追い込みが絶対有利!

・軽い瞬発力型が買い

 

穴馬候補を挙げておこう。まず何回も名前を挙げたエングローサー。父トランセンドで母父アフリートだから本質的にはダート馬だろう・・・と思うが、前走の未勝利戦では上がり34.5の瞬発力を見せて快勝。ここで勝ち負けするにはさらなる切れが必要ではあるが・・・仮にハイペースの持久力戦になったらこの馬の出番があるかもしれん。ハマれば。

 

そして、マジ顔で狙っているのがスペシャルウィーク産駒のグランデウィークである。ちょっと新馬戦を見てみよう。10番に注目。

 

 

スタートで大きく出遅れたんだが、道中脚を使って中団に。3コーナーから豪快にマクって行ったんだが、4コーナーで前の馬が外側に膨らみ・・・その煽りを受ける形で更にその外を回らされてしまう。それでも最後までバテることなく走って1着。これだけチグハグな競馬で1着ってのは能力の証拠ではなかろうか。福島組なので人気の盲点になりそうだし、狙って面白いと思う。

 

それから、上記レースで最後2着に突っ込んできたトッカータ。東京新馬勝ちも中京2歳S4着で人気急落のマイネルサイルーン。爆穴に福島1200からの臨戦ラインギャラント。この馬・・・新潟マイルでものすごい切れそう。レース見とく?

 

 

ま、あとは枠順と調教待ち。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

広陵がんばれー!

 

 

 

広告


 

 

【キーンランドC2017データ分析】札幌芝1200mで行われる別定GⅢキーンランドカップ。今年はモンドキャンノ、ソルヴェイグ、シュウジあたりが人気になりそう。データ分析では、枠順の有利不利なし、脚質は逃げ・先行有利も差し馬要注意。ハンデはそこそこの馬。穴馬候補はヒルノデイバロー、フミノムーン、ネロ、ナックビーナス!

 

今週は札幌で

「2017ワールドオールスタージョッキーズ」

が行われる。

武豊騎手、モレイラ騎手、中野騎手など、今週末は騎手対抗戦「WASJ」!

 

まあ、管理人はこの手のJRAイベントにはあまり興味ないのであるが、

(騎手にとっては大きいだろうけど)

 

問題はこの男。

 

 

そう、マジックマン・モレイラである。

 

先週から札幌に登場し、【7.4.1.8】。

 

モレイラ無双かィィ!

とりあえずモレイラは買う!

 

と、モレイラ教に入信する人多数であろう。この成績の中には、本来は人気薄だけど「モレイラ人気」で人気になってる馬も多数含まれており(モレイラが乗るとどんな人気薄でも人気になる)、モレイラがデカチリ連荘騎手であることは間違いない。

 

しかし当然の話だが、

モレイラとて人間。飛ぶときゃ飛ぶわけで。

 

その時、オッズは跳ね上がるのである。

日曜日の札幌で、モレイラが飛んだ時の馬連を見てみると・・・

 

31,860円
5,950円
1,460円
37,670円

 

うひー。

 

一緒にルメールが飛ぶとさらにアッハン!だな。

 

 

回収率を考えるのであれば、

モレイラが飛ぶ方に賭ける方が絶対お得だぜぇぇぇ!

 

■キーンランドC2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

そのモレイラはシュウジに騎乗。

今年は、昨年の成績が嘘のように惨敗続き。

期待された前走の函館SSも逃げてズブズブの10着。

この馬をモレイラがどう立て直すのか見ものであるが・・・

トップハンデ58kgだし、

来たらカーチャンゴメンでええんやないの?

