【ダービー卿CT2016予想】中山芝1600m外回りで行われるハンデGⅢ。休み明けの実力馬と新興勢力が激突!人気はサトノアラジン、ダッシングブレイズであるが、今回ハンデ戦だけにどの馬にもチャンス有り!外枠不利?内枠より中枠?穴は先行馬?追い込み馬?大穴候補は・・・テイエムタイホー、フラアンジェリコ!

 

春の甲子園で

応援していた秀岳館(熊本)がベスト4で散った。

 

よく頑張ったが・・・

しかし熊本の高校なのに熊本出身の選手はゼロらしい・・・

今時の高校野球はどないなってんねーん。

 

■ダービー卿CT2016予想オッズ

ダービー卿CT2016予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

まだ、出走馬が確定してないし、

枠順も出てないので何とも言えんが、

これは面白いレースになりそうだ!

 

まず、中山マイルだから外枠は圧倒的に不利?

 

過去データによると、

 

■ダービー卿CT過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2015年 10→9→4
2014年 216→9
2013年 13→5→10
2012年 8→10→9
2011年 3→5→4(阪神開催18頭立て)
2010年 7→8→3
2009年 4→12→5(15頭立て)
2008年 16→5→14
2007年 10→31
2006年 11→10→5

内枠(1~2枠)を灰色で、外枠(7~8枠)をピンクで塗ってみたが、意外と・・・内枠が圧倒的ってわけじゃないな。確かに3勝しているが2011年は阪神開催のものだから外して考えると2勝。まあ・・・よく馬券に絡んではいるが、数で言えば中枠の方が圧倒的に多く、内枠だから大幅プラス!とは考えない方がいいかも。外枠も2勝を挙げているが、これはやっぱり不利だな。外枠はマイナス評価でいいと思う。

 

脚質を見てみよう。

 

■ダービー卿CT過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2015年 13→8→13
2014年 4→38
2013年 1→11→5
2012年 9→1213
2011年 1→4→7
2010年 2→1→4
2009年 6→24
2008年 1→32
2007年 71015
2006年 7→4→2

印象としては、圧倒的に先行有利。しかしこれ・・・年によって(展開によって?)変わる感じで、2015年、2012年、2007年は差し勢決着。他の年は大概先行勢での決着であり、2013年のような逃げ→差しみたいなケースはレアケースであるな。

で、人気薄の馬がどんな脚質なのか・・・6~10番人気の馬をで、11~16番人気の馬をピンクで塗ってみた。こうやって見ると一目瞭然だが、1着はわりかし堅い馬が来て、2~3着は人気薄が突っ込んで来るレースであるな。で、人気薄の馬は基本的に、前か!後ろか!ですな。4角3番手以内で先行出来るか?後方ズドンの馬か?

 

今の中山は適度に力のいる重めの馬場である。中山適正にも注意したい。

 

現時点での穴馬候補を挙げておく。

 

まず、インパルスヒーロー。昨年の3着馬であり、昨年と同じ東風Sからのローテ。おそらく人気にならんだろうが、中山マイル適正は高いぞぉ!

 

次に、テイエムタイホーである。前走の小倉大賞典を目隠ししてSMプレイしてみれば、京都金杯2着→東京新聞杯5着。中山マイルにピッタリの先行脚質であり、重い馬場もおそらく得意である。京都金杯の時は、阪神C16着から巻き返した馬。一発あるかもよぉ?57kgはちょっと見込まれたけど。

 

それから、フラアンジェリコ。中山マイルは【2.2.0.4】。昨年の京成杯AHの勝ち馬であり、大穴にピッタリの追込み脚質である。もう8歳であるし、近走も惨敗続きであるが、これまた近3走を目隠ししてSMプレイしてみれば意外と買えるんじゃね?マイルに戻っての一変に期待。超ハイペースの持久力戦になれば面白い一頭だぞ!

 

ロゴタイプの取捨に迷うな・・・

押さえておいた方が良さそうだが、58kgだしなあ。

 

後は枠順と調教見てからやな。

 

特に枠順見らんと何とも言えんわ。

 

フラアンジェリコ画像

 

【浅次郎のひとりごと】

大谷2戦連発、左中間へ2ラン

この打球が打てるなら今年は10本と言わず20本打てるかもしれんな。しかし、大谷くんは、背は高いし、頭はちっちぇーし、顔はかっこいいし、投げれば160kmだし、打てばホームランである。私なんて足は短いし、頭はデカイし、ハゲてきたし、腰は痛いわ、目は悪くなるわ、競馬の予想をすればハズレッパナシである。

 

世の中、不公平であるな。

 

でも不公平だからこそ、

親にもらったこの体とこのデカイ頭で、

懸命に生きていかんといかんな。

 

 

 

【大阪杯2016予想】阪神芝2000m内回りで行われる別定GⅡの大阪杯。これを2017年にGⅠ昇格させるって話が上がってるみたいだけど、みんなはどう思う?人気はラブリーデイ、アンビシャス、キタサンブラック、ショウナンパンドラ!豪華なメンバーになったが、穴馬の出番はあるか?ちょっと大穴狙いは厳しいかな?

 

大阪杯をGⅠにする!

 

という話が出ている(→JRAが大阪杯のGⅠ昇格を検討。来春にも)。話が出ているってことはもうほぼ決定事項なんだろうけど、この件、どんぶり読者はどう思うであろうか?色んな意見があっていいが、

 

私は非常に疑問なのである。

 

なぜなら、

 

・天皇賞春を目指す馬が居なくなるだろ!

・中距離のGⅠを作るなら1800だろ!

・他にやることがあるだろ!

 

と思うからである。断言するが、大阪杯をGⅠにしてしまうと天皇賞春に向かう馬は激減するぞ?多くの一流馬が「大阪杯」→「宝塚」のローテを取ることになるであろう。天皇賞春は一部のGⅡ~GⅢクラスのステイヤーだけが参加するレースになる。ただでさえ、最近の一流馬は海外志向(ドバイや香港に向かう)なのである。ここに大阪杯という選択肢が増えると、さらに天皇賞春はショボーイレースになってしまうと思う。

 

「長距離GⅠはもう要らないんじゃね?」

 

という見方もあるかもしれんが、管理人はこの意見には賛同しない。長距離血統が残るからこそ競走馬はバランスが取れるのである。典型的な例が「ステイゴールド×メジロマックイーン」の黄金配合である。メジロマックイーンはお世辞にも種牡馬として成功したわけではなかったが、母父としてオルフェーヴルやゴールドシップといった超がつく大物を出した。そしてその血が後世に受け継がれているくのである。マイラーやスプリンターばかりになってもいいのか?スローのヨーイドンばかりの競馬でいいのか?管理はそうは思わない。そして長距離血統を残すためには、格の高い長距離GⅠは必要なのである。

 

それから、もし中距離GⅠを作るなら1800にして欲しい!つか、

 

毎日王冠をGⅠにしろ!

 

と言いたい。毎年のことだが、毎日王冠はかなりハイレベルである。中距離馬とマイラーと夏の上がり馬が激突する非常に面白いレースなのである。天皇賞秋の前哨戦という位置づけではなく、サマーシリーズの最終戦という位置づけでもいいじゃないか。GⅠにすればさらにレベルが上がると思うけどな。そして、競走馬の中には「マイルは短いけど2000は長い。ベストは1800」って馬が結構いるのである!現時点ではこれらの馬が目指すGⅠがないのである。例えば、リアルスティール。あの馬は1800ベストだと思うぞ(笑)。

 

そんで、大阪杯のGⅠ昇格より、先にやることが山程あるだろ!と思う。

 

・3歳ダートGⅠの創設

・2歳GⅠの変革(朝日杯はこのままでいいのか?)

・古馬牝馬路線の整備

・国際GⅠの整備

 

などである。そもそも!この時期には「ドバイ」があり、香港の「クイーンエリザベス2世C」があるのである。中距離路線の馬はソッチを目指せばいいではないか?それらと被るようなGⅠが果たして必要なのか・・・?「近年はドバイや香港など、春に海外遠征を行うケースが増加していた」ってJRAは言ってるようだが、それでいいんじゃね?国内にこだわる必要ある?

