【新潟2歳S2015予想】新潟芝1600mで行われる新潟2歳ステークス。一応オッズがついてるけど、キャリアの浅い2歳戦。人気通りに行くとは限らんぞ!というわけで、穴馬タニセンビクトリーと人気のヒプノティストで勝負!大穴にウインファビラス!

 

はっきり言って、

 

明日の札幌はモレイラを買っときゃいいんじゃね?

 

モレイラ騎手

 

と思ってる方も多いと思うが、

(今日、いきなり【3.1.1.5】である)

 

よく見るとかなり過剰人気ぽくなってるな。

 

穴馬券親父にゃ縁のないジョッキーかもしれん(笑)。

 

さて、

 

サッパリ分からんが新潟2歳S。

 

■新潟2歳S前日オッズ

新潟2歳S2015前日オッズ

netkeibaより抜粋。

 

一番人気はやっぱりロードクエスト。

 

結構抜けてんなー。

 

ちょっと、netkeiba予想陣の印を見てみよう。

 

■netkeiba予想陣の印

新潟2歳S2015netkeiba予想陣印

netkeiba予想陣

 

うお。相変わらずであるなー。

 

浅次郎の法則によると、

 

丹下と田沼の◎が揃ったら切り

 

というのがあるわけだ(笑)。

 

まあ、その◎が来る来ないは別にして、

二人の◎が揃うと過剰人気になりやすいのであるよ。

 

まあ、最初から買う気はないんだが、

 

これで安心っと(笑)。

 

このレースはデータも少ないし、直感で行く。

 

■新潟2歳S2015予想

新潟2歳S2015予想印

 

タニセンビクトリー(7番人気)

新馬戦では逃げる羽目になってしまい、ヒプノティストに捕まってしまったが、2戦目で一変。好位追走から4コーナー手前で馬なりで先頭に立ち、そのまま突き放す圧巻の競馬で楽勝。差し足自慢の馬が結構いるが・・・新潟ならこの馬もある程度キレると思うぞ。また、土曜日の新潟はあまり速い時計が出ておらず・・・持久力寄りに馬場がシフトしている可能性大。相当長く脚が使えるタイプだけに・・・この馬場は味方するんじゃないかなー。好位追走から4角先頭でしぶとく末脚を伸ばして欲しい。

 

ヒプノティスト(2番人気)

この馬も相当な器だと思う。人気になってるけど。

 

ウインファビラス(12番人気)

大穴ならこの馬。そんなに差はないと思うけどなー。

 

単勝 ◎ 1000円

馬連 ◎-◯ 300円

馬連 ◎-▲ 200円

 

頑張れ!タニセンビクトリー!

 

タニセンビクトリー画像

 

8月31日より、テニスの全米オープンが始まる!

日本の期待を一身に背負う錦織圭は、

最高のところに入ったぞ!

(準決勝でジョコビッチと当たる以外は笑)

 

準決勝までは多分行くと思う!

 

夢よもう一度・・・

全米オープンテニス2015優勝オッズ!錦織圭に賭ける!

 

 

 

【キーンランドC2015予想】人気はティーハーフ、レッドオーヴァル。支持されるのは分かるが、管理人は当然穴馬から行く。狙いは8歳馬のマジンプロスパー。去年の3着馬、そして今回叩き2戦目、58kg→56kgと斤量が減るし、調教もいい!狙い目十分!

 

この土日の札幌は、

ワールドオールスタージョッキーズ

 

ワールドオールスタージョッキーズ2015

JRAのホームページより抜粋

 

が開催されるんで、

凄い面子が集まってんなー。

 

ワールドオールスタージョッキーズ2015出場騎手

 

中でも注目は香港のJ.モレイラ騎手

 

その今季成績を見るとマジハンパないことが分かるぞ。

1着145
2着89
3着64
4着71
総騎乗595

勝率24.3%
連対率39.3%
複勝率50.0%

しょ、勝率24.3%?4回に1回は勝つってこと?・・・ちなみに、JRAリーディングトップの福永の勝率が16.8%。デムーロが17.6%、ルメールが18.6%である。JRAで連対率が3割超えてるのはこの3人プラス川田だけ。モレイラの連対率は驚異の39.3%。例えて言うなら、全盛期のイチローが大リーグから日本プロ野球に来た感じか?

 

どんな騎乗をするのか楽しみであるな!