 

是非、チクビ吸って飛んで頂きたい。

(とか言いつつ押さえるかもしれんが。笑)

 

そんで1番人気になりそうなのがモンドキャンノ。

WASJの開催で戸崎も札幌か。

新潟では戸崎無双状態だったから新潟の若手が喜びそうだな(笑)。

しかし古馬とは初対戦の3歳馬で休み明け。

この馬も来たらカーチャンゴメンかな。

 

人気馬で買いたいのはソルヴェイグだな。

昨秋のスプリンターズSで3着、

今年のヴィクトリアマイルでも5着に入線しており、

洋芝適正もかなり高い。目標は次だろうけどな。

 

さて。

 

データ見てみよう。

 

■キーンランドカップJRAデータ分析

JRAデータ分析より

 

はい。4~5歳が強いと。

 

 

ふむ、洋芝1200実績か。該当馬は・・・

・イッテツ
・エポワス
・シュウジ
・ソルヴェイグ
・ヒルノデイバロー
・ブランボヌール
・モンドキャンノ

 

 

4着以下であればGⅠ戦が条件。このデータからすると、シュウジ・ネロ・ブランボヌール辺りは減点やな。前走3着以内、あるいは前走GⅠを条件するとかなり絞れる。

前走3着以内
・イッテツ
・ヒルノデイバロー
・フミノムーン
・ライトフェアリー

前走GⅠ
・ソルヴェイグ(ヴィクトリアマイル5着)
・ナックビーナス(高松宮記念8着)
・モンドキャンノ(NHKマイルC9着)

 

ふむふむ。

 

枠順の有利不利見てみるか。

 

■キーンランドC過去10年枠番別成績

※2013年は函館開催

うーむ。あまり差がないようにも見えるが、どちらかというと外枠有利かな?特に6~7枠が強いんだが・・・ちょっとコースデータと比較してみよう。

 

こっちは札幌芝1200mの枠順別成績。勝率にはバラツキがあるが、複勝率で見るとフラットだな。特に成績が良いのは2枠と3枠。ただし1枠はイマイチ。まあ、ワンターンの1200m戦だけにあまり枠順は気にしなくていいかもしれない。

 

キーンランドカップ過去10年斤量別成績

別定戦ではあるが、3歳馬や牝馬が混じるけんな。これを見ると53kgのモンドキャンノや58kgのシュウジは微妙であるぞ~。3歳なら牝馬の方が良さそう。

 

キーンランドC過去10年脚質データ

4角4番手以内は15頭/30頭と半数を数える。逃げ・先行有利なのは間違いないが、年によっては・・・例えば2015年や2014年のように、差し馬が多く馬券になる年もある。また、前を行くスピードタイプは人気にもなりやすく、妙味が薄い。穴を狙うなら差し馬が吉。

前に行けて速い上がりを使えるタイプが理想。的中重視なら前目の馬を徹底して狙うべし。

 

ケツデータ論。

・枠順はあんまり気にしなくていい。

・逃げ、先行有利も、穴を狙うなら差し馬。

・前走注意。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、何度も名前が出てきたヒルノデイバロー。2走前の京王杯SCはそうそうたるメンバーで0.4秒差4着。他、シルクロードS4着、阪急杯2着があるように、今年に入って短距離の重賞戦線で安定した戦績を残している馬である。前走のUHB賞も好タイムの2着。一発あっても全く不思議ないぜ~~~。

それから完全に人気の盲点となりそうなフミノムーン。前走のバーデンバーデンCでは6ヶ月の休み明けで快勝。何故か知らんが、こういう時に「福島」からの臨戦だと人気が落ちる傾向にある。力の要る馬場は大得意で、札幌1200はピッタリの条件だと思う。

あとは、休み明け2戦目のネロ。オーシャンS2着のナックビーナス。イッテツとエポアスも要注意。特にネロは狙い目ぽいなあ。

 

堅く収まったらゴメンナサイよー。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【凱旋門賞】サトノダイヤモンド順調 池江師「環境になじんできているよう」

よしよし順調そうやな。海外遠征においては、競争能力とともに海外適応能力が求められるわけだが、サトノダイヤモンドは余裕を持って渡仏。フォワ賞を一度叩いてから本番(10月1日)である。これはオルフェーヴルが歩んだローテと全く同じ・・・管理する池江調教師も抜かりあるまい。とりあえず馬券はもう買ったぜ!→凱旋門賞2017サトノダイヤモンドの応援馬券買ったぜ。

 

 

広告


 

【凱旋門賞2017予想・オッズ】2017年10月1日、フランスのシャンティイ競馬場で行われるGⅠ凱旋門賞。今年はサトノダイヤモンドとサトノノブレス(帯同馬)が出走予定!さて、サトノダイヤモンドの人気・オッズは?今年こそ凱旋門賞を勝てるのか?JRAでも海外馬券は購入出来るが、管理人はすでに単勝・複勝購入したぜ!

