【京成杯2017予想オッズ】中山芝2000mで行われる別定の3歳戦!サーベラージュが人気になるようだが、当然大穴狙いで逝くぜ!データ分析によると、内枠より外枠有利。脚質は年によって前残り決着か差しマクリ決着になる感じで展開決め打ちが良さそう。狙いの穴馬はサンティール、バリングラ、オールザゴー、そしてメリオラ。

 

フェアリーSを豪快に差し切った・・・

 

ライジングリーズンは10番人気の大穴であった。

 

 

その前走は東京のアルテミスSで13着惨敗。

しかし前々走の新馬戦は、

稍重の中山マイルで好位から快勝していたのだ。

 

中山好走→東京惨敗→中山好走

 

こういう開催代わりで爆走する馬は少なくないのであり、

穴狙いの基本である。

(これは阪神→京都→阪神でも同じ)

 

個人的には、

ブログでライジングリーズンを「調教特A」に挙げてただけに痛恨であるが、

こういう大モッコリ馬をケツ狙い出来るようになりたいものである。

 

さて、今日は京成杯の考察。

 

■京成杯2017予想オッズ

 

一番人気は1戦1勝のサーベラージュ。

堀厩舎の期待馬で新馬戦の内容はピカイチであった。

 

 

ぬうう。

 

能力が違うと言わんばかりのパフォーマンス。

されど、この時はドスローの瞬発力戦であり、

舞台が大きく変わる今回・・・同じ競馬が出来るとは限らんぞ。

 

しかしこの馬・・・なんでホープフルSに使わなかったんだろう?

 

データ見てみよう。

 

あんまり役に立たんが、JRAのデータ分析はこちら。

 

浅次郎の分析は、いつも通り枠と脚質のみである。

 

■京成杯過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2016年 4→3→1(15頭立て)
2015年 1775(17頭立て)
2014年 121611(16頭立て)
2013年 6117(12頭立て)
2012年 8157(16頭立て)
2011年 2→105(16頭立て)
2010年 1341(13頭立て)
2009年 6→2→11(13頭立て)
2008年 11515(16頭立て)
2007年 107→2(12頭立て)

白2、黒4、赤4、青4、黄3、緑5、橙2、桃6

内回りでコーナー4回の中山2000m・・・コース的には内枠が有利そうであるが、このレースはどっちかと言えば外枠(特に大外枠)の方が成績が良い。中山開催も2ヶ月目に入るし、冬の芝は時計が掛かりがちだし・・・内より外の方がいいのかもしれん。ちなみに、先週日曜日も外枠の馬がガンガン馬券になっており、あまり「内枠」「外枠」を意識しない方がいいかもしれん。

 

■京成杯過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2016年 33→13
2015年 12→7マクリ→10
2014年 8→6マクリ→10
2013年 5マクリ→8マクリ→2マクリ
2012年 6マクリ→11→2
2011年 4→82
2010年 3→1→9
2009年 2→6→1
2008年 9→15→9マクリ
2007年 1→5→7

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~29.9倍、ピンク:30倍以上

年によって傾向がハッキリしているレースであるな。「前残り決着」「差しマクリ決着」か・・・である。巷の脚質データ分析だと「年ごとの傾向」は無視されて「前有利」だの「差し有利」だのと言われるが、大事なのは「年ごとの傾向」である。

昨年は前半スローからのロングスパート合戦となり前の馬が残ったが、近年は「差し、マクリ決着」であることが多い。いずれも時計の掛かる馬場での持久力勝負。軽い瞬発力系の馬よりパワー系で長く脚を使えるタイプを狙いたい(軽いタイプの瞬発力系は共同通信杯やきさらぎ賞に回ることが多い)。

これまた「荒れる年」と「荒れない年」がハッキリしているが、頭は比較的堅い傾向にあるな。穴党も2~3着のヒモ荒れ狙いがいいかもしれん。

 

ケツデータ論。

・内枠より外枠

・前残り決着か差しマクリ決着か

・荒れる時は荒れるけど基本堅い

 

現時点での穴馬候補を挙げておく。

まずサンティール。前走は未勝利戦。中山1800を1:49.5で走破。時計的にも優秀だが、レース振りがこれまた優秀。好位追走から直線サッと抜け出して突き放した。

ハービンジャー産駒なんで中山向きのパワータイプだろう。距離延長も気にならないから後は相手関係だけ。吉田勝己の個人所有馬だけに人気薄でも不気味。

 

それから堀厩舎のバイアグラ。

 

 

じゃなかった(ブホッ!)、バリングラ。ジュニアカップからの連闘となるので出走してくるかどうか分からんが・・・出て来るようなら勃起チェックである。じゃなかった(笑)、要チェックである。前走は「調教」と割り切ってしまえば悪い内容ではない。4コーナーで手応え悪そうに見えて最後までしぶとく伸びたように、距離延長はプラスになると思う。

 

爆穴にオールザゴー。自己条件(白梅賞)に行くかもだが、この馬・・・マイルの瞬発力戦より中距離の持久力戦の方が向いてると思う。

母は2歳から活躍したアルーリングボイス。遠征してくるようなら要チェック。

 

一つ疑問に感じているのが、

「今年のホープフルSのレースレベル」である。

 

確かに勝ったレイデオロは別格かもしれん。

 

しかし2着のマイネルスフェーンは初勝利に6戦を要した馬であり、4着ベストリゾートも重賞実績どころか特別実績もない。ともに出遅れて後方からの競馬であったが・・・1000m通過が60.3というハイペースがハマっただけだったのではなかろうか?※この日の中山はかなり時計の掛かる馬場であった。

 

もちろん、今回も同じベクトル(力の要る馬場での持久力勝負)でのレースになるわけであり、2頭とも有力なのは間違いない。しかしホープフルS時のようなハイペースになるとは限らんわけで、ホープフルS組が人気ほどに実力が抜けてるわけではないと思う。

 

むしろホープフルS組で浅次郎のチンコレーダーに引っかかるのは・・・前々で競馬して最後まで粘ったメリオラ。この時休み明けであったし、新馬戦で負かしたのは東スポ杯2着のスワーヴリチャード。展開次第で面白い一頭だと思うけどな。

 

結論は週末!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

松山英樹がトップ5へ肉薄 「0.0168pt」差に迫る/男子世界ランク

松山君はすげえなあ・・・。今年は本当にメジャー取るかもしれんぞ。オッズ的には美味しくなくなったけど(笑)。今年は・・・一度でいいから80切りを達成するぜ!

 

あ、誰かバイアグラ使ったことある人・・・いる?