【天皇賞春2017予想】京都芝3200mで行われる伝統の長距離GⅠ天皇賞春!今年はキタサンブラックとサトノダイヤモンドの人気が抜けてるが、展開はどうなる?ペースは?スローペースの前残り想定で穴馬を狙う!管理人の狙いは大穴アドマイヤデウス!オッズほどに差はないぞ!それからゴールドアクター、シャケトラ、シュヴァルグラン!

 

※申し訳ない。アクセス過多でサーバーが悲鳴を上げている。エラー表示が出る場合はリロードするか、時間を空けてから再度見に来てくれ~。

 

アドミラブル・・・

 

これは大物だと思っていたが、

 

マジで恋する5秒前だなおい。

 

 

直線フラつきながら2:23.6かよ。

 

かなり長く脚を使っておきながら

ゴール前もうひと伸びしたもんなあ。

 

皐月賞の結果が結果だけに、

もしかしたらダービーでは1番人気になるかもしれんな。

青葉賞馬の初ダービー制覇なるか?

 

さて、

 

強い馬に強い競馬をされたらケツ穴党は

 

ドモナラズの歌を歌っておけばよろしい。

 

切り替えて天皇賞春じゃい!

 

■天皇賞春2017日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

「キタサンブラックが外枠になりますように」

「キタサンブラックが外枠になりますように」

「キタサンブラックが外枠になりますように」

 

と、呪いを掛けていたのだが、

 

呪い効かず(笑)。

 

しょうがないので、

 

パルプンテを唱えてみたのであるが、

 

 

 

やっぱりキタサンブラックは内枠のままである。

 

女子高生のスカートはめくれないし、

 

ギャルのパンティも降ってこねーしよ・・・

 

使ったMP返せ!

 

チキショー!

 

悔しいが、この枠だと

高確率で馬券になりそうやなー。

 

と、

 

思ってるケツ穴党の諸兄が多いと思うが、

(私も思っているが)

 

競馬は何が起きるか分からんぜー!

 

展開見てみよ。

 

■天皇賞春2017展開予想

逃げ候補は、
ラブラドライト
キタサンブラック
タマモベストプレイ
ヤマカツライデン

先行勢は
ゴールドアクター
アドマイヤデウス
ファタモルガーナ
シャケトラ

差し勢は
スピリッツミノル
シュヴァルグラン
アルバート
プロレタリアト
ワンアンドオンリー
サトノダイヤモンド

追い込み勢は
ディーマジェスティ
トーセンバジル
レインボーライン

 

行くのは最内枠のラブラドライトか?キタサンブラックはこの馬を行かせて2番手ってのが理想だが、大外のヤマカツライデンはもう思い切って行くしかないわけで、もしかしたらこの馬がハナかもしれんな。あるいはタマモベストプレイがハナを主張するかもしれん。

 

しかし私が怖いのはそのいずれでもなく、「キタサンブラックがハナのケース」である。武豊は京都3200のペース配分を熟知しており、かつキタサンブラックの能力も十分承知している。この男がハナに立つと老獪なペース配分でスローに落とされてしまうだろう。そして残り800mからのロングスパート。こうなるともう後ろの馬はお手上げである。

 

いや・・・やっぱこの確率が高いな。

 

キタサンブラックが2番手だとしても・・・前の馬はキタサンにペースを合わせるだろうしな。ちなみに、以下が昨年の天皇賞春のラップタイムである。

 

 

ゆったり入って1000m通過が61.8。ホームストレッチで一旦速くなるも、1コーナーから3コーナーまでは12秒後半の緩いラップ。そして、残り800mから11秒台。全部、武豊が仕掛けた流れである。

 

今年もそうなる!

 

と予想すると・・・

 

中団後ろからの差し馬やマクリ馬は届かない?

 

だとすれば、

 

去年のカレンミロティック的な馬を見つけるべし!

 

であるな。

 

そうなりゃ話は早え。

 

前残り決め打ちの

モッコリケツ馬券で逝く!

 

ただし、3着には差し馬が来るかな。

 

キタサンブラックとサトノダイヤモンドで決まったら

ゴメンナサイばぁーい!

 

今までの予想はこちら。

天皇賞春2017データ分析

天皇賞春2017、浅次郎の調教チェック

 

■天皇賞春2017予想

 

アドマイヤデウス(10番人気)

「浅次郎さん!また二桁人気馬に◎ですか?真面目に予想してください!」という毒者からのツッコミが聞こえてくるが、私はいつも真面目である。この馬のプロフィールをもう一度見て貰いたい。京都はめっぽう得意で【1.2.3.2】。馬券圏外に飛んだ2回はいずれも天皇賞春である。

 

「そ、それじゃダメやんけ!」

 

というツッコミが再び聞こえてくるが、そのツッコミはムシさせて頂く(ムシするんかい!)。それよりも注目して欲しいのは昨年の京都大賞典。2kgの斤量差があったのは確かだが、キタサンブラックとクビ差の接戦を演じているのだ。

 

 

ポイントはキタサンブラックがゴール前で止まっていたのに、アドマイヤデウスはジワジワと差を詰めていたこと。この時、直線で進路が狭くなったために仕掛けが遅れたのであるが・・・もうちょっと早く仕掛けられたら差し切っていたかもしれない。この時、サウンズオブアースやラブリーデイに先着しているのであり、京都なら一線級の馬と互角に戦える馬なのである。

 

その後・・・天皇賞秋でも僅差の6着。前哨戦の日経賞でも1kg重い斤量を背負ってシャケトラと0.1秒差。オッズほどに能力差があるわけではないのだ。問題は枠とデキ。真ん中外目で最悪ではないが、やっぱりもうちょい内枠が良かった。それから、前走時からの上積みがあるとは思うが、正直言って前走の方が調教は良かった・・・。

 

鞍上は岩田なので「馬券になるか?惨敗か?」といった騎乗をしてくれると思う。理想を言えばキタサンブラックの直後の内のポジションが欲しい。スタート後のポジション取りが勝負。頼むぜ岩田!

 

○ゴールドアクター(5番人気)

◎にしようかどうか最後まで悩んだが、悩んだら人気薄の法則でこっちは○。有馬記念を見る限りキタサンブラックやサトノダイヤモンドとの能力差は感じない。前走の負けで人気急落しており、馬券的にはココが買い。

 

▲キタサンブラック(1番人気)

△サトノダイヤモンド(2番人気)

△シャケトラ(3番人気)

△シュヴァルグラン(4番人気)

 

馬単 ◎流し表 @100円

馬連 ◎流し @100円

三連複 ◎○流し @100円

三連単 ◎→○▲→○▲ @100円

 

頑張れ!アドマイヤデウス!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ミサイル発射 北、臆測飛び交う「失敗」 後ろ盾、ちらつく露の影

いろんな憶測が飛んでおるが、北朝鮮のミサイル技術が日々高くなっているのは間違いない。日本なんてのは全土が射程圏内である。一刻も早く現実的な対策を取ってほしい。

 

GW阿蘇悲鳴 学生バイト足りず 地震後に東海大生800人転居

GWに限らず、ぜひ熊本に遊びに来てねー!

 

 

【青葉賞2017予想】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡの青葉賞。今年は大物アドミラブルの参戦で1強模様。果たしてアドミラブルで堅いのか?穴馬が付け入るスキは?展開はどうなる?スローの瞬発力勝負?調教チェックではどの馬がメイチ仕上げ?管理人の狙いはダノンキングダム、トリコロールブルーの一点買い!

 

昨日はチヌ狙いの磯釣りに行って来たのだが、

 

全然釣れんかった(笑)。

 

 

しょぼーん。

 

天気も良かったし、潮も良かったんだが・・・

 

まあ、こんな日もあるわな(不吉)。

 

さて青葉賞。

 

■青葉賞2017前日オッズ

netkeibaより抜粋

 

今日はゴルフに行くので、

 

これまた全く時間がない。

 

どうせアドミラブルが勝つんだろ?

 

なんて適当なことは言わないが、

 

正直言って

 

どうせアドミラブルが勝つんだろ?

 

と思っている。

 

(言ってるやんけー!)

 

前売りで1.7倍か・・・・

 

12頭立てとはいえここまで人気になるとは・・・

 

狙ってたキングズラッシュは出てこねーしよ・・・

ちょっと狙ってたポポカテペトルは人気になってるしよ・・・

 

ま、いいや。展開見てみよ。

 

■青葉賞2017展開予想

逃げ候補は
タガノアシュラ
イブキ

先行勢は
ダノンキングダム
ポポカテペトル
スズカロング
アグネスウイン
アドマイヤウイナー

差し勢は
マイネルスフェーン
ベストアプローチ
アドミラブル

追い込み勢は
サーレンブラント
トリコロールブルー

行くのはタガノアシュラか?それとも大外のイブキか?いずれにせよぶっ飛ばして逃げる感じじゃないだろうし、先行勢もどうぞどうぞな感じだろうから、こりゃ・・・

 

やっぱりスロー?

 

1000mは61~62秒くらいで通過して、

道中は12.5~13.0程度の緩いラップ。

それから33~34秒台の直線の上がり勝負になるんじゃね?

 

そうなると、

位置取りは関係なく「瞬発力」上位の馬が来そうだなあ。

特に、東京で33秒台の脚を使ったことがある馬。

 

アドミラブル、トリコロールブルー、ベストアプローチ・・・

 

みんな人気馬やんけ~(涙)

 

うーむ。

 

こうなったら

 

締まったペースになると決め打ちして予想するもアリかな?

 

青葉賞は基本瞬発力上位の差し馬が強いんだが、

東京は開幕2週目・・・

馬場的には「内有利」「先行有利」なのは間違いないしね。

ま、でもスローだとあんま関係ないか・・・

 

■青葉賞2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪グラサンによるデビルマンジャッジである。多分に欲棒入りであるからして、ごっくんする時は覚悟するよろし。

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

ダノンキングダム 上昇ハンパなし!特A評価!
アドマイヤウイナー 好調キープ
ベストアプローチ 一週前良し。仕上がり十分。
トリコロールブルー 文句なし!特A評価!