 

サトノダイヤモンドが日本での追い切りを終え、

無事フランスに到着したそうである。

【凱旋門賞】(10月1日) サトノダイヤモンドがフランスに到着

 

私は、

キンタマをさわさわしつつ

ずっとこのニュースを待っていたんだが、

これで・・・

アクシデントがない限り、

サトノダイヤモンドは凱旋門賞に出走することになるだろう。

 

管理するのは、

オルフェーヴルで2度凱旋門賞挑戦し、

フランス遠征のノウハウを持っている池江調教師。

ここから先は抜かりないと思う。

 

で、現在の凱旋門賞オッズがこちら。

 

■凱旋門賞2017オッズ(8月20日時点)

ウィリアム・ヒルより抜粋

 

なんと!

 

サトノダイヤモンドが

2番人気!

 

日本馬の評価が高い・・・ってのもあるだろうが、

 

その理由はこちら!

凱旋門賞上位人気の2頭が敗戦 サトノダイヤモンド2番人気まで浮上

 

アルマンゾル、ブラムトの凱旋門賞有力馬2頭が揃って大敗したのである。しかもアルマンゾルは凱旋門賞オッズから消えてしまっている。詳しくは分からんが、凱旋門賞は回避するのだろう(※アルマンゾルは引退するらしい)。

 

私はアルマンゾルを最大の強敵と見ていたのであるが(昨年の英チャンピオンSで凱旋門賞馬のファウンドを負かしている)、この馬が居なくなったのはサトノダイヤモンドにとって幸便と言う他なし。そしてブラムトは今年のフランス2冠馬。強いのは間違いないが、この負け方は体調面か精神面にトラブルがあったのかもしれん。結果、激しくオッズを落としている。

 

で、

 

圧倒的な1番人気に押されているのは、

イギリスの3歳牝馬エネイブル(Enable)。

 

英オークス、愛オークスをともに5馬身差で圧勝した怪物姫。さらに古馬牡馬相手のキングジョージも4馬身差をつけて圧勝したのだからその能力は推して知るべしである。10番のピンクの帽子に注目。

 

 

やっべえな、この馬・・・。

テンよし中よし終いよし・・・あんたパーフェクト超人かよ・・・。

 

3歳牝馬は斤量面でも有利であり、

現在ブックメーカーでも圧倒的な1番人気。単勝は2.0倍。

 

ちなみに、

今年から凱旋門賞の斤量に一部変更があるようである。

3歳牝馬54.5kg
3歳牡馬56.0kg→56.5kg
4歳以上牝馬58.0kg
4歳以上牡馬59.5kg

これは「3歳馬と古馬の斤量差が大きすぎる」という意見を反映してのものだが、3歳牝馬は変わらないのかな?それとも54.5kg→55.0kgになる?現時点では3歳牡馬の斤量が変わることしか分からない。

 

ちなみに、このエネイブルはサドラーズウェルズの3×2という普通なら誰だって躊躇する鬼配合。3×2とは例えるなら父方の曾爺ちゃんと母方の爺ちゃんが同じって配合なのである。この近親の具合が怪物を産んだのかもしれん。狂気を感じる馬である。

 

しかし、シャンティイで同じパフォーマンスが出来るかどうかは誰にも分からん。まして3歳牝馬だけんな。この馬に勝たれたら素直にカーチャンゴメンである。

 

で、サトノダイヤモンドは、エネイブルに続く2番人気。・・・と言っても大きく離れた2番人気であり、単勝で11.0倍、複勝で3.0倍もついている。これを美味しいと見るかどうかであるが、サトノダイヤモンドがフォワ賞を勝てば5.0~7.0倍程度の人気になると思われる。

 

つまり、買うなら今だ。

 

そして、凱旋門賞の馬券はJRAでも発売されるわけだが、サトノダイヤモンドのオッズはおそらく2.0~4.0倍程度の1~2番人気になるだろう。なぜならJRAのオッズは、独立プール方式であるため、日本人ファンが形成するオッズとなるからだ。去年出走したマカヒキのオッズを覚えているだろうか?