 

なんかJRAのお偉いさん方って「JRAの売上」ばっかり考えているような気がするな。いや、もちろん売上を考えるのは必要である。しかし、その前に競馬ファンがいるのであり、競馬ファンがいないと競馬は成り立たないのである。であれば、一番に考えるべきは「競馬ファンの目線」であり、「大阪杯をGⅠにすれば売上増えるんじゃね?」といった議論ではないと思う。

 

「天皇賞春を大事にしてもらいたい」

「日本馬の海外での活躍が見たい」

 

これは競馬ファンの声だと思うのだが、どうであろう?

 

というわけで、

 

管理人は大阪杯のGⅠ昇格は必要ないと思っている。

 

この時期の国内GⅠは

天皇賞春でいいじゃないか!と思っている。

海外にドンドンチャレンジして欲しい!と思っている。

 

もちろん大阪杯がGⅠになったら、

 

喜んで予想するのであるが(笑)。

 

意見があったらコメント欄にどぞ。

 

■大阪杯2016予想オッズ

大阪杯2016予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気は昨年GⅠ2勝を挙げたラブリーデイ。

2番人気は中山記念でドゥラメンテとリアルスティールの間に入ったアンビシャス。

 

以下、菊花賞馬のキタサンブラック。

ジャパンカップを制したショウナンパンドラ。

女傑ヌーヴォレコルトに皐月賞馬のイスラボニータ。

 

ハイレベルな一戦になりそうだ。

 

いつものように枠と脚質のデータを洗ってみよう。

(前走実績などのデータが知りたい方はJRAのデータ分析を)

 

■大阪杯過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2015年 3→7→4(14頭立て)
2014年 7→3→4(8頭立て)
2013年 5→3→7(14頭立て)
2012年 11→6→2(12頭立て)
2011年 8→1315(15頭立て)
2010年 11→6→8(12頭立て)
2009年 8→11→2(12頭立て)
2008年 98→6(11頭立て)
2007年 3→10→6(11頭立て)
2006年 5→3→12(12頭立て)

阪神2000mは内回りコースである。中山ほどの高低差はないが、スタート後が登りでスローになりやすい点、直線が短く先行有利な点など似ている点は多い。内回りコースでコーナー4回とくれば内枠が有利そうに思えるわな。しかし、実際はそうではなく、外枠の馬もバンバン馬券になっている。まあ・・・外枠といってもフルゲートの大外とは大違いだけどな。

 

で、普通に考えれば「先行有利」であるのだが・・・

 

■大阪杯過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2015年 1112→4(14頭立て)
2014年 8→2→5(8頭立て)
2013年 6マクリ10→3(14頭立て)
2012年 12→3→1(12頭立て)
2011年 6→129(15頭立て)
2010年 4→88マクリ(12頭立て)
2009年 6→4→10(12頭立て)
2008年 1→3→2(11頭立て)
2007年 4→1→8(11頭立て)
2006年 85マクリ→2(12頭立て)

頭数を半分で割って後ろの馬を赤で塗ってみたのだが(マクリの馬含む)、ご覧の通り、前後互角である。ただ、近年は後ろの馬が多く馬券になっており、前の馬の中には「まくり」とは言えないまでも早めに動いた馬が結構含まれている。中団から4コーナーで進出する感じ。過去10年の勝ち馬を見てみると・・・

大阪杯過去10年勝ち馬

逃げて勝ったのはダイワスカーレットのみ。先行勢ではメイショウサムソン、テイエムアンコールくらいなのである。

 

というわけで、先行有利というよりはむしろ・・・差し有利、マクリが効く馬有利である。

 

ケツ論。

・枠順はあまり気にしなくていい。外枠が若干有利。

・前後互角。どちらかと言えば、差し、マクリ有利。

 

という前提で、人気馬を見てみると・・・ラブリーデイ、キタサンブラック、ヌーヴォレコルトはちょいと減点。アンビシャス、ショウナンパンドラの方が面白そうやな。特にアンビシャスはGⅢ勝ちしかないので56kg。中山記念の走りを見る限り、ここでも十分通用すると思う。

 

個人的には、人気馬の中ではショウナンパンドラを押す。有馬記念を自重したのが好印象で仕上がり具合も良さそう(池添「動ける体勢です」)。宝塚記念3着、オールカマー圧勝があるように、重い芝も小回りも問題なし。

 

もちろんラブリーデイも有力であるが、目標は次の香港(クイーンエリザベス2世C)である。まだ余裕残しという話もあるが(ラブリーデイ余裕残しも王者の風格)・・・状態を見極めたいな。

 

イスラボニータは、中山の皐月賞を勝ったが東京・京都などの軽い芝向きだと思う。・・・もちろん能力的にはココでも十分通用するが(昨秋の天皇賞秋3着。4着がショウナンパンドラ、5着がアンビシャスである)、阪神2000は正直微妙だなー・・・。しかし、それにしても人気落ちすぎだろ。上手く立ち回れば馬券圏内十分。前走の負けは無視していいと思うぞ?→レース後も全く息が上がっていなかった。全く走っていない。

 

ヌーヴォレコルトも当然上位の一頭。ショウナンパンドラとの比較だとちょっと分が悪いが・・・今回54kg(オールカマー時は同斤量であった)なので十分逆転可能である。タッチングスピーチは4歳牝馬世代トップクラスの馬であることは間違いないが・・・さて牡馬一線級とやれるかどうか?

 

大穴候補を挙げるのは難しいが(多分上に挙げた馬達で決まるであろう)、一頭挙げるならマイネルラクリマ。1年4ヶ月の長期休養明け2戦目。現在日曜日の近畿地方は「曇り時々雨(降水確率50%)」となっているが、雨がワシワシ降るようなら面白い存在だ。

 

あ、重馬場になるようなら、ショウナンパンドラ、タッチングスピーチ、ヌーヴォレコルトや牝馬勢はみんな道悪得意だぞ!

 

さて・・・もしかしたら大阪杯はケーン!かもしれん。

 

ケン

※コメント欄に質問があったのだが、ケーン!とはケンシロウのことではなく、ケン(見。ギャンブル用語。馬券は買わずに見るだけ)のことである。

 

買うなら、相手を絞って1点か2点。

 

馬場、調教を見極めてから決めたい。

 

しかしこれ・・・もしかしたらアンビシャスが1番人気になるかもしれんな。

 

ショウナンパンドラ画像1

 

【浅次郎のひとりごと】

15歳少女監禁、2年間の実態

許せん。

法で裁けんのならケンシロウを派遣したい。

 

【桜花賞2016予想オッズ】阪神芝1600m外回りで行われる牝馬クラシック第一弾桜花賞。今年はメジャーエンブレム断然の人気になりそうだが、果たしてこの馬で堅いのだろうか?現時点での穴馬候補は・・・デンコウアンジュ。それからウインファビラス、ブランボヌール。チューリップ賞惨敗組を狙いたい。

 

さて、

 

いよいよクラシックですなー!

 

まず、桜花賞。

 

とりあえず登録馬を見ておこう。

 

■桜花賞2016netkeiba予想オッズ

桜花賞2016予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

もっとメジャーエンブレムの人気が抜けると思うけどな。

 

優先出走権

チューリップ賞1~3着
・シンハライト
・ジュエラー
・ラベンダーヴァレイ

フィリーズレビュー1~3着
・ソルヴェイグ
・アットザシーサイド
・キャンディバローズ

アネモネS1~2着
チェッキーノ(登録なし)
・アッラサルーテ

以下賞金順

・メジャーエンブレム
・ウインファビラス
・ビービーバーレル
・ブランボヌール
・デンコウアンジュ
・レッドアヴァンセ
・メイショウスイヅキ

ここまで14頭。500万下勝ち8頭は抽選ですな。
フルゲート18頭なので4/8の確率。

 

オッズを予想しておく。

 

■桜花賞2016予想オッズ

桜花賞2016予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 メジャーエンブレム 1.5倍
2番人気 シンハライト 4.6倍
3番人気 ジュエラー 5.1倍
4番人気 レッドアヴァンセ 13.4倍
5番人気 ラベンダーヴァレイ 15.3倍
6番人気 ウインファビラス 16.7倍
7番人気 アットザシーサイド 23.8倍
8番人気 デンコウアンジュ 27.6倍
9番人気 ソルヴェイグ 33.4倍
10番人気 ブランボヌール 37.0倍
11番人気 ビービーバーレル 45.8倍
12番人気 キャンディバローズ 60.7倍
13番人気 アッラサルーテ 111.3倍
14番人気 メイショウスイヅキ 120.9倍

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

※抽選対象の馬は含まず。現時点での予想オッズである。

 

オッズ的には、

 

メジャーエンブレムの一強。

シンハライト&ジュエラー

 

という構図であろう。おそらくメジャーエンブレムが単勝1倍台で、シンハライトとジュエラーが10倍以下。後は10倍以上。正直4番人気以下は、メディアの報道如何で大きく変わると思う。

 

さて、

 

「今回の桜花賞はメジャーエンブレムで仕方ねーべ?」

 

と思ってる方多数だと思うが、

 

仕方ねーべ

 

いや、私だって目の前にプリケツがあったらガン見するわ!