 

トリコロールブルーは一週前にCWでミッチリ追って36.3-12.0。ここは2着以内が絶対条件だけにメイチに仕上げてきたなこりゃ!それから約3ヶ月の休み明けだが、ダノンキングタムの仕上がりがいい。CWで自己ベストをマークし豪快に併せ馬先着。状態も良いが成長も感じるな。早めに狙いをダービーに変えたのが功を奏したか?他、ベストアプローチアドマイヤウイナーも好調。

 

問題のアドミラブルだが、正直チンコにビンビンと来る感じではない。ただ、前走を見るともう負荷を掛ける必要はないような気もするし、ここは単なる通過点で、すでにダービーを見据えているような気もする。しかしまあ、ここがメイチでないのは確か。

 

というわけで、

 

正直今回はカチンコチンコだと思う。

 

ケツ馬券師的には「ケン」が正解だろう。

 

まあ、しかし堅い時には堅い時の買い方があるって

 

ポニョが言ってたよ。

 

 

(ポニョこえーわ!)

(言ってねーわ!)

 

■青葉賞2017予想

 

◎ダノンキングダム(5番人気)

○トリコロールブルー(3番人気)

 

今まで何度・・・「調教派の予想家になろうかな?」と思ったことか分からんが(笑)、浅次郎は「裏データ派」であり、枠順や展開や馬場やコース適正を重視するタイプの予想家である。もちろん調教の良し悪しも予想に組み入れるのであるが、単純に調教が良いからといってそのまま馬券に入れたりはしない(入れときゃ良かったぁぁぁ!・・・と思ったことは何度もある。笑)。

だけんどもしかし。今回は調教チェック頼りで逝く。今回この2頭が明らかにいいんだよね。まあ調子がいいからといって能力差があればどうにもならんのが競馬であるが、アドミラブルに迫るには調子の良さが必須だと思うのである。この1点で逝く。

 

ワイド ◎-○ @1000円

 

頑張れ!アドミラブル!(オイィィ!)

 

 

【浅次郎のひとりごと】

なんだこれ・・・人気馬を順番変えて並べてるだけじゃないのー?こういうジャッジする専門家が多いから尚の事キタサンブラックやサトノダイヤモンドが過剰人気になるわけだ。パドック診断も調教診断も同じだが、人気は置いてジャッジしてほしいわ。ただし、シャケトラとシュヴァルグランの評価が高いのは浅次郎と一致。

こっそりとアドミラブル頭の三連単を2点だけ・・・(笑)。

 

 

 

 

【天皇賞春2017調教チェック】京都芝3200mで行われる伝統の長距離GⅠ天皇賞春!気になる各馬のデキだが、サトノダイヤモンドの仕上がりは?キタサンブラックは?浅次郎の調教チェック特A評価はどの馬?調教抜群なのはシャケトラ!ゴールドアクター!シュヴァルグラン!調教穴馬はワンアンドオンリー!ヤマカツライデン!

 

くぉぉぉお!

 

キタサンブラック、また内枠かよぉぉぉ!

 

■天皇賞春2017枠順

netkeibaより抜粋

 

運も実力のうち!

と言ってしまえばそれまでだが、

 

それにしてもキタサンブラックは運がいい馬であるな。

サブちゃんもニンマリしてることだろう。

 

対象的にサトノダイヤモンドは大外枠の15番。

この枠なら中途半端なことはする必要なし。

ゆっくり出て道中は中団後方でOKだろ。

勝負は2周目の3コーナー過ぎだな。

 

あと・・・

ゴールドアクターはちょっと厳しい枠になったなあ・・・

正直もうちょい内が欲しかったんじゃね?

 

逃げ馬のヤマカツライデンが大外・・・

こりゃ、ラブラドライトかタマモベストプレイが行く流れかな。

 

ま、枠順も競馬のうち。

 

いくら眺めても枠順は変わらん!

 

 

そんなことより、

 

 

早速、

 

 

ふわふわの

 

 

オッパイチェック行くぜ!

 

 

じゃなかった(笑)、

 

調教チェック行くぜ!

 

■天皇賞春2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによる奇面フラッシュジャッジである。某有名トラックマンの評価と全然違うじゃん!なんていうクレームはお断り。あくまで浅次郎のジャッジである。

 

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

シャケトラ 特A評価
CW良【83.3-66.7-51.3-36.9-11.8】仕掛け 助手
これが上がり馬の勢いか・・・ほぼ馬なりのままCWで36.9。迫力満点のストライドで併せ馬先着。これは最高の仕上がりだわ~!文句なし特A評価。

キタサンブラック
CW良【82.3-66.6-51.5-39.3-12.5】馬なり 黒岩
一週前にビッシリ追って、最終追い切りは本当に軽め。そのせいか頭は高いし、スピード感がイマイチなんだが、軽めでもある程度時計が出るんだからすごいねー。順調。

スピリッツミノル
CW良【68.0-52.5-38.6-12.4】一杯 助手
キタサンブラックの後に見たからかもしれんが、ものすごく良く見えたなあ・・・。体調良さそう。

シュヴァルグラン 特A評価
栗東坂路【53.5-39.0-25.7-13.1】一杯 助手
調教ではあまり走らない馬であるが、一週前にCWで一杯に追って37.6を計時。最終が坂路なのは前走と同じパターン。在厩でミッチリ乗り込まれている。こりゃ本格化したな~。後は力関係か。

アルバート
南W【69.5-53.9-39.4-12.5】馬なり 石橋
時計は毎回こんなもんだが・・・なんだかやけに良く見える。迫力あるわ。

ゴールドアクター 特A評価
南W【67.1-51.1-37.7-12.9】馬なり 助手
単走馬なりだが、ウッドチップを巻き上げて豪快なフットワーク。唸るような手応え。前走時より間違いなくいいぞ!メイチ仕上げ!

トーセンバジル
CW重【66.5-51.0-37.1-12.2】一杯 四位
元々調教で走る馬であるが、今回も動きは抜群にいいな。叩いてさらに良くなってる感じ。

ワンアンドオンリー 特A評価
CW良【81.0-65.3-50.8-37.0-11.6】馬なり 和田
馬なりで37.0。終いは11.6。伸びやかなストライドで併せ先着。これでダメなら・・・ってデキに映る。復活勃起なるか?メイチ仕上げ!

サトノダイヤモンド
CW良【53.3-39.0-12.3】馬なり ルメール
1週前と2周前にミッチリ追って、最終は軽めで息を整える程度。文句なし順調。

レインボーライン
栗東坂路良【56.6-41.3-26.2-12.8】馬なり 助手
この馬は「日曜追い」で最終軽めっていう珍しい調教パターンの馬。なので最終軽めなのは気にしなくていい。順調な仕上がりだと思う。

ヤマカツライデン 特A評価
CW良【80.5-65.5-51.2-37.8-11.8】一杯 松山
豪快なフットワークで最後の反応も良く11.8。デキに関しては文句なし!ただ、よりによって大外枠・・・特A評価!

 

特A評価の中でも一番良く見えたのがシャケトラ。唸るような手応えで迫力満点の動き。前走時も良かったが更に上のデキかよ・・・という感じ。ある程度の人気が予想されるが、この馬からガツンと行くのアリか?なんて思っている。それからシュバヴァルグランはココ数戦で馬が変わってきたように思う。まだ完成は先かもしれんが。

ゴールドアクターの仕上がりもかなりいいぞ~。今回人気急落であるが、前走の日経賞はシャケトラと2kg差あったけんな。有馬記念でだってキタサンブラックやサトノダイヤモンドとの差はわずか。逆転したって何の不思議もなし。

人気薄で特A評価はワンアンドオンリー。全く人気なさそうだが、今回このデキならこの馬と心中するのもいいなー(笑)。また見せ場なく沈没するかもだけど。それから内枠だったら・・・と思えてならんのがヤマカツライデン。逃げ馬だけにこのチンポジはツライよ。

 

他、キタサンブラックサトノダイヤモンドは問題なく順調だと思う。ただ、両馬ともメイチ仕上げという感じではない。今秋には凱旋門賞チャレンジを控えてるけんな。カッチカチに仕上げて反動が出るのが一番怖いだろう。ちょっと余裕を持たせた仕上げで天皇賞春→宝塚記念(パスするのも有り)→早めにフランス入り→現地で一回叩いて→凱旋門賞・・・という感じで行って貰いたい。

 

尚、ここに挙げなかった馬が「仕上がりが悪い」というわけではない。GⅠだとほとんどの馬の仕上がりが良く、甲乙を付けるのは難しいのである。まあ、あの馬とあの馬はちょっとソーローチンコっぽいけど(笑)。

 

今回、キタサンブラックが内枠を引いちゃったから、

荒れる可能性はガクンと落ちたと思う。

 

しかし競馬は何が起きるか分からん。

 

淀の3200mとなれば尚更である。

 

当然いつも通りモッコリケツ馬券で逝く。

 

ケツ神様よもう一度!

 

結論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

甘いものや炭水化物やジュースには中毒性がある!糖質は危険?

実験①子供にお菓子制限をしたらどうなる?
実験②晩飯の米を豆腐にしてみた!
実験③納豆を2週間放置してから食べてみた!

・・・あっという間に体重2kg減ったぜ~!目指せ腹筋6つ!

※浅次郎の別ブログである。ブックマークよろしくんに!

 

 

【NHKマイルC2017予想オッズ】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦!GⅠNHKマイルC!今年はどの馬が1番人気になるか分からん位の大混戦!ミスエルテか?モンドキャンノか?ボンセルヴィーソか?それともジョーストリクトリか?オッズはどうなる?穴馬候補はアエロリット、エトルディーニュ、レッドアンシェル!