そう・・・単勝1番人気の2.8倍であった(結果は14着)。今年のサトノダイヤモンドもおそらく似たようなオッズになると思われ・・・馬券的妙味はまったくない。

 

つまり、

サトノダイヤモンドの馬券を買うなら、

海外ブックメーカーで買うのが絶対的にお得。

 

なんせ、今なら

 

11倍もついてるんだからな!

 

というわけで、

 

とりあえず現時点でサトノダイヤモンドの馬券を購入。

 

 

単勝に15ドル。複勝(EachWay)に15ドル。

勝てば単複的中で210ドル(約23,000円)。

3着以内なら45ドル(約5,000円)。

 

もちろん、サトノダイヤモンドが来るかどうかは別の話である。海外アウェーであり、馬場も日本とは違うし、強力海外馬が相手だし、過去、多くの日本の名馬が挑んだが一度も勝って無いレースだしな。厳しい条件なのは百も承知。ただ、サトノダイヤモンドは今まで一度も3着以内を外していない超堅実タイプ、そして力の要る馬場が得意なパワータイプ(昨年の有馬記念でキタサンブラックを負かした競馬がこの馬の真骨頂だと思う)。このメンバーなら3着以内は十分可能性あると思う。

 

馬券は様子を見ながら追加して行くぜ!

 

【追記】サトノダイヤモンドフォワ賞で4着敗戦。オッズが15.0倍に。

15.0倍になったので単勝10ドル、複勝10ドルずつ追加。

勝てば398ドル(約44,000円)

3着以内で83ドル(約9,000円)

 

他の出走馬も見ておこう。

 

現在サトノダイヤモンドと並んで2番人気に押されたているのがWinter(ウィンター)。この馬もエネイブルと同じく3歳牝馬。英・愛の1000ギニーを圧勝で制したが、距離に対する不安からかオークスには向かわず・・・マイル路線のコロネーションに向かってこれも見事に圧勝。その後距離を伸ばしてナッソーS(芝2000m)に向かってこれまた圧勝でGⅠ4連勝。距離の不安はあるが、それは前走で払拭しており、この馬も危険な一頭である。

 

4番人気に、昨年の凱旋門賞2着馬ハイランドリール。過去GⅠ6勝。2着4回。アルマンゾルが居なくなった今、最も怖いのはこの馬じゃないかと思っている。間に愛チャンピオンSを挟むと思われるが、この結果次第でこの馬が2番人気になるかもしれない。逆に惨敗するようなら本番で買いか(外国馬はJRAで買った方がお得)。

 

現時点では、サトノダイヤモンドのライバルはこの3頭だと思う。

 

しかし、今から凱旋門賞の前哨戦や愛チャンピオンSなどが行われるので、その結果次第で新たにライバルが増えるかもしれん。もし、サトノダイヤモンドがフォワ賞(9月10日)で惨敗するようなら・・・さらにオッズが美味しくなるだろう(笑)。

 

いずれにせよ、海外馬券を攻略するには、

ブックメーカーのアカウントを一つ持っておいた方がいいぞ。

日本の馬をJRAで買うことほどアホらしいことないけんな。

(逆に海外の馬はJRAで買うべし)

 

オリンピックなんかも全競技賭けられるし、

大リーグや欧州サッカー、テニスやゴルフに賭けることも可能。

ゴルフの松山くんなんてのは今が賭け時だぜ!