 

いや、私だってメジャーエンブレムで仕方なし!と思ってるのだが、

 

果たして、

本当にそうなのだろうか?

 

それは、

 

この写真の女の子がかわいい!

 

仕方ねーべ

 

というのと同じくらいの思い込みではなかろうか?

 

ケツはいい。

 

でも顔は写ってないから、可愛いかどうか分からんではないか。

 

虎ガールズだから、みんなかわいいとは限らんのである。

 

それと同じで(いや、あんた間違ってると思う笑)、

 

メジャーエンブレムが抜けて勝つ!

かどうかは、分からんのである。

 

いや、能力的にはこの馬が抜けていると思う。またまた圧勝しちゃうかもしれん。しかし競馬は何が起きるか分からんのであり、強いの弱いのと言ってもコンマ数秒差なのであり、展開や体調や気分などで着順が変わることなど日常茶飯事なのだ。

 

いつも言ってるのだが、オープン馬の実力差などほんの少しである。ウオッカだってジェンティルドンナだってブエナビスタだってアッサリ負けることがあるのであり、ダイワスカーレットみたいなパーフェクト牝馬はそうそういないのである。

 

メジャーエンブレムが歴史的な名牝であるかどうかは後になって判断されることであり、現時点では、競馬メディアが宣伝しているような完全無欠のムテキングではないのではなかろうか?少なくとも単勝1倍台になるようだと過剰人気なのではなかろうか?決して、私がこの馬を切りたいからそう言ってるわけではなく(笑)、この馬を疑う根拠が二つある。

 

・桜花賞はチューリップ賞組が強い!

・魔の桜花賞ペースで逃げる?

 

そう、桜花賞は圧倒的にチューリップ賞組が強いのだ。昨年の桜花賞を思い出して欲しい。

 

桜花賞2015年結果

 

単勝1.6倍と圧倒的な人気になったルージュバックは、きさらぎ賞を勝っての臨戦。戦前にこの馬が9着に惨敗すると・・・誰が予想出来たであろうか?多くの専門家やファンが「ルージュバックは別次元の馬」と言っていたのである。しかし、本当に競馬は何が起こるか分からん。結果はチューリップ賞3着のレッツゴードンキが1着。クルミナルは同11着。コンテッサトゥーレは同6着。チューリップ賞組の1~3着独占であった。

 

2014年の桜花賞はどうだったか?

 

桜花賞2014年結果

 

これは人気馬同士の決着であったが、ハープスターはチューリップ賞1着、レッドリヴェールは阪神JFからブッツケ。ヌーヴォレコルトはチューリップ賞2着からの臨戦であった。

 

この傾向は延々と続いており、

 

2013年 1~3着をチューリップ賞組が独占
2012年 1着チューリップ賞組 2~3着は他路線
2011年 1~3着全て他路線
2010年 1~3着をチューリップ賞組が独占
2009年 1着、3着がチューリップ賞
2008年 1~3着全て他路線
2007年 1着、2着がチューリップ賞組。
2006年 2着がチューリップ賞組。1着、3着は他路線

 

ここ10年でも勝ち馬の7/10がチューリップ賞組。2着も6/10がチューリップ賞組。3着は5/10である。もうチューリップ賞組を買っとけば当たるんじゃね?というレベルであり、その際、チューリップ賞の着順は問わない。チューリップ賞で惨敗してても結構馬券になるのである。

 

もちろん、チューリップ賞組が奮わない年だってある。特に2008年の桜花賞なんてのは12番人気→15番人気→5番人気の組み合わせで馬連は19万馬券。三連単は700万馬券であった。

 

何が言いたいかというと、メジャーエンブレムは王道のチューリップ賞組ではないってことだ。過去にもクイーンCからの好走はあるにはある。約2ヶ月の間隔があくが、外厩が整備された今、間隔はあまり気にしなくていいのかもしれん。しかし、この点が不安材料なのは間違いない。

 

それから脚質である。

 

「魔の桜花賞ペース」という言葉がある通り、桜花賞は快速自慢の短距離馬も出走してくるため速いペースになることが多い。メジャーエンブレムは逃げに近い先行馬であり、今回は他にアッラサルーテ、キャンディバローズ、ビービーバーレルといった逃げ馬候補がいる。コレばっかりはスタートしてみないと分からんが・・・鬼のハイペースになるかもしれん。

 

とりあえずペースがどうなるかは置いておいて、客観的に桜花賞で有利な脚質を見てみれば・・・圧倒的に差し・追込み有利なのである。阪神マイルは典型的な瞬発力コース。この点は後日「脚質データ分析」を行うが・・・他のコースと違い、先行勢にとっては厳しいのだ。逃げ馬で馬券になったのは昨年のレッツゴードンキとオウケンサクラくらい。ダイワスカーレットでさえ3番手の競馬。勝ち馬の殆どが4角10番手より後ろで、最後方からの追込みもバンバン飛んでくるレースなのだ。

 

もちろん、メジャーエンブレムにとってそんなデータは関係ないかもしれん。実際に、同コースの阪神JFを圧勝しているしな!・・・しかし今回は関係あるかもしれんじゃないか。

 

ここまで読んで誤解して欲しくないのだが、

私はアンチ・メジャーエンブレムではない。

 

私はこのメジャーエンブレムに対し、

 

「ダイワスカーレットの再来じゃああ!」

 

という評価と期待をしているのである。

 

しかし、

 

馬券は別である。

 

常穴馬券術を提唱する私浅次郎は、小銭を握りしめつつ超ローリスクハイリターンの夢馬券を毎週買っているのであり、間違っても単勝1倍台の馬を軸には出来んのである。まあ、押さえはするだろうけど・・・

 

当然、軸は違う馬から行く。

 

管理人の狙いはチューリップ賞惨敗組。

 

ちょっとチューリップ賞を見ておくか。

 

 

現時点での穴馬候補は・・・まずデンコウアンジュ。チューリップ賞でも◎にしたが、唯一メジャーエンブレムに土をつけてるのがこの馬である。アルテミスSの脚は本当に素晴らしかった。チューリップ賞は出遅れてしまったし、直線窮屈になってしまったが、休み明け上々であろう。もっと溜めた方が切れると思うのだが・・・もう一回田辺を乗せてみない?

 

それから阪神JF2着のウインファビラス、3着のブランボヌール。ともにチューリップ賞惨敗組だが、休み明けを叩いてココが本番。出来次第、成長次第であるが、ココでも十分通用すると思う。

 

さて、データ分析や調教診断などは後日。

 

楽しみであるな!

 

デンコウアンジュ画像3

 

【浅次郎のひとりごと】

ドバイWCが終わったばかりであるが、4月9日はオーストラリアのクイーンエリザベスSにトーセンスターダムが出走予定。そして、4月24日の香港のクイーンエリザベス2世Cに、ラブリーデイ、サトノクラウン、ヌーヴォレコルトが登録しているようだ。大阪杯の結果如何であろうけど、この3頭が行くのならヒジョーに面白いな!オッズがどうなるのか気になるわぁ。しかし・・・どの馬も春天はガン無視であるな(笑)。だからといって大阪杯をGⅠにするのもどうかと思うが・・・。

 

【高松宮記念2016回顧】春のスプリント王に輝いたのは重賞未勝利、前走5着に敗れていたビッグアーサー!レコード1:06.7のおまけ付きで混戦を制してみせた。2着にはミッキーアイル。3着にアルビアーノが入り、人気順の決着。私の馬券はカスリもせず・・・ドモナラズ!