 

うひぃぃぃ。

 

今年のNHKマイルCは、

 

混・浴である!

 

なんでこの風呂は白く濁ってんだゴラァ!

 

まちがった(笑)、

 

混・戦である!

 

高校に入学してスグ、

 

「うちのクラスで一番オッパイでけえの誰かな?」

 

なんて童貞バカ話をした覚えがあるが、

 

まさに今回のNHKマイルCはそんな感じであるな!

(どんな感じだ!)

 

■NHKマイルC2017netkeiba予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ぬう・・・。

 

どの馬が1番人気になるんだ?

 

netkeibaの予想では・・・

 

カラクレナイ?

 

まじで?

 

人気予想には結構自信があるんだが、

 

ちょっとこれは分からんわ。

 

直前の競馬マスコミの報道次第やろな~。

 

ところで、

 

こういう混浴風呂が日本のどっかにあるらしいのだが、

 

 

苦労して見つけて行っても、

 

若い女性はいないよねきっと(笑)。

 

以下、浅次郎の予想オッズ。

 

■NHKマイルC2017予想オッズ

NHKマイルC2017予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 ミスエルテ 6.6倍
2番人気 モンドキャンノ 6.9倍
3番人気 ボンセルヴィーソ 7.1倍
4番人気 ジョーストリクトリ 8.6倍
5番人気 カラクレナイ 9.8倍
6番人気 キョウヘイ 12.3倍
7番人気 アエロリット 15.5倍
8番人気 アウトライアーズ 18.4倍
9番人気 プラチナヴォイス 22.2倍
10番人気 レッドアンシェル 25.4倍
11番人気 エトルディーニュ 27.4倍
12番人気 ディバインコード 36.7倍
13番人気 タイセイスターリー 40.8倍
14番人気 タイムトリップ 55.2倍
15番人気 オールザゴー 59.0倍
16番人気 トラスト 66.1倍
17番人気 ナイトバナレット 70.3倍
18番人気 ガンサリュート 84.6倍

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

 

いや・・・

 

マジでバスタオルの下が見たい・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

マジでどうなるか分からん。

 

分からんが、ミスエルテ、モンドキャンノ、ボンセルヴィーソあたりの朝日杯組が人気になるような気がする。それほど、NHKマイルC路線組が不安たっぷりなのだ。と言ってもまあ、上位人気は乳輪の直径比べ。競馬メディアの報道次第でどうにでも変わるだろう。

 

1番人気候補に挙げたのはミスエルテ。桜花賞はブッツケローテとなってしまったが、それでも5番人気に支持された。結果は11着で見せ場なく惨敗してしまったが、叩いてこっちが本命だとしたらどうか?1kg差だった朝日杯で4着。今回は2kg差貰える。何となくこの馬が人気になるような気がするな。

 

2番人気はモンドキャンノ。スプリングSは10着に敗れたが、これはおそらく距離。京王杯2歳Sでレーヌミノルを負かし、朝日杯は2着。血統的にも1200~1600の馬で間違いないだろう・・・ということでこの馬も人気になると思う。レーヌミノルが桜花賞を勝ったのが大きい。

 

3番人気はデイリー杯2着→朝日杯3着→ファルコンS2着→ニュージーランドT3着のボンセルヴィーソ。どうもこの馬が全ての基準になりそうな感じ。決め手はないが前受して非常にしぶとく、前残りの東京になった場合に怖い一頭。

 

4番人気にニュージーランドT勝ち馬のジョーストリクトリ。本来ならこの馬が1番人気にならんといかんのだが、前走は12番人気の低評価。馬場と展開と枠に恵まれた感が強く、買わねばならんのは前走だったような気がするな。東京マイルだとちょっと疑問。

 

5番人気は桜花賞で鋭く追い込んだカラクレナイか。この馬、フィリーズレビューではレーヌミノルを負かしており、実力的に紙一重。東京は未経験だが、長い直線でのキレ勝負は合うと思うな~。私がこの馬が1番人気でもいいと思うのだが、あまり人気になるタイプじゃないし、前走がメイチだったような気もするし、5番人気くらいかなと。

 

以下、重馬場は鬼のキョウヘイ、桜花賞5着のアエロリット、スプリングS2着のアウトライアーズなどが人気になるかと思うが、正直言ってどうなるかさっぱり分からん。ここは登録だけでダービーやオークスに向かいそうな馬も結構いるし、鞍上によっても変わると思う(ミルコやルメールが乗ると1.5倍増しで人気になる)。

 

その上で現時点での大穴候補を挙げておこう。絞って考えたいのが「東京実績」である。この時期・・・「中山や阪神で好走した馬」が人気になりやすいわけであるが、大事なのは「東京適正」「軽い馬場適正」である。逆に言えば、重い中山などで惨敗してても一向に構わないのである・・・。

 

まず、アエロリット。東京は【1.1.0.0】でクイーンC2着の実績。桜花賞は後方の位置取りから直線ズンズンと追い込んで際どい5着。ゴールしてもまだまだ伸びそうな印象の末脚であった。この馬は東京が合う。人気にならないことを祈る。

 

次に、エトルディーニュ。東京は【0.3.1.0】。中山が【0.0.0.3】なのと対照的な成績である。これまで東京で負けたのは強敵ばかり。こういうタイプは相手がどうあれ好走することが多く、頭は難しいかもしれんが2~3着候補であれば十分あり得ると思うぞ。

 

それから、東京実績はないのだがレッドアンシェルに注目。出遅れた朝日杯は後方でじっくり脚を溜めるという選択肢もあったと思うのだが・・・二の脚を使って前へ。それでも直線向いて伸びてくるかと思いきや、やっぱり馬群に沈んでしまった。これは騎乗ミスだったんじゃないの?んで、注目は前走のアーリントンC。もう一回改めて見てみよう。大外12番がレッドアンシェルである。

 

 

皐月賞の回顧の時にも書いたが、おそらくペルシアンナイトは別格の馬である。そのペルシアンナイトが居ないものとして考えると(笑)、レッドアンシェルは出遅れながらも後方一気で差し切っているわけだ。この馬、朝日杯時のように行ってしまうとダメだが、溜めれば相当キレる。東京1600も向くと思うぞ。

ちなみに、この時負かしたディバインコードはその後橘Sを勝ち、ジョーストリクトリはニュージーランドTを勝っている。問題は2ヶ月の休み明けでデキがどうか?皐月賞に出る選択肢もあったと思うのだが、最初からココ一本だったのかな?

 

というわけで、

 

こんな感じの若い娘が来る混浴風呂をご存知の方はぜひ教えてくれ。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

他におすすめの穴馬候補がいたらぜひコメントしてってくれ!

 

どんな人気になるのか楽しみであるな!

 

NHKマイルCのデータ分析はこちら!浅次郎の大穴馬は・・・?

NHKマイルC2017邪スカウターによる調教チェック!

NHKマイルC2017最終予想!伝説の大穴狙い!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「あっちの方」と呼ばれた被災者、怒り・あきれ

今村氏のことを私は良く知らないのだが、この人なに?バカなの?言葉を切り取って責めるマスコミもマスコミだが、復興相として言っちゃいかん言葉ってもんがあるだろうよ。特に、東日本大震災は津波の被害が激甚であったではないか。首都圏の直下型地震と比べること自体が間違ってるだろ。

 

 

 

 

【青葉賞2017データ分析】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡの青葉賞。今年は大器アドミラブルが断然人気を集めそうだが、データ分析によると内枠外枠の有利不利はあまりなし。脚質は先行勢より中団からの差し!結構荒れるぜ!穴馬候補はキングズラッシュ!ダノンキングダム!爆穴にシュワドゥロワ!

 

この青葉賞の結果如何では、

 

今年のダービーは、

マレに見る酒池肉林となるかもしれん。

 

間違った(笑)、

 

マレに見る戦国絵巻となるかもしれん。

 

(何をどう間違ったんじゃい!)

 

さて。

 

■青葉賞2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

注目は何と言っても、

 

断トツ人気が予想されるアドミラブルである。

 

近親にヴィクトリー、リンカーン、フサイチコンコルド、アンライバルドなどがいる超良血。緒戦は9着に敗れたものの、ノドの手術に踏み切って半年後の未勝利戦(阪神芝1800)がこれ。6番に注目。

 

 

1000m通過58.5のハイペースを中団真ん中で追走。直線馬なりのまま進出し、仕掛けられるとあっという間に抜け出して1:45.8。ちなみに・・・同日行われた阪神メインの大阪城S(阪神1800)の勝ちタイムは1:47.1。アルアインが勝った毎日杯(阪神1800)の時計が1:46.5。もちろん単純比較は出来んが・・・ハンパない能力を持ってるのは間違い無し。

 

そんで、1ヶ月後のアザレア賞(阪神芝2400)がこれ。3番に注目。

 

 

1000m通過65.0という鬼スローであったが・・・なんと道中にポジションを上げて2番手に。馬が自然と行った風であったが、もしかしたらミルコの指示だったのかもしれん。いずれにせよ、スゴイのは2番手の位置でまたピタリと折り合ったこと。そのままスローで流れてヨーイドンの瞬発力勝負。上がり33.5でこれまたあっという間に突き抜けたんだがこの時、最後の100mは流すどころかブレーキを掛ける感じでゴール(明らかに体重を後ろに掛けつつゴールしている)。

 

超ハイペースどんとコイ。

超スローペースでも折り合いバッチリ。

瞬発力ハンパなしでスタミナも豊富。

 

 

この馬・・・

 

 

 

もしかしてだけど、

 

 

 

もしかしてだけど、

 

 

 

オイラを誘ってるんじゃないの~♫

 

 

うほっ!