(全米プロ惜しかったなあ)

 

ブックメーカーのアカウントの作り方はこちら。

海外競馬サイドバナー

 

今年の凱旋門賞は・・・例年以上に層が薄くなりそう。

怪物姫エネイブルは確かに怖いが、

サトノダイヤモンド、マジで勝てるかもしれんぞぃ!

 

楽しみだな!

 

 

【北九州記念2017予想】小倉芝1200mで行われるハンデGⅢ北九州記念。フルゲート大荒れ必至の大混戦!人気はダイアナヘイロー、ファインニードル、キングハートであるが、当然大穴狙いで逝く!展開・隊列はどうなる?調教チェック特A馬は?狙いは大外ラインスピリット!ラヴァーズポイント!ダイシンサンダー!伝説狙いの大穴馬券じゃ!

 

おーし、

 

今日は「千本桜」に乗って逝くか!

 

 

君の声も聞こえないよ。

 

■北九州記念2017オッズ

netkeibaより抜粋

 

割れてる!

 

割れてる!

 

ケツ割れてまっせー!

 

 

■北九州記念2017展開予想

逃げ候補は、
オウノミチ
ファインニードル
ダイアナヘイロー

先行勢は
アルティマブラッド
アクティブミノル
ポメグラネイト
ミッキーラブソング

差し勢は
キングハート
ラヴァーズポイント
エイシンブルズアイ
ダイシンサンダー
ナリタスターワン
ツィンクルソード
ラインスピリット

追い込み勢は
トウカイセンス
ナガラオリオン
バクシンテイオー
ブレイズエターナル

確たる逃げ馬は不在。内枠のオウノミチがハナに行くとは思うが・・・ファインニードル、ダイアナヘイロー辺りの人気馬がもしかしたら先頭になるかもしれん。いずれにせよ小倉1200は鬼のハイペースがほぼ確定しているコース。急流に強い持久力に優れたタイプを狙いたい。

 

ペース予想は・・・前半33.0秒前後、後半34.5秒前後。

 

さて、調教見てみよ。

 

■北九州記念2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるルー大柴ジャッジである。あしからず。

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

ラヴァーズポイント 1週前CW36.0!メイチ仕上げ特A評価!
トウカイセンス 末脚鋭い!
エイシンブルズアイ 順調!
ファインニードル 最終軽めも1週前秀逸!
ダイシンサンダー 吉澤S仕上げ!帰厩後もミッチリ!特A評価!
キングハート さらに上昇!特A評価!
バクシンテイオー 小倉滞在?非常に不気味。

特A評価は3頭。まずラヴァーズポイントだが、前走後は外厩の生田TFに短期放牧。追い切りは二本だけだが、おそらく外厩でも乗り込まれていたのだろう。1週前にはCWで36.0-11.7という鬼時計。キッチリ仕上がっていると思う。それからダイシンサンダー。この馬も外厩の吉澤Sに短期放牧。7月末に帰厩してから週3回の時計を出す猛稽古。1週前には坂路で50.7。極限仕上げと見る。そして人気だがキングハートの状態が抜群に良い。私が本命党ならこの馬からかなあ・・・。

他、トウカイセンス、エイシンブルズアイ、ファインニードルも良さそう。不気味なのがバクシンテイオー。関東馬なのだが、7月末から小倉滞在・・・去年もそうであった・・・。

 

上がり3Fデータを見ておくか。

 

すまん。小さくて見にくいな。小倉1200がピッタリハマりそうなタイプは・・・

・トウカイセンス
・エイシンブルズアイ
・ナガラオリオン
・キングハート
・ブレイズエターナル
・ダイシンサンダー
・ラインスピリット

トウカイセンス、ブレイズエターナルは人気薄になるかと思ってたが・・・どっかの有名人が印打ったのかな?面白いのはナガラオリオン、ダイシンサンダー、ラインスピリット。

 

さてと・・・

 

誰も通らぬ、獣の道を逝くとしよう。

 

伝説のオウガ馬券じゃ!