 

GⅠ初制覇!ビッグアーサー!

 

ビッグーアーサー高松宮記念2

 

ビッグアーサーは過剰人気になったなあ・・・うっしっし。

 

とほくそ笑んでいたのは、

 

何を隠そう私である(笑)。

 

いやね。まだ重賞すら勝ってないし、前走のシルクロードSも5着に負けてたし・・・素質を考えて4~5番人気なら分かるけど1番人気はないやろ!

 

と思っていたのである。

 

もちろん、私の見立てが間違っていたわけだが、

それにしてもビッグアーサーは強かった。

 

簡単に回顧する。

 

■高松宮記念2016結果、着順

高松宮記念2016結果、着順

高松宮記念2016払い戻し

netkeibaより抜粋

 

1番人気→2番人気→3番人気の決着で馬連890円。

 

私の馬券はカスリもせず(笑)。

 

ま、890円じゃね・・・・ドモナラズだわさ。

 

■高松宮記念2016映像

 

土曜から時計が速い・・・と思っていたが、日曜日もレコード連発の高速馬場。中京でこんなに時計が速くなるのはちょっと記憶にないなあ・・・。まるで京都の超高速馬場である。Aコース→Bコースってだけでこんなに速くなるのだろうか?うーむ。

 

レースは戦前の予想通り、ローレルベローチェとハクサンムーンとミッキーアイルのハナ争い。しかし、ローレルベローチェの鞍上中井は譲る気毛頭なし!という勢いで先頭に立つのを見ると、ミッキーアイルは早々に先頭争いを避けて3番手に控える。外からハクサンムーンが追いかけて2番手へ。300m地点の隊列はこんな感じ。

 

高松宮記念2016隊列

 

離れた4番手にビッグアーサー。しかし、この馬は前の3頭と違い・・・押して押してこの位置につけたわけではなく、馬なりのままこの位置。内の馬場が良かったのもあるかもしれんが、最も無理せずに絶好の位置に居たのがこの馬であった。

 

以下は団子。みな、追走に必死な感じ。

 

何故かと言えば、なんといってもローレルベローチェのペースが鬼であったのだ。なんとテンの3Fが32.7。高速馬場を考慮してもこれは速い!前も辛かったが後ろも辛かったと思う。

 

高松宮記念2016ラップタイム

 

そのままラップが緩むこと無く直線へ。早々にローレルベローチェとハクサンムーンの手応えが怪しくなると、脚をタメていたミッキーアイルが力強い足取りで先頭へ。

 

しかしその外から更に脚をタメていたビッグアーサーが

残り100mでミッキーアイルを交わして・・・

 

ビッグーアーサー高松宮記念3

 

突き放したところがゴール!

 

高松宮記念2016ゴール前

 

タイムは1:06.7。

中京1200のコースレコードであった。

 

3着には中団から脚を伸ばしたアルビアーノ。

頭差の4着に16番人気のアクティブミノル。

 

アクティブミノルの馬券を持ってた人は

 

悶絶

 

悶絶しただろうなー(笑)。

 

で、一つ問題提起しておく。

 

今回の高松宮記念はレコードのハイレベル決着であった!

という意見に私も大きな異論はない。

 

しかし、

 

超超ハイレベルであったのだろうか?

 

という疑問があるのだ。

 

疑問の根拠は同日に行われた500万条件のレースである。

 

4歳500万下高松宮記念同日

 

言うまでもなく500万条件というのは1勝馬が殆どレースである(もしくは降級した馬)。その500万条件でも1:07.3という好時計が出ているのだ(従来のレコードは1:08.0。ちなみに前日の1000万下でも1:07.4という時計が出ている)。高松宮記念が1:06.7なのでその差0.6秒。約3馬身差。

 

もちろん、競馬は競べ馬であり、タイムによってレースレベルが決まるわけではない。しかし、参考にはなる。何が言いたいかというと、今回のレースをあまり過剰評価しない方がいいのでは?ということだ。

 

なぜそんなことをわざわざ言うのかというと、

 

あとで、必ず、

 

「レコード決着の高松宮記念」と言われるからだ。

 

ビッグアーサーは強かったし、ミッキーアイルはあのペースで残ったわけだから負けて強しである。レコードタイムも評価していいと思う。しかし、実は500万条件でも好時計が出ているのであり・・・先々のレースを検討する場合に、あまりこのレースを過剰評価しない方がいいと思うのだ。

 

また、今回上位に来た馬というのは「高速馬場適正」が高い馬であり、「時計のかかる重い馬場」で走るとは限らないのである。

 

例えば、サマースプリントシリーズや重い中山で同じように走るのか?と言えば、そのまま信じない方がいいと思うのだ。特にケツ穴党の方は、こういうヒネクレタ考えた方を持っていた方がいい・・・かもしれん。

 

ちなみに高松宮記念過去10年の勝ちタイムがこんな感じ。

 

高松宮記念勝ちタイム過去10年

 

2008年の1:07.1が最速であるが(2010年以前は改修前)、他の年はだいたい1:08前後である。

 

これは能力云々ではなく、馬場差が大きいと思うのだ。

 

同じような疑問は私だけではなく、他のコラムでも散見される。

おいおい今週の中京の芝はどうなってんだ?超高速で決着した理由

 

しかし、ビッグーアーサーは、非サンデーの上、貴重なサクラバクシンオー後継。もちろん今度のスプリント界も盛り上げて欲しいが・・・種牡馬としての価値を落とさないようにして欲しいな。理想は今秋のスプリンターズSを勝って香港スプリントを勝って引退!みたいなね。

 

さて、

 

私の馬券はカスリもせんかったが、

(◎サクラゴスペルであった。笑)

 

懲りずにケツ馬券を買って行きたいと思う。

 

たまには、

 

逆悶絶したいもんだ。

 

 

ビッグーアーサー高松宮記念

 

【浅次郎のひとりごと】

競走馬なぜ撃たれた 新冠で死骸発見から1カ月 馬産地に不安

考えたくもないが・・・誰かが馬の殺害目的で撃ったのだろうか?だとしたらそいつは競馬関係者だろうか?それとも何の知識もない悪漢だろうか?関係者であるとは考えづらい(見つかった時のリスクが半端ない)ので、何も知らないヤツの仕業だろうか・・・?しかし、馬の体内から銃弾が見つからないってどういうことだ?金田一の事件簿か?何でもいいから全力を挙げて解決して欲しい。

 

 

 

【ドバイWC2016回顧】今年も多くの日本馬が海を渡ったドバイワールドカップ。ドバイターフをリアルスティールが制覇!ドバイシーマクラシックでは落鉄の影響がありながらドゥラメンテが2着、モレイラのラストインパクトが3着。UAEダービーをラニが1着・・・と大活躍で馬券になった。管理人のドバイ馬券はWIN2の複勝が的中。

 

いやー今年のドバイも面白かったな!

 

祝!リアルスティール、ドバイターフ制覇!

 

リアルスティール_ドバイ画像3

 

リアルスティールは国内GⅠでは惜しい結果が続いていただけに、陣営も嬉しかったろうなあ・・・福永は微妙な心境だろうけど(高松宮記念では意地を見せたな→福永「もっと自分を高めていかないと」)。しかしドバイターフの賞金は360万ドル。約4億円である。やっぱチャレンジあってこそ!だよね。

 

さて、ドバイターフから行くか。

 

■ドバイターフ2016レース結果

ドバイターフ2016結果

JRAのHPより抜粋

 

 

いやーリアルスティール強かったな!