 

 

 

ち、ちなみに、

 

アドミラブルは浅次郎POGに於ける我が指名馬である。

 

ケツ馬券とは別バナであるが、

 

頑張って貰いたい。

 

データ見てみよ。

 

■青葉賞JRAデータ

JRAデータ分析より

 

つまり、前走2000m以上の500万下で結果を出した馬、あるいは2000m以上のオープンに出走して負けている馬が狙い目ってことやな。

 

当てはまるのは、

・アドマイヤウイナー(中京2200mの大寒桜賞1着)
・アドミラブル(阪神2400mのアザレア賞1着)
・イブキ(中山2200の水仙賞1着)
・キングズラッシュ(皐月賞15着)
・シュワドゥロワ(東京2300の新緑賞3着)
・タガノアシュラ(阪神2000mの若葉S7着)
・ダノンキングダム(東京2400mのゆりかもめ賞1着)
・ベストアプローチ(中山2000mの弥生賞4着)
・ポポカテペトル(阪神2400mのゆきやなぎ賞1着)
・マイネルスフェーン(中山2000mの京成杯3着)

 

さらに、前走1着馬に絞れば、残るのは5頭。

この中から勝ち馬が出るような気がするな。

 

ん?マイネルスフェーンはなんで皐月賞に出てこなかった?ホープフルS2着の賞金があるけん出れたハズだが・・・情報見つからんが、血統的にも実績的にも東京より中山のタイプ。何か問題があったはず。疲れが溜まったか、体調が悪くなったか、どこか悪いとこでも出たか・・・であれば、今回はただの休み明けではなく、問題明け。人気になりそうだし斬りですな。

 

■青葉賞過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2016年 6413(13頭立て)
2015年 8→3→6(18頭立て)
2014年 11213(18頭立て)
2013年 5→3→7(18頭立て)
2012年 71210(17頭立て)
2011年 4→1210(18頭立て)
2010年 2517(18頭立て)
2009年 17216(18頭立て)
2008年 51014(16頭立て)
2007年 11101(18頭立て)

白4、黒3、赤4、青4、黄5、緑4、橙2、桃4

こうやって見ると内外互角・・・ドッチかと言えば、近年は内枠の方が有利かな?といった程度である。ダービーは内枠(特に1枠)が有利なのは周知の事実であるが、青葉賞はダービーとは違って「1勝馬」や「距離不安」のある馬が多いため、スローになることが多い。そうなると団子の瞬発力勝負となるため、枠順はあまり関係なくなるわけだ。今年はフルゲートにならんようだし、あまり枠は気にしないでいいかもしれん。

 

■青葉賞過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2016年 5→10→8
2015年 9→6→9
2014年 13→6→10
2013年 41→5
2012年 8→58
2011年 133→11
2010年 7→10→15
2009年 8→510
2008年 4→49
2007年 11→44

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~49.9倍、ピンク:50.0倍以上

 

ご覧の通り、青葉賞は結構荒れるレースである。堅い年は堅いが、荒れる時は結構荒れる!しかし、基本的に頭は堅く、2~3着に中穴・大穴が来ることが多い。2014年のショウナンラグーン(53.1倍)なんてのはレアケースである。

脚質を見ると4角1~5番手は11/30、6~10番手は14/30、11~18番手は5/30。過去10年で逃げ馬・番手馬が馬券になったのは2013年のアポロソニックのみ。前残りになる年もあるが・・・基本的には中団からの差しが強いレースである。馬券パターンとしては、

 

・差し→差し

・差し→先行

・先行→差し

 

という感じか。逃げ・番手馬や追い込み馬は思い切ってバッサリでもいいかも。あるいは思い切って「前残り決め打ち馬券」も面白いな。

 

ケツデータ論。

・枠順はあまり気にしなくていい。

・中団からの差しが強い。

・頭は堅いが結構荒れる。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、今回人気の盲点となりそうなキングズラッシュ。皐月賞は色々と不運もあったが、15着とはいえそんなに負けてない。なにより5ヶ月の休み明けであった。今回は叩き2戦目、距離延長、東京変わりでガラっと変わるかもよ?

 

それから瞬発力勝負になったら分が悪いかもだが、ダノンキングダムも面白い一頭だと思う。前走のゆりかもめ賞(東京2400)の時計は2:26.1。過去の青葉賞の時計と比較しても遜色なし。派手さはないが相当しぶとかった。東京2400を経験しているのが強み。約3ヶ月の休み明けになるが、成長次第であっと言わせるかもよ?

 

もう一頭挙げておくか。もし出てくれば・・・だが、爆穴にシュワドゥロワ。出てくれば前走から連闘。その前走はスローからの瞬発力勝負で惜しい3着。もうちょい脚が溜まってれば・・・というレースであった。ちなみに、この時1着だったビービーガウディは前走の500万条件でモズカッチャンからクビ差2着だった馬である。スローであったが、決してレベル低くないぞ。

 

 

 

考えれば、

 

 

 

考えるほど、

 

 

 

アドミラブル。

 

 

 

オイラを誘ってるような気がするんだが、

 

 

いつも通り、

 

モッコリケツ馬券で逝く!

 

ただし!

 

調教見てドモナランわーと思ったら、

 

ちらっとおっぱいを確認しつつ、

 

ケン。

 

 

あるいは一点買いか。

 

今週末はチンコを触る暇も無いくらい忙しくてね。

 

更新出来るかどうか分からんが、

出来れば青葉賞の予想も公開したいと思っている。

 

さて、

 

おっぱーい!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

慰安婦財団ピンチ、日韓合意見直しで事業休止も 2理事辞任、追随の動き

んなこったろうと思ったよ。韓国は「約束を守る」国ではない。「法治国家」でもなく「人治国家」であり、司法より世論が優先される全く信用の出来ない国である(韓国国民の人間性の話ではない。あくまで国家としての話である)。慰安婦問題は元々朝日新聞の大嘘から始まった問題である(朝日新聞はそれを認めて謝罪している)。これ以上この問題に関わるべきではない。韓国の要求に終わりはないのだから。

 

【天皇賞春2017データ分析】京都芝3200mで行われる長距離GⅠ天皇賞春。今年はキタサンブラックとサトノダイヤモンドが人気を集めるが、データではどうなのか?内枠(特に1枠)が有利!外枠の差しはOK!脚質は逃げ・先行有利!マクリ馬も強い!大穴候補はタマモベストプレイ、ヤマカツライデン、ファタモルガーナ。

 

祝!

 

浅次郎、フローラS大穴的中!

 

 

的中した浅次郎の予想はこちら。

 

展開読みもペース読みもバッチリ。

 

 

当たった馬券がこちら。

 

 

ボン・クレーに電話して2時間ほど自慢話をしたい気持ちだが(笑)、

 

何がスゴイって、

 

◎モズカッチャン(12番人気)

○ヤマカツグレース(10番人気)

 

で的中しているところがスゴイのである。

 

フローラS2017結果

 

モズカッチャン軸、あるいはヤマカツグレース軸・・・で的中したケツ馬券師は他にもいたかもしれん。しかし、モズカッチャン・ヤマカツグレース2頭軸で馬券を買ってる超ケツ馬券師は極めて少なかったと思う(この2頭の馬単を厚く買えていればもっと格好良かったんだけどねー)。

 

結果的に、3着に人気のフローレスマジック(一応押さえていた。笑)が入ってそこそこの配当にしかならなかったが(三連複は35,940円、三連単は397,370円)、ココに人気薄が入っていたら、三連複や三連単はとんでもない配当になっていただろう。

 

私が狙っているのはコレである。

 

穴馬軸の穴馬流し。

 

少ない小遣いをやりくりして競馬をやってる馬券オヤジに

夢と希望とモッコリを与える伝説馬券の買い方。

 

常穴馬券術奥義、

無想転ケツである。

 

常穴馬券術についてはこちら

 

ま、的中率はガン無視しているし、

荒れないと当たらない馬券術であるが(笑)、

私はマジメに百万馬券を狙っているのである。

1レース1000~1500円程度の馬券で、である。

 

大穴×大穴×大穴の組み合わせなら、

それは不可能ではないと思っている。

 

今回の的中は「伝説馬券」ではなく、

単なる「大穴馬券」。

 

私が目指すところはこんなもんじゃないぜぇ!

まだまだ道半ば。ケツ馬券道は果てしなく長い・・・

 

ハズレ馬券が続くとも

嫁の視線が痛くとも

踏み外せぬはケツの道

 

散らば諸共ナラズの空に

いつか咲かせる夢馬券

いつか掴むぜ夢馬券

 

by浅次郎

 

みんな・・・

沢山のお祝いコメント有難うな!

 

さて!

 

切り替えて天皇賞!

 

■天皇賞春2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

注目は何と言っても

 

サトノダイヤモンドvsキタサンブラック

 

ゴールドアクターが日経賞で負けちゃったし、大阪杯で上位に入った馬が出てこないし(キタサンブラックのみ)、ここはこの2頭に人気が集中するだろう。両馬ともに菊花賞馬だしねー。

 

だけんどもしかし!

 

 

 

のっぽさんしゃべれないけど、

 

私が代わりに何度だって言う。

 

競馬は何が起きるか分からんのである。

 

特に京都の長距離戦は何が起きるか分からん。

 

オルフェーヴルだって負けたではないか。

ゴールドシップだって負けたではないか。

キズナだって負けたじゃないか。

(いずれも単勝1倍台の圧倒的人気で負けている)

 

どうせサトノダイヤモンドとキタサンブラックの銀行馬券を買ってもしょーもないオッズしかつかんのである(お金持ちの方はそれでもいいが)。

 

であれば、

 

どちらか片方を切ってケツ馬券を狙うのも一つ。

両馬とも切って伝説馬券を狙うのも一つ。

ヒモに入れるだけにして飛ぶのを願うのも一つ(笑)。

 

いずれにせよ、

当ブログでは両馬以外に必ず◎を打つ。

(ヒモでは押さえるかも)

 

結果はどうあれ楽しみであるな。

 

さて、データ見てみよ。

 

■天皇賞春JRAのデータ分析

JRAデータ分析より

 

弱い弱いとは思ってたが、

これほど1番人気が弱いとは!