 

さて、キーンランドC。

 

■キーンランドカップ2015前日オッズ

キーンランドC2015前日オッズ

netkeibaより抜粋

 

このレースにもモレイラが乗るみたいやな。

(エポワスは5番人気になってるな。一応押さえとかな笑)

 

他にも一流ジョッキーがズラリ。

そんな中、1番人気は国分優作騎乗のティーハーフ

 

前走が圧巻の走りだっただけに、人気になるのも分かる。

洋芝適正も問題ないし、

スプリンターズSの主役になれる器だとも思う。

 

しかし、今回トップハンデの57kgであり、

スローになりそうなメンバー構成であり、

さらに1番人気の立場である。

何が起こるか分からんぞ。

 

■キーンランドカップ展開予想

行くのは
ネオウィズダムか
オメガヴェンデッタか
ペイシャオブローか?

いずれも逃げ馬ではなく、番手を主張するような馬でもない。
他に行く馬があるかもしれん。

 

先行勢は
マジンプロスパー
エポワス
タガノアザガル
サクラアドニス
トーホウアマポーラ

 

中団には
クールホタルビ
スギノエンデバー
レッドオーヴァル
ローブティサージュ
ウキヨノカゼ
レンイングランド

 

後方から
ティーハーフ

 

人気どころの多くは中団~後方から。行く馬は全く見当たらん。

 

・・・こりゃペース遅くなるんじゃね?

 

■キーンランドC2015予想

ローカル重賞のセオリーとして「リピーター狙い」というのがある。特殊な条件下でのみ好走する馬が多分にいるからだ。このレースでもパドトロワ、ビービーガルダンなど複数回馬券になっている馬がいるわけで、リピーターは常に要注意なのだ。で、昨年の好走馬、ローブティサージュ、レッドオーヴァルは今年も人気になっているのだが・・・3着のマジンプロスパーは・・・ほぼノーマークである!

キーンランドC2015予想印

 

マジンプロスパー(10番人気)

もう8歳。この1年馬券はおろか掲示板にも載ってないし、全盛期は過ぎたという見方もあるだろう。しかし、前走はトップハンデ58kgを背負って6着だったし、前々走はGⅠ高松宮記念だったし、3走前は不良馬場の1400戦だったし、なんか色々と言い訳が出来るのである。

で、今回は叩き2走目でハンデは58kg→56kg。ティーハーフが56kg→57kgとなることを考えれば、机上の計算では逆転可能なのである(もちろん競馬はそんな単純なものではないが)。追い切りの様子を見ても前走より良くなっているのは明らか。このメンバーなら楽に先行態勢が取れるはず。皆が後ろのティーハーフを警戒するようなら・・・あれよあれよと残るかもしれんぞ。重賞3勝、GⅠでも4着、5着がある実力馬。もう一花咲かせるならココだ!

 

◯ティーハーフ(1番人気)

△レッドオーヴァル(2番人気)

△ローブティサージュ(4番人気)

△エポワス(5番人気)

 

馬連 ◎-◯ 500円

馬単 ◎→◯ 200円

馬連 ◎流し△ 3点×100円

 

もう一花咲かせろ!マジンプロスパー!

 

マジンプロスパーCBC賞

 

8月31日、テニスの全米オープンが開幕するぞ!

錦織圭は世界ランク4位の立場で、

昨年準優勝したこの大会に臨む。

 

全米オープンテニス2015wowow画像

 

管理人は当然、錦織圭の優勝or準優勝にベット済みだ!

全米オープンテニス2015優勝オッズ!錦織圭に賭ける!

 

楽しみ♪

 

 

 

【新潟2歳S2015予想】新潟芝1600mの2歳戦。一昨年前の勝ち馬はハープスター、2着がイスラボニータ、4年前の2着馬にジャスタウェイと・・・結構出世レースになってますな。さて、今年の2歳からはクラシック候補となる馬が出てくるか?管理人はタニセンビクトリーに大物の予感がしてるんだが・・・

 

この時期の2歳戦は難しい。

 

前評判の高い馬がコロッと負けることもあれば、

大敗後にガラッと変わる馬もいる。

 

なによりデータが少ないので、

検討する材料が少ないし、

どうしても先入観や競馬新聞や競馬評論家の情報に頼ってしまうことになる。

 

ってわけで、

 

基本的に2歳戦はケンすることが多いわけだが、

そこはやっぱり馬券オヤジのサガ。

面白そうな馬・・・見つけちゃったんだよなー。

 

さて、新潟2歳S。

 

■新潟2歳S2015予想オッズ

新潟2歳S2015予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ほとんどがキャリア1戦、もしくは2戦だもんなあ。