 

■北九州記念2017予想

前潰れ決め打ちで逝く。狙いは差し馬。

 

ラインスピリット(14番人気)

「正気ですか浅次郎さん?14番人気ですよ?」という毒者の声が聞こえてくるが、私は常に正気である。時々わけの分からないことを言い出すが、根も葉もないことは言わない。もう一度この馬の馬柱を見て頂きたい。1月の淀短距離Sではセイウンコウセイ相手に0.3秒差の3着。しかもこの時はラインスピリットの方が3kg重かったのである。続くシルクロードSでもダンスディレクター、セカンドテーブルといった強豪と差のない競馬をしており、実力的にこれらの馬と紙一重なのである。

次の高松宮記念は前に行って潰れたが、-10kgだった通り連戦の疲れもあったのではなかろうか?休みを挟んだCBC賞は惨敗。続くアイビスSDは0.4秒差の6着。このレースをもう一回見てみよう。4番の黒い帽子に注目。

このレースが圧倒的に外枠有利なのは皆も知っている通り。内枠の馬はどうやったって外へ向かう時にロスが出るわな。で、注目したいのは最後の伸び。ラスト100mでグングン伸びて6着に入線。叩き2戦目の内容としては上々だったと思う。

問題は調子であるが、中2週で時計は2本。軽めであるが上昇を感じさせる内容。中団後方からなら確実に上がり33秒台が使える馬。いい感じに大外枠を引いたし、溜めて溜めて直線放出ブッカケで頼むぜ一馬!

 

◯ラヴァーズポイント(12番人気)

▲ダイシンサンダー(10番人気)

△トウカイセンス(7番人気)

△ナガラオリオン(16番人気)

△キングハート(3番人気)

△バクシンテイオー(8番人気)

△ブレイズエターナル(9番人気)

 

馬連 ◎流し @200円

三連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ラインスピリット!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

急速に広がるサラリーマンの副業・兼業 「80歳まで働く時代」の処方箋

これからは副業が当たり前の世の中になるだろうね~。

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬
新潟4R 5番(1番人気3着)
新潟9R 11番(1番人気2着)
札幌2R 8番(1番人気8着)
札幌8R 3番(1番人気5着)
札幌 モレイラ

モレイラは馬じゃねーわ(笑)。日曜日のモレイラは【4.1.0.3】。かなりの確率で馬券になるわけだが、来ない方に賭けた方が絶対お得だぜ~!

 

■モッコリ馬
札幌7R 8番(5番人気8着)
新潟9R 4番(10番人気8着)、6番(12番人気6着)
新潟11R 3番(14番人気9着)
小倉2R 7番(8番人気8着)、12番(11番人気2着)、16番(10番人気4着)
小倉3R 1番(7番人気5着)

今日の勝負レースは小倉2R、新潟9R、新潟11R。

 

 

【札幌記念2017予想】札幌芝2000mで行われる定量GⅡの札幌記念。今年はGⅠ馬の参戦なく大混戦となりそう。人気はヤマカツエース、エアスピネル、マウントロブソンだが、当然大穴狙いで逝く!展開は?隊列は?調教チェックは?狙いは7歳のタマモベストプレイ!調教抜群のロードヴァンドール!爆穴にアングライフェン、ナリタハリケーン!

 

札幌の馬券の鍵は、モレイラとルメール。

 

両名ともにどうやったって人気になるわけだが、

 

走るのは馬である。

 

マウントロブソンは古馬重賞クラスで通用するのか?

エアスピネルは洋芝の2000mでいつもの走りが出来るか?

 

馬だけで見れば結構不安があるのであり、

この人気は過剰人気であると言える。

 

来たら・・・カーチャンゴメンヨ。

 

■札幌記念2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ただし・・・人気でもヤマカツエースは押さえばなるまい。

重賞5勝、大阪杯3着の実績はここでは亀頭ひとつ抜けている。

9割仕上げでも十分勝ち負けだと思う。

 

さて、

 

展開はどうなるかな?