 

ディープインパクト以来

1番人気で勝った馬なし。連対もなし。

 

ただし2番人気はベラボーマンだな。

キタサンブラックとサトノダイヤモンド・・・

2番人気になった方を押さえるか(笑)。

 

しかし、相変わらずJRAのデータ分析は役に立たんな。

 

■天皇賞春過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2016年 1→3→8(18頭立て)
2015年 1142(17頭立て)
2014年 7126(18頭立て)
2013年 6113(18頭立て)
2012年 11611(18頭立て)
2011年 215→3(18頭立て)
2010年 1216→4(18頭立て)
2009年 2→4→12(18頭立て)
2008年 14813(14頭立て)
2007年 61612(16頭立て)

白7、黒4、赤3、青2、黄1、緑5、橙3、桃5

長丁場3200mであるからして、枠はあんまり関係ないんじゃね?と思いがちであるが、大いに関係あるのである。ご覧の通り、内枠が圧倒的に強い!特に白帽は過去5年で5勝!この中には2012年のビートブラック(156.9倍)、2011年のヒルノダムール(16.9倍)、2009年のマイネルキッツ(46.5倍)等の穴馬、大穴馬が含まれるのでマジで要注意である。ちなみに、「天皇賞春は鬼門」と言われていたゴールドシップ(過去2年は人気に押されるも惨敗)も1番を引いた2015年に勝利している。

 

なんでこんなことになるかと言えば、天皇賞春はスタート直後が淀の坂。

先日もポイントとしてちょっと書いたが・・・競馬で最もラップが速くなる200~400m地点がずっと上りなのである。つまり、中枠・外枠の馬がポジションを取るにはココで無理をする必要があるのであり、仮にポジションを取ることが出来てもこの時の無理が最後に祟るのである。かと言って、ポジションを獲れなければずっと外々を回らされることになり、コーナー6回の天皇賞春においてそれは盛り上がってる合コンに途中からシラフで参加するようなもんである。

 

逆に、イケメン内枠の馬は、黙っててもカワイコチャンの隣ポジションを取れるのであり、200~400m地点も無理する必要がない。最内枠の白帽なんぞはずっと内ラチ沿いを走れるのであり、自然と脚が溜まるのである。

 

合コンにおいてイケメンはズルイ。

 

のと同じように、

 

天皇賞春においても内枠はズルイのである。

 

ここでキタサンブラックの成績をもう一度見てみるべし。

 

 

確かにキタサンブラックは強い!しかし!よくよく見れば、

 

内枠を引く率が異常に高いのである。

 

菊花賞は2枠4番、

天皇賞春は1枠1番、

宝塚記念は2枠3番、

京都大賞典も1枠1番、

ジャパンカップも1枠1番、

有馬記念も1枠1番、

大阪杯は4枠5番。

 

逃げ・先行脚質のキタサンブラックにとって、

これがどれだけプラスであるか?

 

キタサンブラックが唯一崩れたのはダービーであるが、

その時の馬番は・・・8枠17番

 

今となっては

なんでキタサンブラックはダービーで惨敗したのか?

なんて考えることは少ないと思うが、

 

その後の戦績を考えれば・・・

距離じゃないよな?

 

ジャパンカップを勝ってるんだから・・・

コースでも馬場でもない。

 

考えられるのは「ペース」である。

この時のダービーは1000m通過が58.8のハイペース。

 

 

ただし、向こう正面~3コーナーではペースが緩んでおり、

先行馬も息が入る流れであった。

 

先行したコメートは3番手のポジションから、

このペースでも5着に好走している。

勝ったドゥラメンテだって道中は7~8番手。

決して前潰れの展開ではなかった。

 

ペースが原因でもないとすれば、

 

実は、

 

「枠」が問題だったのかもしれんぞ?

 

200~400mのラップを見ると10.9。

キタサンブラックは17番枠から斜め横断でこの先行争いに加わっており、

最初の400mはかなり無理をしたと思われる。

(推定10.5くらいの脚を使わされた)

 

これが最後の直線に祟って脚を失くしてしまった・・・

という推理が成り立つのではなかろか。

(楽に先行出来た内枠のコメートは5着に残っている)

 

何が言いたいかというと・・・

 

キタサンブラックは今回・・・

大外枠で夜露死苦!

 

 

切に、そうお願いしたい(笑)。

 

外に入っても人気になるのは間違いなし。

 

心から外枠夜露死苦。

(せめて中枠)

 

話を戻そう。

 

天皇賞春は内枠が有利。

 

これは間違いない。しかし外枠も結構来るのである。そのケースの殆どが「差し馬」。つまり、序盤で脚を使う必要がない差し馬であれば、外枠でもオッケー。むしろ中途半端な中枠の方が成績が悪い。

 

次、脚質。

 

■天皇賞春過去10年脚質データ

(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2016年 1→3→9
2015年 4マクリ→101
2014年 5→8マクリ→10
2013年 2マクリ→2マクリ4マクリ
2012年 15→12
2011年 6→8→1マクリ
2010年 5マクリ→1→2
2009年 4マクリ→4マクリ→7マクリ
2008年 5マクリ→3マクリ→2
2007年 2マクリ→4マクリ→10

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~49.9倍、ピンク:50倍以上

ちょっと今回から色分けを変える。大穴を20~49.9倍にして、超大穴を50倍以上とする。ご覧の通り、荒れまくりだ。馬券圏内に複数の穴馬が来ることも多々あるし、単勝100倍を超えるような超穴馬も突っ込んで来る。昨年なんぞ、1番人気のゴールドアクターが沈んで、単勝99.2倍のカレンミロティックがまんまと残ったではないか。

 

脚質的には「マクリ馬」が多いので判断がちょっと難しいが、明確なのは「4角6番手以内必須」である。4角1~6番手は22/30、7~12番手は8/30、13~18番手はゼロ。つまり、逃げ・先行馬+3コーナー過ぎからマクリを打てるスタミナ持久力系が買い。瞬発力での直線一気差しは非常に厳しく、その場合でも10番手まで。

 

ここでちょっとサトノダイヤモンドの戦績を見てみよう。

 

 

この馬、基本的に位置取り自在の馬であり、中長距離では後方からの競馬になることもあるが、菊花賞では8-8-9-5と4コーナー手前からマクリを見せており、阪神大賞典でも7-8-8-4と早めに動いて楽に差し切っている。天皇賞春に向くタイプであり、内枠でも外枠でも問題なく・・・キタサンブラックに比べ、ちょっとスキがない。

 

一つ気がかりがあるとすれば、

 

超ハイペースになった時か。まあ・・・キタサンブラックのペースならそんなことにはならんと思うけどな。

 

(キタサンブラックは大外枠で夜露死苦)

 

ケツデータ論。

・内枠有利!特に白帽!

・逃げ、番手馬が強い!マクリ馬も強い!

・かなり荒れるモッコリレース!

 

今日も元気に穴馬候補を挙げておこう!まず、なんとしてでも内枠を引いて逃げて欲しいのが、タマモベストプレイである。スローのヨーイドンだともう勝負にならないのは重々承知だろうけんな。玉砕上等のぶっ飛び逃げをカマして頂きたい。

 

そんで一緒に逃げて頂きたいのがヤマカツライデン。重賞にチャレンジするようになってから頭打ち的な成績になっているが、そんなに大きく負けてはいないのであり、血統的にも長距離はとても魅力であり、展開が向けばあるいは何かが起こるかもしんれんと思っている。

 

それから・・・ステイヤーズSで【0.3.0.1】、ダイヤモンドSで【0.1.1.2】・・・生粋のステイヤーであるファタモルガーナ。昨年のステイヤーズSではアルバートとクビ差2着だであった。もう9歳であるが、衰えはなし。内枠引いて上手く先行出来れば・・・股間がモッコリするかもしれんぞ。

 

あとはアドマイヤデウス、レインボーライン、ディーマジェスティ、トーセンバジルあたりに注目しているが、この辺は人気になる可能性もあるし・・・

 

枠順と調教を見てからだな。

 

人気どころで大物食いがあるならシャケトラかシュヴァルグランかな。

 

しかしカレンミロティックの回避は返す返す残念。

 

昨年に続き、もう一回狙う予定だったのに(笑)。

 

結論は日曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

今回当たった馬券の払い戻しの一部は、「さとふる」を通じて南阿蘇村のふるさと納税を利用させて頂く。

 

熊本地震1年経過報告

 

わざわざこういうことを書くのは、私自身が偽善者であり、熊本地震の被災者であり、南阿蘇地区の復興を願う者であり、多くの人に少しでも熊本地震のその後を知ってもらいたいからである。同じように寄付をしろなどと言っているわけではなく(してくれたら嬉しい)、「スーパーに行ったら熊本産のトマトを買う」とか「熊本城が復活したら愛人と浮気旅行に行こう」などと思って頂けるだけで幸いである。

 

そもそも・・・私は偽善者の上にセコイので、的中金額を全額寄付なんてことは出来ないし、当然、ふるさと納税は返礼品希望だ(肉)。

 

それから、寄付やふるさと納税以外にも投資といった応援の方法もある。

 

地熱の里 小国町わいた地熱発電所ファンド

 

私も一口だけだが投資しているぞー。

 

あ、そうそう。

 

こちら私がお世話になっている先輩が経営している「熊本の農家直送」のお店「FLCパートナーズストア」である。

FLCパートナーズストア

 

超高級果物や高級野菜を取り扱っているお店で値段は張るが、味・品質についてはマジ最高峰。お世話になってる方への贈り物や返礼品などに最適である。いつか「熊本の何かを買いたいな~」って時に利用してもらえると嬉しい。今の時期だと「肥後ポン(デコポン)」がおすすめ。感動レベルの旨さである。あ、もし購入する場合は「浅次郎さんの紹介でーす」なんてコメントしてくれると先輩に恩を売れるので嬉しい(邪)。ちなみに、私は毎年お歳暮やお中元時に利用しているぞ。

 

 

【フローラS2017予想】東京芝2000mで行われるオークストライアルGⅡのフローラS。穴馬の割り込む余地はあるのか?展開は?調教チェックからの狙い馬は?特A馬は?狙いは最内枠の2勝馬モズカッチャン!相手にも先行馬のヤマカツグレース!ヒモ穴にザクイーン、キャナルストリート、ビルズトレジャー、爆穴にドリームマジック!