 

しかしムーアは上手いわ。外枠が心配であったが、スーッと好位の外目につけて折り合いもバッチリ。4コーナーの手応えはちょっと怪しかったけど、追い出してからの伸びは抜群だったな!先に抜け出した分2着の馬に詰められたけど、最高のパフォーマンスだった。馬場も合ったんだろうと思う。ただ、相手が微妙だったのも確か。ソロウが出走していたらこんなにアッサリ勝てなかったかもしれん。

 

もしかしたらリアルスティールは1800がピッタリの馬かもしれんな。そうなると・・・国内のGⅠは天皇賞秋くらいしか狙うレースがない・・・今後どうすんのやろ?

 

 

■ドバイシーマクラシック2016結果

ドバイシーマクラシック2016結果

JRAのHPより抜粋

 

 

強敵はキングジョージ勝ち馬のポストポンド。そのポストポンドを見る絶好の位置にドゥラメンテ。ラストインパクトはインベタでじっと脚を溜め、ワンアンドオンリーは前目で流れに乗る。ミルコ-ドゥラメンテは狙い通りの位置取りだったと思う。

 

4コーナーを周り、手応え抜群で抜け出すポストポンド。その後ろから猛然と襲いかかるドゥラメンテ・・・日本中のみんなが、

 

「こりゃドゥラメンテ勝った!」

 

と思ったことだろうが・・・差は詰まるどころか突き放されてしまった。そもそもあの位置取りから、苦しそうにインに切れ込むのはドゥラメンテらしからず(大外をビューンと伸びるイメージ)。最後の100mはもう流した感じであった。後から知ったのだが、ドゥラメンテは右前の蹄鉄を落鉄していたらしい。

 

もちろん落鉄は言い訳であり、それが無かったとしても勝てたかどうか分からん。勝負の世界でタラレバを言っても無駄である。しかし馬券を握っている我々からすると・・・落鉄が無かったら勝ってたんじゃね?と思いたくもなるわ・・・。

 

ちなみに私は、リアルスティール×ドゥラメンテの

WIN2馬券を持ってたのである!

ドバイ予想、馬券購入、夢馬券

 

ドバイワールドカップ2016WIN2馬券購入

 

惜しい!

 

惜しすぎる!

 

しかし!

 

私は単複のWIN2馬券も持ってたのである!

 

ドバイワールドカップ2016WIN2馬券購入2

WIN2の単勝・複勝に10ドルずつ。

 

お、押さえといて良かった!

 

この複勝馬券が的中で、4.68倍。

 

ドバイワールドカップ2016的中馬券

 

46.8ドルゲット。

 

さらに・・・

 

マジックマンモレイラがラストインパクトを3着に持ってきてくれたおかげで、

 

ドバイワールドカップ2016WIN2馬券3

リアルスティール-ラストインパクト単複WIN2に5ドルずつ。

 

この複勝馬券が的中。

 

複勝WIN2が23.4倍もついて・・・

 

ドバイワールドカップ2016的中馬券2

 

117ドルゲット。

 

合計163.8ドルの払い戻し。

 

他に10ドルほど夢馬券(WIN3、WIN5)を買ったので・・・(←これは当然ハズレた)

今回120ドル程度のプラスであった。

 

ドゥラメンテが1着だったなら、

700ドルの大勝だったのだが・・・(←まだ言ってる。笑)。

 

しかし、リアルスティールにせよ、ラストインパクトにせよ海外ではかなりの過小評価であったな。ラストインパクトなんてのは日本人しか買ってないんじゃないの?(笑)

 

さて、ちっちゃい馬券自慢はこれくらいにして、次にいこう。

 

■ドバイワールドカップ2016結果

ドバイワールドカップ2016結果

JRAのHPより抜粋

 

 

カ、カリフォルニアクロームつえー!

 

ホッコータルマエはスタート良かったのに・・・なんで行かなかったんだ?行けなかったのかな?いずれにせよ自分のスタイルで競馬出来ず、見せ場なく大敗。残念であったが、よく頑張ってくれたと思う。今後はどうすんだろ?もう引退でよくねーか?

 

しかし海外のジョッキーってのは追い出すのが早いよなー!馬のエンジンが掛かるのが遅いのか?早めに追い出しても持たせる自信があるのか・・・

 

■アルクォーツスプリント2016結果

アルクォーツスプリント2016結果

JRAのHPより抜粋

 

 

うーむ。ベルカントは見せ場なく後方のまま。残念。

 

 

■UAEダービー2016結果

UAEダービー2016結果

JRAのHPより抜粋

 

 

ユウチェンジが勝ったと思ったけどな(←WIN5で賭けてた)。

最後ラニが交わして1着!

 

しかしこのレース・・・7頭立ての上、3頭が日本馬で、GⅡで、1着賞金120万ドルである(約1億3000万円)。ちょっと意味不明っつか、どうしてこんな少頭数になるのであろう?ラニは500万勝ちはあるが、ヒヤシンスSで5着だった馬である。レースレベルと賞金が合ってないような気がするのは私だけだろうか?

 

■ドバイゴールドカップ2016結果

ドバイゴールドカップ2016結果

JRAのHPより抜粋

 

 

日本のステイヤーにとって、このレースに出るメリットはないよなー。1着賞金は60万ドル。約6600万円なんで阪神大賞典や日経賞でいいもんな。しかし、ネオブラックダイヤはナイスチャレンジである。最後ズブズブであったが・・・調子が今ひとつだったのかもしれんな。

 

というわけで、

 

今年のドバイも面白かったぜー!
(馬券もプラスだったし)

 

欧州の芝と違って、

ドバイの芝は日本馬に合う!

 

来年も多くの馬にチャレンジして貰いたい。

 

リアルスティール_ドバイ画像2

 

次回、日本馬のチャレンジ予定

4月9日 オーストラリア クイーンエリザベスステークス
出走予定:トーセンスターダム

4月26日 香港 クイーンエリザベス2世C
出走予定:ラブリーデイ、サトノクラウン、ヌーヴォレコルト

 

ブックメーカーのアカウントを持っておくと、海外馬券はもちろん、ワールドカップやオリンピック、野球、サッカー、テニス、ゴルフ、アメフト、フィギュア・・・とにかくなんでも賭けられるようになるぞ!

海外競馬サイドバナー

 

【高松宮記念2016予想】中京芝1200mで行われるスプリントGⅠ高松宮記念!人気はミッキーアイル、ビッグアーサーであるが、混戦模様で人気が割れているな。管理人は当然大穴狙いで行く!狙いは休み明けブッツケのサクラゴスペル!実績ナンバーワンのスノードラゴン!何故か人気薄のハクサンムーン!

 

祝!リアルスティール、ドバイターフ制覇!

 

リアルスティール_ドバイ画像2

 

シーマクラシックのドゥラメンテは惜しい2着!ついでに人気薄だったラストインパクトが3着!ドバイの回顧は改めてするが・・・複勝WIN2馬券(リアルスティール-ドゥラメンテ、リアルすティール-ラストインパクト)が見事的中したぜ!

 

ドバイワールドカップ2016的中馬券

ドバイワールドカップ2016的中馬券2

 

もう色々書きたいことがあるのだが、

 

今日も全く時間がないので(今からゴルフ笑)

 

高松宮記念の予想。

 

え?

 

チヌ(黒鯛)は釣れたのかって?

 

ふふふ。

 

■高松宮記念2016日曜朝オッズ

高松宮記念2016日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はミッキーアイル、ビッグアーサー、アルビアーノ。

しかし、オッズは割れてますな。

 

今までの考察。

高松宮記念データ分析

高松宮記念調教チェック

 

しかし、土曜のレースを見ると・・・内枠有利?同じ1200の岡崎特別は、内枠決着。ハイペースで逃げたシゲルチャグチャグがそのまま押し切る競馬であった。しかも中京1200にしてはかなりの時計1:07.4である。今週からBコース・・・ということであるが内がいいのかもしれん。しかしゴール前外も伸びてきてたしなあ・・・。どんすんべ。

 

■高松宮記念2016展開予想

逃げるのは
ミッキーアイル
ハクサンムーン
ローレルベローチェ
アクティブミノル

先行勢は
レッツゴードンキ
ブラヴィッシモ
サクラゴスペル
サトノルパン
アルビアーノ

中団から
ビッグアーサー
スノードラゴン
ウリウリ
エイシンブルズアイ
アースソニック
スギノエンデバー

後方から
ヒルノデイバロー
ウキヨノカゼ
ティーハーフ

逃げ宣言をしている?ローレルベローチェが行くのか。ミッキーアイルが譲らないのか?ハクサンムーンも前だろうし、これは速いペースになりそうですな。気になるのは昨日のレース。かなり速い時計が出ており、このメンバーなら1:06秒台が出るか?基本は前残りだが・・・あまりに速くなれば後ろから飛んで来る?