 

■札幌記念2017展開予想

逃げ候補は
ロードヴァンドール
タマモベストプレイ
マイネルミラノ

先行勢は
マウントロブソン
ディサイファ
エアスピネル

差し勢は
サクラアンプルール
ヤマカツエース
サウンズオブアース
ツクバアズマオー
アングライフェン

追い込み勢は
ナリタハリケーン
サングラス

前後バランスが取れてる感じ。行くのはおそらくロードヴァンドール。この馬、切れる脚はないが、スムーズに逃がせば相当にしぶといぞ~。番手にタマモベストプレイ、マイネルミラノ。控えてエアスピネル、マウントロブソンって感じか。

 

そう速くはならんと思うが、どうだろうなあ。

平均ペースか・・・やや遅めか。

 

調教見てみよう。

 

■札幌記念2017調教チェック

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

ヤマカツエース 休み明けだが仕上がり良し。

ロードヴァンドール 一週前に函館Wで37秒台!特A評価!

ツクバアズマオー 良化一途。特A評価!

マイネルミラノ ビッグレッドF仕上げ。一変注意!

 

ロードヴァンドールが良く見えますな。7月末には函館に入り、函館Wでみっちり週2本ずつ。一週前には併せ馬豪快に先着して37秒台。去年のネオリアリズムが重なる穴馬だ。それから函館記念後は札幌に移ったツクバアズマオー。前走時の調教も良かったけど、今回もいいですな。良化してまっせー。あと、注意したいのがマイネルミラノ。この馬も前で粘るとしぶといぞ~。9分仕上げだと思うがヤマカツエースもいい。

 

サウンズオブアースは山元トレセンから7月19日に函館入り。順調に乗り込まれているが、目標は当然・・・秋のGⅠタイトル。まだ8~9割仕上げじゃないかな。もちろん、それでも勝ち負けになる能力はある。

 

不気味なのがアングライフェン。函館記念から中4週であるが、新冠のノースヒルズに短期放牧。直前の8月10日に札幌に入り、追い切りはヌルヌル・・・もしかしたら放牧先カッチカチに仕上げて来たのかもしれない。

 

さてと。

 

最初に言った通り、

 

モレイラ・ルメールが来たらドモナラズで。

 

 

タマモベストプレイ(9番人気)

前走函館記念の2着はフロックでもなんでもない。もともと2000m前後のGⅡでも好走歴があり、最近の成績だって阪神大賞典の4着がある通り、全く衰え知らずである。しかし、この人気を見る限り、世間は「前走はタマタマベストプレイ」と見ているのだろう。狙って十分妙味アリである。ロードヴァンドールを行かせて2~3番手を取るには最高の枠。洋芝は鬼。もう一回世間を驚かせてやれベストプレイ!

ロードヴァンドールとのイッタイッタ希望(笑)。ヒモには洋芝得意な馬。爆穴はアングライフェンとナリタハリケーン。

 

馬連 ◎流し @200円

三連複 ◎◯流し @100円

 

※実際馬券を買うのは日曜日。オッズによって買い目を変えるかも。

 

頑張れ!タマモベストプレイ!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

■堅チクビ馬
小倉6R 1番(1番人気1着)
小倉9R 15番(1番人気2着)
札幌1R 2番(1番人気1着)
札幌10R 3番(1番人気2着)
札幌11R 14番(1番人気3着)

■モッコリ馬
札幌6R 4番(4番人気3着)
札幌11R 3番(6番人気7着)
新潟2R 13番(6番人気3着)
新潟3R 2番(4番人気2着)
新潟4R 8番(8番人気5着)
新潟7R 5番(2番人気5着)
新潟8R 6番(2番人気3着)
小倉9R 2番(6番人気9着)
小倉10R 7番(6番人気2着)

今日の勝負レースは小倉10R・・・馬連的中!

 

本日は堅チクビ馬はパーフェクト。モッコリ馬も5頭が馬券に絡み・・・なかなかの好成績だったな。しかし、新潟7Rにせよ8Rにせよ人気になり過ぎ。こういうケースは買っても妙味ないので買わないようにしないとね。