 

昨日の福島牝馬Sは前残りを狙った馬券を買ったが、

 

逆に、前潰れとなってドモナラズ。

 

 

狙ったペイシャフェリスは積極的な番手の競馬でブービーに負けたが、

 

それでいいのである。

 

競馬なんてのはスタートしてみらんと分からんもんで、

トップジョッキーだって思うようレースを動かすことなんて出来ない。

 

特に、逃げ系の脚質の馬は

5回惨敗して1回馬券になれば・・・

上等だぜ!なのである。

 

 

今年は差し決着であったが、

来年の福島牝馬もまた前残りを狙おうと思う。

 

さて、

 

今日も元気にチンコビンビン物語!

いつでもテンパイ即リー全ツッパ!

大穴狙いで逝くぜ~

 

■フローラS2017前日オッズ

netkeibaより抜粋

 

あれ?

 

フローレスマジックが2番人気?

 

なんか情報流れたのか?

 

それとも外枠が嫌われた?

 

あ、陣営から泣きのコメントが入ったからか?

しかし、陣営のコメントって

信頼出来る場合とそうじゃない場合があるけんな~。

 

で、ホウオウパヒュームが1番人気?

最初から2000mを狙ってるのは好感が持てるが休み明けですぞ?

あ、でも内枠はプラスだな。

 

データ分析でも書いたがフローラSは内枠が有利!

特に1~6番は「買い枠」である。

 

うぬー。

 

■フローラS2017展開予想

逃げ候補は
タガノアスワド
ヤマカツグレース
ラユロット

先行勢は
モズカッチャン
ザクイーン
ピスカデーラ

差し勢は
キャナルストリート
レッドミラベル
アドマイヤローザ
ディーパワンサ
アロンザモナ
フローレスマジック

追い込み勢は
ホウオウパヒューム
ドリームマジック
メイショウササユリ
ビルズトレジャー
ニシノアモーレ
レッドコルディス

うわっ!差し・追い込み勢が多いなあ・・・逃げ候補は内に入ったタガノアスワドか・・・この馬が逃げるとすればスローになると思われるが、突付く馬がいるかな?外枠のラユロットがムリして行くようならペース上がるかも?

 

ペースは1000m通過61~62秒のスローを想定

 

直線の上がり勝負で上がり3Fが34秒前後。

 

うーん。中距離で速い上がりを使えそうな馬を挙げておくか。

 

・モズカッチャン(小倉1800で34.2)
・キャナルストリート(東京1800で34.2)
・ホウオウパヒューム(東京2000で34.1)
・タガノアスワド(京都1800で34.2)
・ヤマカツグレース(阪神1800で34.2)
・ドリームマジック(東京1800で33.7)
・ニシノアモーレ(東京2000で33.8)
・レッドコルディス(阪神1800で33.8)

 

もちろん上がりタイムなんてのはペースにもよるし馬場にもよるし位置取りにもよるし、一概に比較は出来ない。しかし、こうやって見ると意外な馬が浮かび上がるよなー。特に33秒台の脚を持ってるドリームマジックニシノアモーレレッドコルディスあたりは超人気薄である。スローの瞬発力勝負になったら怖いぜ~。

 

■フローラS2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪眼スカウターによる油風呂ジャッジである。油風呂に入りながらジャッジしているので熱くてたまらん。あしからず。

【調子が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

キャナルストリート 南Wで36.7!!文句なし特A評価
ヤマカツグレース 1週前にCWで37.7。いい感じ!
アドマイヤローザ 意欲的に乗り込んで1週前に好時計!
ビルズトレジャー 今までの調教とは一変!特A評価!
レッドコルディス ハード調教三連発!変わり身注意!

フローレスマジックは丹念に乗り込んですごくいい状態だと思う。ただ、大目標はオークスであるからして、ここがメイチ仕上げではない。3着以内に入ればOKってデキだろう。能力は間違いなくトップクラス。ホウオウパヒュームも悪くない仕上げだが、元々南Wで37秒台が出る馬であるけんなあ・・・・。休み明けの分があると思うがどうだろうな。タガノアスワドは2週前に栗東坂路で51秒台の鬼時計を出しているが、その後時計が出ていないのが気になる。しかし、つばき賞は強い競馬だったけんな~。

人気馬ではアドマイヤローザが良く見えた。あとビルズトレジャーは今まで良くて39秒台の追い切りしか行ってなかったが、今回は一週前に37.6を馬なりで計時。一変している可能性があるので要注意である。大穴の特A評価がキャナルストリート。最終追い切りの内容だけみればこの馬が一番。メイチ仕上げである。あとヤマカツグレースレッドコルディスも侮れんぞ~~~。

 

さて、

 

狙いは内枠の先行馬。

 

それから速い上がりが使えそうな差し馬。

 

もちろん、

 

大穴もっこりケツ馬券で逝く!

 

■フローラS2017予想

 

◎モズカッチャン(11番人気)

ヤマカツグレースにするかビルズトレジャーにするかドリームマジックにするか悩んだが、

南・・・カッチャンで逝く!

選んだ一番の理由は至極単純で「枠」である。東京2000は内枠有利。過去のフローラSを見ても穴馬の活躍は1~6番がとても多いのだ。もちろん選んだ理由は枠だけではない。出走馬中2勝しているのは4頭だけ。前走勝ちも4頭だけ(内3頭は未勝利勝ち)。そのいずれにも当てはまるのはこの馬だけである。

また、前走は良馬場発表だがかなり時計の掛かる馬場で、同日同距離の古馬1000万下特別の時計が1:52.0。モズカッチャンの勝ちタイムが1:51.8。もちろん単純比較は出来ないが、それだけ馬場が重かったということだ。多くの競馬ファンは「時計」や「着差」は見てもその内容は見ない(だからレコード勝ちした馬は人気になるし、時計の掛かる馬場で勝っても人気にならないことが多い)。実はモズカッチャンの前走は結構レベル高かったのである。

調教内容がイマイチなのが気になるところであるが、最内枠で好位のインで脚を溜め、スローの瞬発力勝負になれば止まらない・・・そんな万馬券を当てる夢を叶えてよカッチャン。

相手はこれまた前々でしぶとそうなヤマカツグレース。前走で負けたカワキタエンカは桜花賞でぶっ飛ばして逃げながら7着だった馬である。君子蘭賞は意外とレベル高かったんじゃないかなー。相手は手広く。爆穴はドリームマジック!

 

○ヤマカツグレース

△ザクイーン

△キャナルストリート

△ドリームマジック

△アドマイヤローザ

△ビルズトレジャー

△アロンザモナ

△フローレスマジック

 

馬連 ◎流し @100円

三連複 ◎○流し @100円

 

馬連32,010円、三連複35,940円的中。

結果、払い戻しの詳細はこちら

 

カッチャン、まだ逝っちゃだめーー

 

 

【浅次郎のひとりごと】

角居勝彦調教師 騎手の乗り替わりが持つ意味を解説

なるほどなるほど・・・。

 

 

【福島牝馬S2017予想】福島芝1800mで行われる別定GⅢの福島牝馬S。割れた人気になりそうだが、当然大穴狙いで逝くぜ!展開的には逃げ・先行馬狙い!調教チェック特A馬は?メイチ仕上げの馬は?狙いは大穴ペイシャフェリス!相手にエテルナミノル!ヒモ穴にハピネスダンサー、デンコウアンジュ、ウエスタンレベッカ!

 

今日のメインは福島牝馬S。

 

いい感じに人気割れてんなー!

 

しかし・・・

狙っている馬が意外と人気になっちゃったから、

去年のような鬼の伝説馬券はムリかもしれんけど、

いつも通り大穴狙いで逝くぜ!

 

■福島牝馬S2017前売りオッズ

netkeibaより抜粋

 

予想通りクインズミラーグロが人気。

 

あれ?ウキヨノカゼが人気してるんだ・・・なんで?

まあ、確かに実力上位だし、その末脚は脅威であるが・・・

1200がベストの馬だと思うけどなあ。

 

いや、年齢を重ねてズブくなり、

距離が伸びて良くなるケースは確かにある。

前走の中山牝馬(1800m)で僅差6着が評価されてんのかな。

 

まあ、こういう脚質であるから、

突っ込んできて4~5着というのがオチのような気もするので、

 

バッサリ切りで。

 

 

確かにそうだけど、

 

これでいいのだ。

 

もちろんクインズミラーグロも・・・

 

来たらゴメンナサイあるよ。

 

さてさて、

 

展開見てみよ。

 

■福島牝馬S2017展開予想

逃げ候補は
ペイシャフェリス
クロコスミア
ウインファビラス
エテルナミノル

先行勢は
ウエスタンレベッカ
ギモーヴ
ハピネスダンサー
クインズミラーグロ

差し勢は
デンコウアンジュ
トウカイシェーン
フロンテアクイーン
ブリガアルタ

追い込み勢は
ウキヨノカゼ
ロッカフラベイビー
リーサルウェポン
タマノブリュネット

逃げ候補はペイシャフェリスかクロコスミア。両馬とも外目の枠を引いてしまったけんなあ。1コーナーまでは300mチョイ。ローカル競馬にしては長いがユッタリ先行争いが出来る距離じゃないからね~。多少ムリしてでも行くかな。番手にウインファビラスとエテルナミノル。クインズミラーグロは好位の5~6番手か?