 

時間がないので駆け足で行く。

 

■高松宮記念2016予想

人気薄からでも絞る!これが男のケツ馬券!

高松宮記念2016浅次郎予想

 

サクラゴスペル(14番人気)

昨年のスプリンターズS2着馬がまさかの14番人気。ブッツケで人気落としてんのか?調教内容はスプリンターズS時と遜色ないし、当時もブッツケであったぞ?あ、横典から勝浦への乗り替わりが原因か?それとも・・・年齢か?しかしこの馬は好走しても好走しても人気にならんな(笑)。スプリンターズSの時もお世話になったし、この馬から行く。

 

スノードラゴン(6番人気)

人気になっちゃったか・・・単勝10倍以上ならこの馬が◎だったかも。

 

ハクサンムーン(7番人気)

謎の人気薄・・・なんか裏情報でも流れたのか?

 

馬単 ◎→◯▲ 表裏@300円

馬単 ◯→▲ 表裏@100円

ワイド ◎-◯▲ @200円

三連単 ◎→◯▲ @100円

 

頑張れ!サクラゴスペル!

 

2016-03-26 19.16.06

2016-03-26 19.33.19

 

【浅次郎のひとりごと】

チヌ釣れたぜ!ご覧のとおりの大物だ!早速刺し身にして食ったが・・・マジで洒落にならん旨さだった!世間に出回ってる鯛の刺し身とは全く別物である!高松宮記念も大物釣りと行きたいところだ!

 

え?

 

誰が釣ったかって?

 

むごもご。

 

 

【毎日杯2016予想】阪神芝1800m外回りコースで行われる別定GⅢ毎日杯。事実上皐月賞への最終切符となるが、果たしてどの馬が勝つのか?人気はスマートオーディンだが、管理人はタイセイサミットから行く。相手はロワアブソリューの馬単一点。

 

今日は義父とチヌ釣りに行く。

 

もう老齢の義父だが、

私とチヌ釣りに行くのを心から楽しみにしているのだ。

(3月終わり~5月頭くらいまでがシーズン)

 

私もね。最初は付き合いでやっていたんだよ。

しかし、これがやってみるとかなり面白い。

釣れたらブログで公開するぜー!

 

さて、

 

釣りに行く前に毎日杯。

 

■毎日杯2016土曜朝オッズ

毎日杯2016netkeibaオッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はやっぱりスマートオーディン。

 

実績、実力から言ってまあそうなるだろう。阪神1800はスローが基本の瞬発力コース。東スポ杯で見せた末脚をもう一回出せば圧勝もあると思う。しかし、前走共同通信杯では引っかかって直線は全く伸びずに惨敗。休み明けが原因だとしても負けすぎ。今回大外枠で戸崎がどう乗るか?注目であるな。

 

■毎日杯2016展開予想

少頭数だが、一応隊列を見ておこう。

逃げ候補は、
レインボーフラッグ

先行勢は
タイセイサミット
アイファープリティ
キャノンストーム

中団には
アーバンキッド
オウケンダイヤ
ディープエクシード

後方から
ロワアブソリュー
トーアライジン
スマートオーディン

何とも言えんが、こんな感じか。しかしこれは超スローになりそうな感じだな。そうなると「スロー=前有利」と言い出す予想家や専門家がいるが、この輩は競馬のことをよく分かってない(もしくはワザとそう言っている)ので注意が必要である。

 

スローで有利になるのは「瞬発力型」の馬である。100m選手とマラソン選手を考えると分かりやすいな。42.195kmを走るのならそれはマラソン選手の方が速いよな?しかし42.195kmの内、42kmをゆ~~~っくり走って、0.195kmだけのヨーイドン勝負になればどうだろう?当然瞬発力に勝る100mの選手の方が速いわな。

 

もちろん同じ瞬発力を持っているなら前有利である。そして最近の日本の競馬は「瞬発力型」の馬が多いから全体的に見ると「スロー=前有利」というケースも多くなるのも確かである。でも、中には「スロー専門の追込み系瞬発力型」もいるし、「ハイペースの逃げが得意な持久力型」だっているのである。もちろんコースや内外や馬場による所も大きい。一概に「スロー=前有利」なんて言えないのである。

 

なんだっけ。

 

あ、そうそう。瞬発力ね。

 

で、阪神1800は基本的に瞬発力コースではあるが、馬場が比較的重いのが特徴。似ているのは中山。東京・京都は馬場が軽く時計が出やすいので比較する時は注意が必要である。

 

今回のメンバーで、

阪神・中山において優秀な上がり3Fを持っているのは、

 

・ロワアブソリュー(アーリントンC阪神1600、34.1)

・アーバンキッド(ジュニアC中山1600、33.6)

・タイセイサミット(寒竹賞中山2000、34.2)

・スマートオーディン(新馬戦の阪神1800、33.3)

 

この4頭である。ま、人気なんだけど(笑)。

 

ちょっとアーリントンCを見てみるか。10番がアーバンキッド、16番がロワアブソリューである。

 

うーむ。大接戦(笑)。ロワアブソリューもアーバンキッドも差は無さそうだが、瞬発力に関してはロワアブソリューの方が上っぽいな。大きく出遅れた上に、大外ブン回し。阪神1800に向いてそうな感じ。出遅れると厳しいかもしれんが。

 

■毎日杯2016予想

今回ケツ馬券ではないが、絞りに絞って1点買いである。スマートオーディンが来たらゴメンナサイやでー!

毎日杯2016浅次郎予想印

 

タイセイサミット(2番人気)

弥生賞では上位3頭から離された4着で、実力の差をまざまざと見せつけられたが、このメンバーなら当然上位。東スポ杯は不利が響いたし、朝日杯でも3着馬からは僅差であった。川田への乗り替わりであるが・・・川田だと前目につけそうだな。後ろからでも十分届くと思うが・・・さてどう乗るかな?ココを勝って皐月賞・・・ではなく、NHKマイル路線?

 

◯ロワアブソリュー(3番人気)

アーバンキッドと迷ったけどこっち。調教も非常に良し。

 

馬単 ◎→◯ 表@500円

 

頑張れ!タイセイサミット!

 

タイセイサミット画像

 

【浅次郎のひとりごと】

今日は待ちに待ったドバイワールドカップデーだな!楽しみー♪

 

 

 

【高松宮記念2016調教チェック】中京芝1200mで行われるスプリントGⅠ高松宮記念!今年も面白いレースになりそうだが、馬の状態はどうなの?管理人の独断と偏見と欲目による調教ジャッジによると・・・メイチ馬はウリウリ、ミッキーアイル、ブラヴィッシモ、サクラゴスペル、ローレルベローチェ、アルビアーノ。

 

高松宮記念の枠順が出た。

 

■高松宮記念2016枠順、馬番

高松宮記念2016枠順、オッズ

netkeibaより抜粋

 

高松宮記念は基本的に外枠有利である!

(→高松宮記念データ分析より)

 

ってわけで、

ハクサンムーンは絶好の大外枠ですな!

 

ミッキーアイル、ビッグアーサーは、ちょっと内過ぎか?

スタートが大事だな・・・

 

まあ、この辺は日曜日にまた書くとして、

 

今日はあなたの・・・

 

SM度チェックだ!SM度診断テスト

 

SM診断テスト

 

じゃなかった、

 

調教チェックだ!

 

ちなみに、浅次郎は、

 

SM診断テスト浅次郎

 

将来有望なMタイプであった!

(どーでもええわ!)