 

ペースは福島1800らしく平均ラップを予想。

600m通過は35.5くらい。1000m通過は59~60秒位。

上がり3Fは35~36秒位の持久力戦。

 

狙いは、データ分析でも書いた通り・・・

逃げ、先行馬である。

後ろの馬は南斗水鳥拳じゃーー!

 

■福島牝馬S2017調教チェック

毎度であるからもう書かんとこうかと思うのだが、やっぱり勘違いする人がいるから書いておく。以下は管理人の毒断と変見と邪眼スカウターによるOH!透明人間になりたい~ジャッジである。透明人間になったら・・・あんなこともこんなこともうっしっし。

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

デンコウアンジュ 中一週で1本だけだが、順調。
ウエスタンレベッカ この馬も中一週だが前走より良さそう。
ウキヨノカゼ 順調。
ロッカフラベイビー 格下の馬だが調子良さそー!
ペイシャフェリス 強めで南W36.8。仕上がり抜群!特A評価
タマノブリュネット ダート馬であるが・・・仕上がり文句なし。

 

いやあ・・・今回は阪神牝馬S組のジャッジが難しいわ。中一週だから、ほとんどの馬が時計は1本だけ。一杯に追って時計を出してるデンコウアンジュとウエスタンレベッカを評価したが、調教が軽いからといってマイナスにはならんかもしれん。むしろクロコスミアやエテルナミノルみたいに軽めの調教の方がいいのかも。

特A評価はペイシャフェリス。元々南Wでは結構時計が出る馬ではあるが、それにしても36.8は好時計。前走からの上積みは大きいと思うぞ。距離延長が良い方向に出るかもしれんし、侮れんぞ~。

 

さてと。

 

■福島牝馬S2017予想

 

ペイシャフェリス(11番人気)

ペイシャフェリスの逃げに期待する。短距離戦や牡馬混同の重賞でも前に行けるスピードの持ち主。この距離、このメンバーなら楽にハナもしくは2番手が取れると思う。問題は距離・・・以前この馬はオークスや秋華賞にチャレンジするも惨敗。その後2015年の福島牝馬Sに使われるもこれまた惨敗。以降、専ら1600m以下の距離で走ることになるわけだが・・・小回りの1800mなら持つかもしれんぞ?前走の六甲Sを見てみよう。7番に注目。

阪神マイルらしいスローの瞬発力戦になったが、アスカビレン相手に最後まで際どい勝負。ゴール前で垂れたわけではなく、3着のケントオー以下には1馬身以上の差をつけており、この内容なら200m伸びても大丈夫なんじゃないかと思うな~。調教を見る限り、この馬が一番のデキ。距離不安で人気が落ちる今回が買いである!頼むぞー川須ー!

 

○エテルナミノル(6番人気)

△デンコウアンジュ(9番人気)

△クロコスミア(3番人気)

△ウインファビラス(5番人気)

△ハピネスダンサー(12番人気)

△ウエスタンレベッカ(15番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

三連複 ◎○流し @100円

 

行ったれ!ペイシャフェリス!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

内閣官房 国民保護ポータルサイト

こちらの「更新履歴」にある「弾道ミサイル落下時の行動について」を一読しておくべし。緊急時は誰しもがパニックになる。そういう時に自分を救うのは「冷静な判断力」である。そのためにも、最悪の状況を想定し「家に居る時はここへ避難」「会社に居る時はここへ避難」「サイレンが鳴ったら迷わずすぐ行動」などとシミュレーションしておくべし。「もしも」は起こり得る。もちろん起こらないに越したことはないが、一瞬の判断が命運を分けるのだ。

 

 

 

【フローラS2017予想オッズとデータ分析】東京芝2000mで行われるオークストライアルGⅡのフローラS。今年は良血フローレスマジックが人気を集めそうだが・・・データ分析では外枠より内枠が有利!脚質は先行有利!ただし穴馬は差しが多い!穴馬候補はアロンザモナ、ビルズトレジャー、ブラックスビーチ、ザクイーンなど。

 

ファンディーナはダービー?オークス?

オークスだとして人気はどうなる?

桜花賞で3着に敗れたソウルスターリングの人気は?

 

オークス戦線も混沌としているが、

 

フローラSから新星は現れるか?

 

1~3着までオークスへの優先出走権が与えれるぞ。

 

■フローラS2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

大挙22頭が登録しているが・・・

出走が確定しているのは5頭のみ。

 

賞金持ってない他の17頭は抽選である。

 

あの馬とあの馬は抽選通って欲しいなあ。

 

データ洗っとこ。

 

■JRAのフローラSデータ分析

JRAのデータ分析はこちら。

 

お!今回は枠順データやってるな!

(なんで毎回やらないのか謎)

 

「内枠有利」である。

 

東京2000mは外枠が不利ってのが定説。

 

何故か?

 

2コーナーまでの距離が短いのがその理由だが、

「外でコーナーを回ると距離損」

って単純な理由だけではない。

 

多くのコースで「最も速いラップタイムが出る」は200~400m地点である(もちろん例外もある)。スタート直後はスピードに乗るまで時間がかかるけど、ポジション取りが厳しい次の200~400mは大概メチャクチャ速くなるのである。

 

これは例えばであるが、先日の皐月賞のラップを見てみよう。

200~400mのラップは10.8であり、どの区間よりも速い。

ちょっとどころではなく、めちゃくちゃ速いのが分かると思う。

迫力のあるゴール前よりも全然速いのだ。

 

これは先日の桜花賞のラップタイム。

これまた圧倒的に「200~400m地点」が速い。

ビューン!と伸びているように見えるゴール前と2秒近くも違うのだ。

 

つまり、殆どのレースで「200~400m地点」が最も厳しいラップなのであり、見た目以上に・・・というより極限状態に近いスピードが出ているのである。

 

「なんで好スタートしたのに、前に行かないんだゴラァ!」

 

と我々素人は思ってしまうが、極限状態である「200~400m地点」で加速するかどうかは最後の伸びに直結するのであり、先行馬であれ差し馬であれ・・・出来るだけこの地点で他馬と争いたくないのである(出来るだけ楽にポジションを取りたい)。

 

で、東京2000に戻る。

 

東京2000は「200~400m地点」が2コーナーなのである。外枠の先行馬はムリしてでも行くしか無いし、内枠の先行馬は楽にポジションが取れる。ムリすればそれが後になって祟るのであり、楽出来れば脚も溜まるってわけ。

 

だから、内枠有利、外枠不利となる。

 

ただし、外枠に入ると逆に諦めも付くわけで、この「200~400mで楽をする」という選択肢を選べば良い。この選択をすると高い確率で「速い上がり」を繰り出すことが出来るのだ。よく「いつもズブい先行馬」が、出遅れたおかげでキレ味鋭い末脚を発揮することがあるが、これは「200~400mで楽をした」結果なのだ。

 

外枠でも差しに徹すれば・・・

広いコースと長い直線を利して好走することも可能。

 

特にフローラSは「2000m」は、

 

こんなの初めて!

 

 

って馬が多く、スローになりやすい。

スローになれば瞬発力上位の差し馬が台頭することもままあるぞ。

(前残りになることも多々あるけど)

 

「浅次郎さん、何が言いたいのかよく分かりません」

 

うむ。私も乳首の画像以外よく分からん(笑)。

 

とにかく、

 

先行馬なら内枠が買い!外枠はマイナス!

差し馬なら内枠でも外枠でもOK!

 

ってこと。

 

■フローラS過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2016年 18→11→6(18頭立て)
2015年 5→6→1(17頭立て)
2014年 2→517(18頭立て)
2013年 12→10→6(18頭立て)
2012年 6→10→5(18頭立て)
2011年 81→5(17頭立て)
2010年 15→5→14(15頭立て)
2009年 16→12→15(18頭立て)
2008年 8→414(18頭立て)
2007年 2→3→10(17頭立て)

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~29.9倍、ピンク:30倍以上

今回、帽子の色ではなくオッズで色を塗ってみた。内枠有利ってのはもうわかってることだしな。で、穴馬の枠を見てみると・・・圧倒的に多いのが1~6番。極端なことを言ってしまえば、

 

穴馬は1~6番に入った馬を狙え!

 

である。最低でも8番までかな?

 

■フローラS過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2016年 8→7→8
2015年 2→3→7
2014年 13→310
2013年 5マクリ→5マクリ→10
2012年 7→2→2
2011年 135→4
2010年 2→1→3
2009年 3→7→5
2008年 3→18
2007年 12→8マクリ→1

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~29.9倍、ピンク:30倍以上

脚質を見ると4角1~5番手が17/30、6~10番手が10/30、11~18番手が3/30・・・と基本的に前有利。差し馬も来るが、中団の真ん中まで。イメージ的に東京は差しが強いような気がするが、フローラSは前残りの競馬が多いのである。これは開幕馬場が影響している部分もあるんだろうねー。

 

しかし2016年や2013年のように「差し→差し→差し」で決まる年もあるし、2014年のように「差し→先行→差し」なんて差し優位の年もある。あまり前有利と決めつけない方がいいかもしれん。

 

人気を見ると・・・爆穴の脚質は「差し」であることが多いな。しかし、2012年のダイワデッセー(単勝156.0倍)は番手の競馬から3着に粘り込んだし、2011年のマイネソルシエール(単勝199.1倍)は5番手からの競馬で2着・・・いずれも内枠だった。穴馬は脚質よりも枠かもしれん(笑)。

 

ケツデータ論。

・内枠有利!穴馬は1~6番から!

・先行有利。差しは真ん中まで。穴馬は差し!

・意外と荒れる!