 

■高松宮記念2016調教チェック

毎度であるが、管理人は競馬関係者でも、調教Gメンでも、ボムクレイジーでもないので馬のことなどサッパリ分からん。以下、管理人の独断と偏見と欲目によるジャッジである。あしからず。

【調教が良さそうな馬】

ブラヴィッシモ
栗東坂路良【51.4-37.2-24.0-11.9】助手 一杯
一週前には50.9の鬼時計。最終追いも51秒台かつラストが12.1-11.9。メイチ仕上げである。

サクラゴスペル
南W良【66.3-50.1-37.1-12.5】勝浦 強め
南Wで37.1と好時計であるが・・・スプリンターズSの時が馬なりで【50.7-37.1-12.6】である!これは当時と同じくらいの仕上がりと見ていいのでは?休み明けは全く気にする必要なし!

ビッグアーサー
栗東坂路良【51.0-36.6-23.4-12.0】助手 一杯
結構やればやるだけ動く馬であるが、それにしても良い内容。いつものパターンだと一週前に時計を出して最終は軽めであるが、今回は一週前に49.5で最終が51.0・・・もしかしたら過去最高のデキかもしれん。

ミッキーアイル
栗東坂路良【49.7-36.2-24.1-12.3】松山 G一杯
こ、これは文句なし。

アルビアーノ
南W【51.0-37.2-11.9】助手 強め
前走時が【69.3-53.2-38.5-12.5】・・・叩いて良化著しい。

ティーハーフ
栗東坂路良【52.7-37.8-24.2-12.0】池添 強め
52秒台だと目立たないほど他馬の内容が良いのだが・・・この馬もいいと思うぞ!

レッツゴードンキ
栗東坂路良【52.2-37.4-24.1-12.1】荻野 一杯
素晴らしい内容であるが、調教と結果が一致しないんだよねこの馬。

ウリウリ
CW良【67.8-51.7-37.7-12.0】戸崎 馬なり
一週前には坂路で51秒台を出しており、かなり良化していると思われる。最終がCWなのが気になるが最も上昇度が高いのはこの馬かもしれん。

ローレルベローチェ
栗東坂路良【55.4-40.3-26.2-12.7】中井 馬なり
最終は軽めだが、一週前に49秒台の猛時計。さすがに終いは13.0と掛かったが、もともと調教ではあまり走らない馬。これは怖い一頭になった。

ヒルノデイバイロー
栗東坂路良【51.1-37.4-24.3-12.3】太宰 一杯
もともと調教では走る馬であるが、バランスの良い好時計。

 

なんかみんなよく見えるな!特に栗東坂路組は良く見える。時計が出過ぎている感もあるが(調整した方がいいかもしれん)。悪い馬はあんま見当たらん。

 

調教から挙げる特注馬は、ウリウリ、ミッキーアイル、ブラヴィッシモ。サクラゴスペルもいいな!ローレルベローチェ、アルビアーノもいいと思うぞ。ハクサンムーン、スノードラゴンも問題ないと思う。問題はあの馬やな・・・。

 

さて、ケツ論は日曜日!

 

サクラゴスペル画像2

 

【浅次郎のひとりごと】

ドバイの夢馬券買ったぜ!

昨日、日本馬が出走全レースで勝利する夢を見たんだよ。そうなると馬券的に2000万以上の払い戻しになる予定なのだが・・・なぜかシーマクラシックの勝ち馬がドゥラメンテではなく、ワンアンドオンリー。それだと全ての馬券がハズレてしまうわぁぁぁぁぁ!

 

 

 

 

【マーチS2016予想】中山ダート1800mで行われるハンデGⅢのマーチS。人気はバスタータイプ、クリノスターオーであるが、荒れる前提で行く。データ分析によると、逃げ・先行有利のマクリ要注意。差しは10番手くらいまで。外枠有利の内枠不利。狙いはグランドシチーの大マクリ。軽ハンデ54kgショウナンアポロンの粘り!

 

今週は高松宮記念含め4重賞であるが、

 

一番馬券的に面白いのはマーチSかもしれんな。

 

難解であるが(笑)。

 

■マーチS2016予想オッズ

マーチS2016予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

実力的にはクリノスターオーの1強であるが、

トップハンデの58kg。

 

これにバスタータイプ、サンマルデュークあたりがどう絡むか?

はたまた昨年の勝ち馬マイネルクロップ、2着馬イッシンドウタイは?

おもしろそうな穴馬も結構いるし・・・

 

うーむ。難解。

 

■マーチS2016過去10年枠順データ
(1着→2着→3着馬の馬番。2006年以外16頭立て)

2015年 1615→13
2014年 15→5→2
2013年 15→4→1
2012年 11→7→16
2011年 7→10→15
2010年 12→3→1
2009年 11→16→3
2008年 13→9→10
2007年 15→5→16
2006年 5→13→6 13頭立て

うげー!マジか?ご覧のとおり、外枠がハッキリ有利である。しかも大外枠の強さが半端ない!10/30を占めており、ほぼ毎年のように馬券に絡んでいる!1着馬に関しては8/10で二桁馬番。2~3着は内外互角であるが・・・想像以上に外枠優勢であるな。特に1枠~2枠の成績が芳しくないぞ?

コーナー4回のダート戦。先行有利のコース形態なのに何故こんな結果になるのかは分からんが・・・とにかく大外枠に入った馬には要注意。

 

■マーチS過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2015年 7→9→3
2014年 3マクリ→4マクリ→7
2013年 10→1→8
2012年 11→6→2
2011年 4マクリ→3→7
2010年 3→6→9
2009年 24マクリ→9
2008年 7マクリ→21
2007年 7マクリ→6→10
2006年 21→7

ご覧の通り、4角4番手以内の馬が数多く馬券になってますな。そして4角10番手より後ろの馬は厳しい。2012年、2013年に勝っているが他は殆ど馬券になっていない。つまり、先行有利で追込み不利。差しは届くが10番手くらいまで。

で、気になるのが「マクリ」の馬が多いこと。後方待機から3角過ぎてマクリ・・・4角で先団に取り付いてそのまま馬券に絡む!というパターンがとても多いのだ。中山ダート1800は最後はみんなバテバテになってしまうことが多いのだが・・・一瞬の脚が使える瞬発力タイプではなく、長く脚が使えるスタミナタイプが狙い目ってことなんだと思う。

 

ケツ論3

 

ケツ論。

・外枠有利。内枠不利。

・逃げ、先行有利、追込み不利。

・マクリ馬に要注意

 

現時点でのケツ馬(穴馬)を挙げておく。

 

狙いのケツ馬一番手は・・・グランドシチーだ!もう9歳だし、ここんとこずっと馬券になってないし、前走東海Sも5着とはいえ1.5秒差。買い材料は少ない・・・。しかし、実は2013年の当レース勝ち馬であり、ここはピッタリのマクリ脚質!展開がハマれば一発あっても驚けないぞ!

 

面白いのが軽ハンデ54kgのショウナンアポロン。前走総武Sは勝ち馬バスタータイプから0.7秒差6着と完敗ではあったが・・・当時ショウナンアポロン56kg、バスタータイプ55kgだったのである。で、今回ショウナンアポロンが2kg減の54kg、バスタータイプが1kg増の56kg。机上の空論なのは百も承知だが、1kg2馬身で計算すれば十分逆転可能な数字である。そんでこの馬中山1800向きの先行脚質。崩れることは少ないタイプで粘りに粘っても不思議ないぞ!

 

後は昨年の勝ち馬マイネルクロップと、同じマイネルのマイネルバウンスが気になるな。ドコフクカゼが人気になるならこの馬もそう差はないと思うのだが・・・

 

ケツ論は日曜日・・・と言いたいが、

 

日曜日は朝からゴルフなんだよなー。

土曜日はチヌ釣り・・・

 

高松宮記念はケツから血を吹いてでもアップするが

このレースは無理かもしれん。

 

忙しくて幸せだぜぇぇぇ!

 

藤田菜七子初勝利

 

【浅次郎のひとりごと】

藤田菜七子初勝利!

ナナちゃん初勝利おめでとう~!いやーオジサン嬉しいよ!競馬で1勝するってのがどんだけ大変なのか?どんだけ大きいものか?ここまで来るのにどんな努力があったか?・・・を考えると涙が出てくるな。これからがまた大変だけど、中央でも早く勝てるといいな!

 

ドバイの夢馬券買ったぜ!

今回締切りはレース直前までと担当者から聞いた。ドバイのレースは26日土曜の深夜(日本時間の23時くらいから。→テレビ中継はこちら)。しかし直前と言ってもJRAみたいに本当に直前までじゃないけんな。26日の夕方くらいまでは大丈夫だと思うが定かではない。ワールドカップやオリンピックもそうだが、馬券を買って日本馬を応援すると盛り上がるぜー!馬券を買う方はお早めに。

 

【毎日杯2016予想】阪神芝1800m外回りで行われる3歳別定GⅢ毎日杯。皐月賞への最終切符を賭けたレース。人気はスマートオーディンだが、問題はこの馬の取捨。果たして買いか?切りか?掛かり癖は大丈夫か?戸崎へのチェンジは吉か?管理人の狙いはスマートオーディンではなくタイセイサミット。東スポ杯リベンジである。

 

土曜日は日経賞もあるのだが・・・

 

登録9頭と少頭数の上に、

ゴールドアクター、サウンズオブアースと有馬記念の1着、2着馬が登場。

 

さらにディサイファ、マリアライト、アルバートが控えており、

人気馬が全て飛ぶのは考えにくい・・・。

 

それでも面白そうな穴馬がいれば買うのだが・・・いない。

(もし買うならフラガラッハを狙いたいが)

 

というわけで

 

日経賞はケーン!の予定。

 

ケン

 

同じく少頭数だが、

 

毎日杯の方が面白そうですな。

 

■毎日杯2016予想オッズ

毎日杯2016予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

問題は一番人気必至のスマートオーディンの取捨である。

 

そもそも、この馬・・・

賞金持ってるのになぜ毎日杯に使うのだろうか?

 

おそらくダービーを見据えて共同通信杯を使ったはずである。

で、トライアルはパスして皐月賞→ダービーの青写真。

 

私もそれでいいと思うがなあ・・・。

 

毎日杯は阪神1800mの瞬発力コースで、皐月賞までは中2週。

本来、賞金持ってない馬が最後に集まるレースである。

 

しかし、共同通信杯を惨敗したことで何かが変わったのかもしれんな。

 

もしや・・・皐月賞はパスしてNHKマイルC狙い?

いや、京都新聞杯or青葉賞からのダービー狙い?

もしくは単なる賞金稼ぎ?(このメンバーなら勝手当然?)

 

ホントの所は分からんが、

 

さて、どーするか・・・。

 

少頭数だし外回りの阪神1800だし(最初の直線が長いので枠順の有利不利はない)、枠順データは今回パスして脚質データだけ見ておこう。

 

■毎日杯2016過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2015年 2→11→3(15頭立て)
2014年 9→4→6(14頭立て)
2013年 10→5→2(13頭立て)
2012年 989(13頭立て)
2011年 5→13→3(18頭立て)
2010年 5→2→3(10頭立て)
2009年 9→2→11(14頭立て)
2008年 9→7→13(14頭立て)
2007年 91013(14頭立て)
2006年 1→5→5(15頭立て)※阪神2000m

ご覧のとおり、基本的には差し有利のレースである。年によって頭数が違うので比較し辛いが、8~13番手の馬が良く馬券になっており、頭もこのゾーンであることが多い。ただ、前の馬が来ないというわけではなく先行馬も十分残る。あと、追込みは来ても2~3着のイメージ。逃げ馬は非常に辛い・・・(2006年は内回りの2000m戦であり、傾向が全く違うので度外視)。

 

それから、毎年「上がり最速」の馬が馬券になっている・・・直線ヨーイドンの「瞬発力レース」である。前の馬も速い上がりを求められるので、瞬発力に秀でたタイプを狙いたい。

 

で、スマートオーディンである。典型的な瞬発力型であり、東スポ杯では脅威の末脚で32.9を計時して圧勝してみせた。それもウチに刺さりながらの話で(かなり斜行している。笑)、昨年暮れまではクラシック候補の筆頭格だった馬だ。順当ならこの馬でしょうがなし。本命党はこの馬から勝負するべきだろう(相手は絞ってね)。

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

私は本命党ではなく、ケツ穴党である。

 

人気馬のアラを探すのが大好きなのであるが(それでいつも失敗するのだが。笑)、スマートオーディンは新馬戦~東スポ杯までスローのレースしか経験してなかったのである。ゆったりした流れからの超瞬発力!これには大変秀でているのであるが、ペースが締まった共同通信杯(テンが35.8、1000m通過が60.0)では好位でレースを進めたが、全く伸びなかったのだ。ついでだ。レースを見てみよう。1番の白い帽子がスマートオーディン。

 

もちろん、休み明けのせいかもしれんし、馬体重増(+12kg)のせいかもしれん・・・いや、それより何より、スタートしてすぐ掛かってしまったのが大きかったのかもしれん。それでもガツンと掛かって行ってしまったわけではなく、ギリギリ我慢は効いていたと思う(過去のレースも折り合いは非常に苦労している)。伸びる!と信じていたファンも多かったと思うが、結果は案外であった。

 

確かに瞬発力勝負になりやすい阪神1800はこの馬に合っていると思う。しかし、このペースでも掛かってしまうという危険性があり、速いペースだと脚がたまらない・・・。実は、人気の割に死角アリアリなのである。

 

個人的には、この馬は追込みマイラーなんじゃないか?と思う。

 

東京マイルがベストなんじゃないかと・・・と、陣営も考えて・・・毎日杯→NHKマイルCを狙っているのかも。皐月賞やダービーは鬼のような馬がワンサカいるしな(笑)。

 

浅次郎の結論。

スマートオーディンは軽視。

 

買うとしてもヒモ。

 

で、

 

どの馬を狙うかというと・・・

 

何度でも狙うぜ!

 

タイセイサミットだ!

 

今回残念ながら2~3番人気になると思うが、スマートオーディンが人気を吸ってくれるので美味しい人気になると思う。正直、弥生賞の1~3着馬とは力の差歴然であったが・・・ココに出してくるってことはまだ皐月賞を諦めていないのだろう。ちなみに、東スポ杯でスマートオーディンから致命的な不利を受けたのはこの馬である。

いや、不利がなくてもスマートオーディンが勝っていたと思う。勢いが違ったけんな。しかし、不利がなければ2着はあったと思う。

 

東スポ杯リベンジだぜっ!

 

相手は・・・アーバンキッド、パールコード、レインボーフラッグあたり面白いと思うんだけどどうかな?調教見てからやな。

 

結論は土曜日。

 

タイセイサミット画像3

3強の影も踏めなかった弥生賞。しかし今回は・・・

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ドバイワールドカップ2016のWIN5馬券買ったぜ!

管理人はJRAのWIN5馬券は一切買わないが・・・この夢馬券は買ってもいいよな!日本馬応援馬券だから悩まなくていいし(笑)。

 

ドバイワールドカップ2016WIN5馬券1

 

ドバイWC ホッコータルマエ 26.0倍(複勝6.0倍)
ドバイシーマクラシック ドゥラメンテ 3.75倍(複勝1.55倍)
ドバイターフ リアルスティール 8.0倍(複勝2.4倍)
アルクォーツスプリント ベルカント  21.0倍(複勝5.0倍)
UAEダービー ユウチェンジ 11.0倍(複勝3.5倍)

 

ユウチェンジはモレイラが乗るみたいやな!これは面白そう!

 

で、全て一着だと・・・

 

ドバイワールドカップ2016WIN5馬券2

 

18万ドル!

 

約2000万円である!

 

じゅうまんえーん

 

いや、10万円じゃなく、2,000万円である。

 

いや、分かってる!

 

夢のまた夢のまた夢馬券なのは重々分かってる!

 

でも、

 

この馬券に

 

1ドル(112円)賭けることに罪があるだろうか?

 

いや、ない!

 

缶コーヒー一本分である!

息子の一週間のお小遣いである!

少なくとも宝くじ買うよりマシだろう!

 

これを単複WIN5でベットしておく(1ドルずつね)。

 

ドバイワールドカップ2016WIN5馬券3

 

全て1着なら18万ドル。

全て複勝圏内でも390.6ドルである。

 

がんばれー!ドバイニッポン!

 

海外馬券の買い方(ドバイWCは26日である。締切りにはご注意を)

海外競馬サイドバナー