 

穴馬候補を挙げておく。ただし、抽選に漏れる可能性もある。あしからず。

 

まず、アロンザモナ。桜花賞の惨敗で人気急落。しかも中一週。距離不安もあり、厳しいローテ・・・と思ってしまうところがカニ味噌。紅梅Sは重い馬場で厳しいペースを先行して勝ちきっており、能力があるのは間違いない。もしかしたら・・・中距離馬かもしれんじゃないか(笑)。

 

それからビルズトレジャー。一線級の牡馬が集まるホープフルSで7着、共同通信杯で7着。なんとなく中途半端な成績で人気にならないと思われるが、この馬・・・この両レースで大きく出遅れているのである。もちろん今回も出遅れる可能性はとても高いわけだが(これまで4戦全て出遅れ)、能力的にはトップクラスだと思う。血統を見れば祖母メジロドーベル。産駒に目立った活躍馬はいないが、底力は秘めていると思うぞ。

 

後はブラックスビーチ、ザクイーン、ドリームマジック、アンネリースなども気になるが・・・いずれにせよ枠順が出てからである。

 

フローレスマジックは抜けて強い可能性あり。押さえは必要だろうね~。

 

結論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

浅次郎のどんぶりPOG

皐月賞を制したアルアインを持っていたのはTETSUさんのみ!これで一気にトップに躍り出た!しかしまだNHKマイルC、オークス、ダービーと大レースが続くので何があるかわからんぞー!特にフローレスマジックを持って方は今週のフローラSの結果如何であるなー。ここを勝ってオークスも勝つようならまだまだ!・・・でもGⅠ出走の可能性がない方は残念ながら終戦かな(笑)。次年度のPOGの用意をしておくように!

 

 

【天皇賞春2017予想オッズ】京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞春。今年の注目は何と言ってもサトノダイヤモンドとキタサンブラックのリターンマッチ。1番人気はドッチだ?続いてシュヴァルグラン、ゴールドアクター、シャケトラあたり。穴馬候補はカレンミロティック、レインボーライン、ディーマジェスティ、アドマイヤデウス。

 

大阪杯がGⅠになって、

 

春の天皇賞が廃れるんじゃね?

 

と危惧しているのだが・・・

 

その大阪杯勝ち馬のキタサンブラックが参戦!

 

大いに盛り上がるな!

 

と言っても、大阪杯組はこの馬だけ。ステファノスやヤマカツエースはしょうがないとしても・・・マカヒキ、サトノクラウン、ミッキーロケットあたりも春天に出走してくれたらもっと面白くなるんだが。

 

さてと。

 

■天皇賞春2017登録馬

netkeibaより抜粋

 

何と言っても注目は

サトノダイヤモンドvsキタサンブラックですなあ。

 

他、見どころは・・・

 

ゴールドアクターの巻き返しあるか?

シュヴァルグランの初GⅠがあるならココって気も?

新鋭シャケトラに未対戦の魅力?

菊花賞2着のレインボーラインは?

長距離ならアルバート?

去年爆穴を開けたカレンミロティックは?

ディーマジェスティはもう終わったのか?

オオアナアサジローの馬券は今回も当たらないのか(笑)?

 

さて、オッズを予想しておこう。

 

■天皇賞春2017予想オッズ

天皇賞春2017予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 サトノダイヤモンド 2.8倍
2番人気 キタサンブラック 2.9倍
3番人気 シュヴァルグラン 8.1倍
4番人気 ゴールドアクター 9.3倍
5番人気 シャケトラ 14.5倍
6番人気 アルバート 18.8倍
7番人気 レインボーライン 23.7倍
8番人気 ディーマジェスティ 29.0倍
9番人気 トーセンバジル 38.4倍
10番人気 アドマイヤデウス 45.6倍
11番人気 ラブラドライト 47.4倍
12番人気 ワンアンドオンリー 55.2倍
13番人気 カレンミロティック 77.5倍
14番人気 タマモベストプレイ 95.4倍
15番人気 スピリッツミノル 121.6倍
16番人気 ファタモルガーナ 135.7倍
17番人気 ヤマカツライデン 146.4倍
18番人気 プロレタリアト 200.5倍

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

 

1番人気と2番人気は微妙である。競馬マスコミの報道や直前のコメントや枠順や調教次第によってどうなるかわからん。いずれにせよこの2頭が抜けると思うが・・・現時点では、

 

サトノダイヤモンドが僅差で人気になると思う。有馬記念の直接対決で負かしている事実が重いからだ。さらに前走は王道ローテの阪神大賞典。これを余裕の仕上げで完勝したわけだから、ローテ的にも完璧。秋には凱旋門賞遠征も見据えており、ココで負けるわけには行かぬ・・・といったところであろう。今後の競馬界を背負う馬であり、負けて欲しくないが、馬券は別である(笑)。

 

もちろんキタサンブラックが1番人気になる可能性もある。昨年の勝ち馬であり、菊花賞馬。距離に不安はなく、京都も得意。何と言ってもその安定感が魅力で多くのファンがこの馬を軸に馬券を買うと思う。前走の大阪杯もまだメイチ仕上げじゃなかったしね。連覇あるか?

 

3番人気は虎視眈々と王座を狙うシュヴァルグラン。昨年の当レース3着馬であり、ジャパンカップでも3着。今年は阪神大賞典でサトノダイヤモンドに完敗の2着だったが、この馬とてメイチ仕上げではなかった。成長力に定評があるハーツクライ産駒。まだまだ強くなるとすれば逆転の目もあるかもよ。オッズほどに能力差はないんじゃないかな。

 

4番人気はゴールドアクターってあれ?吉田隼じゃなくて横山典?昨年結果が出なかったから乗り替わりってことか・・・うーん。ジョッキーの世界が厳しいのは百も承知だが、個人的には吉田隼に乗り続けて欲しかったなあ。人気が落ちたら買いたい馬(笑)。

 

5番人気は遅れてきた大物?日経賞を勝ったシャケトラ。この馬、昨年の6月デビューでまだキャリア6戦。それで天皇賞の前哨戦を勝ってしまったのだから潜在能力はかなりのもんがあると思う(斤量差があったとはいえ)。成長途上で更に強くなっているとしたら・・・?

 

以下、アルバート、レインボーライン、ディーマジェスティと続く感じになると思うが、馬券が売れるのはこの辺までだろう。

 

今回はさすがにチンコ堅ぇ!

 

と判断する競馬ファンが多くなると思う。

 

しかしケツ馬券師である私はもちろん大穴狙いで逝く。昨年だってゴールドアクターとキタサンブラックで堅いと言われながら13番人気のカレンミロティックが2着に来たではないか(私の印は▲だった)。

 

そろそろケツ神様が降臨する・・・

 

かどうかはわからんが、

 

なんとなくムラムラするな(笑)。

 

 

何が起きるかわからんぞ。

 

大穴候補を挙げておこう。

 

まずはそのカレンミロティックである。もう9歳だし、6ヶ月の休み明けだし、昨年の天皇賞春以降は惨敗続きだし、おそらく今回も人気になるまい。しかしこの馬・・・京都が大得意で京都の戦績は【1.3.4.4】。圏外の4回は全て未勝利・500万下時代のものであり、1000万条件以上では一度も馬券圏外に飛んでいない。つか、2年連続で天皇賞春で馬券になっているのであるからして、穴馬としての資格は十分過ぎるほどである。去年だって「もう無い」と思ってたファンが多かったと思うが、それでもスタコラサッサーと来たではないか。今年もキタサンブラックのペースになる可能性大である。天皇賞春はリピーターレース。もう一回・・・あるかもしれんぞ?

 

それから人気がどうなるか微妙だがレインボーラインを挙げておく(鞍上ミルコならもしかして4~5番人気になるかもしれんけど)。この馬、マイルもこなすし、長距離もこなすし、軽い馬場も重い馬場もこなすし・・・未だにキャラが良くわからんのだが、おそらくはハイラップが得意な持久力型。スローの瞬発力戦だと分が悪いかもしれんが、京都の坂からのロングスパート合戦になれば鬼脚を繰り出すかもしれん。菊花賞ではサトノダイヤモンドに決定的な差をつけられたが・・・今回さらに200m伸びるけんな。何があるかわからんぞ?

 

ディーマジェスティはもう終わった・・・と見る向きが多いが私はそう思っていない。実際に皐月賞でサトノダイヤモンドを負かしており、ダービーでも僅差。ちょっとしたキッカケで復活すると思うけどな。ただ、もしかしたらこの馬2000以下の馬かも?リアルスティールとかステファノスとかアンビシャスとかと同じようなディープインパクト産駒かもしれん。

 

爆穴にアドマイヤデウス。GⅠでは足りない馬であるが・・・去年の京都大賞典ではキタサンブラックと僅差の競馬をしている馬である。頭は無いかもしれんが2~3着のヒモ穴に一考。

 

ま、堅いかもしれんが、それはそれで良し。

 

競馬を楽しめればそれでいいのだ。

 

データ分析や調教チェックは後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

もし北朝鮮の核ミサイルで攻撃されたら?

 

 

私は幸福実現党の一味でもなんでもないが(笑)、こういう動画で平和ボケした日本人の危機感を煽るのは賛成である。実際、北朝鮮の核ミサイルが東京に飛んで来る可能性はゼロではない。そして、飛んできた時点でジ・エンドである(ミサイル防衛システムは役に立つのか不明である)。この可能性が仮に1%あるとすれば、それを0.1%にするのが政治家の役目であり、出来れば飛んで来る前に発射元を攻撃できるようにしておかなければならない(これは侵略ではなく自衛である)。そのために最も必要なのが憲法改正。改憲反対の人達は北朝鮮の核リスクについてどう考えているのだろうか?日本が平和憲法を守れば、中国や北朝鮮が大人しくなるのだろうか?

 

日々、肉棒が疲れている方へ。マジで効く渡り鳥パワー。