 

一応ロードクエストが1番人気候補になっとるが1戦1勝馬。おそらく東京の新馬戦で見せた上がり33.2が注目されての1番人気だと思うが、東京と新潟は似てるようで結構違うからな~。まあ、速い上がりが使えるのは新潟マイルでも明らかにアドバンテージであるな。

 

あれ?唯一2戦2勝のペルソナリテが1番人気じゃないの?ふーん。タイムも平凡だし、使った上がりも35.2とキレる感じじゃないしな。・・・しかしハイペースを経験してるのは大きなプラスだと思うけどな。多くの新馬戦が、どスローの上がり勝負ばっかりだけんな。

 

そういう意味ではプリンシパルスターも注目すべき一頭。ダリア賞の翌日に行われた新馬戦で、ダリア賞より0.7秒速いタイムで快勝。これもハイペースだったのだが、好位追走から押し切る強い内容であった。

 

しかしまあ・・・サッパリ分からんわ。

 

つか、この予想オッズ自体がどうなるか分からんわな。

 

考えておきたいのは、

 

「新潟マイル」の特性だ。

 

■新潟芝1600m

新潟コース立体図

向こう正面からのスタートで、3コーナーまでは548mとかなり長い。ので、テンはかなり速めのペースになることが多く、過去の新潟2歳Sを見てみても35秒チョイ。スローの場合でも36秒くらい。新馬戦とはペースが大きく変わるってことだ。

で、新潟のコーナーはかなりキツイ。スピードを出したままではとても曲がれない。ので、ここで大きくペースが落ちるのである。3コーナーから4コーナーにかけては約2mの下りとなるのだが、それでもペースはガクンと落ちるのである。後、直線に坂がないのだが・・・東京コースとは似て非なるもの・・・と言った意味がこれでわかると思う。

最後の直線は659mとベラボーに長く、速い上がりが使える瞬発力タイプに有利。馬場によっては先行馬も残るが、どちらかというと差し・追い込みが決まりやすい。

急→緩→急という流れ。これが新潟マイルである。

 

ちなみに、新潟1400mは内回りとなるが、スタート位置が2コーナーポケットまで下がるため3コーナーまで648mと、1600mよりも約100m長くなるのである。なのでさらにテンが速くなるのだが、コーナーがキツイのは一緒。違うのは直線の長さで、内回りは359mと外回りより300mも短くなる・・・なので1600より差しが効きにくくなるのだ。

 

というわけで、新潟1600mと新潟1400mは、これまた似てるようで大きく違う!ということを憶えておこう。

 

さて、

 

とは言っても、各馬の特性が分からんから難しいよなー。

 

今の時点で、「瞬発力型」だの、「小回り得意」、「軽い馬場が得意」だのって判断出来んもの。

 

しかし、管理人のフィーリングで、

 

大穴候補を挙げておく。

 

ハーツクライ産駒のタニセンビクトリー。まず未勝利戦の映像を見て欲しい。

 

うお・・・

 

スピードの違いで4コーナーで早くも先頭。手応え抜群のまま、仕掛けたらあっという間に後続を突き放した。直線半ばで後ろを振り返る余裕。後は流しただけで3馬身差。最後まで追ってたら5~6馬身差はついてたと思う(2着のビービーバーレルは次戦で勝ち上がり)。

 

勝ちタイムは1:48.5。同日に行われた3歳未勝利戦が1:48.2、3歳以上500万下が1:48.8。時計が全てではないが、全体的に時計が掛かる馬場だったので好時計だったと言えるだろう。

 

タイム指数は86。出走馬の中では、マコトルーメンが函館2歳SSで記録した90に次ぐものであり、未勝利戦・新馬戦に限ればダントツの数字である。

 

もちろん、強敵と当たるココが試金石となるが・・・

 

もしかして大物じゃね?

 

今のところ、この馬から買うつもり。

 

(あれ、2歳戦はケンじゃなかったん?笑)

 

人気にならないでくれよー!

 

・・・

 

しかしね。

 

私もそうなんだが、

 

みんな「無敗」の馬が好き

 

なのだ。例え一戦だけでも、土がついてない馬が、負けてない馬が好きなのだ。だからこの時期、「新馬勝ち」の馬が必ず人気になるし、2戦2勝の無敗馬なんてのは間違いなく人気になる。

 

だけんどもしかし!

 

馬券になるのはそういう馬ばかりではない!

 

むしろそういった馬は過剰人気になりやすいし、みんなが期待を寄せてる1戦1勝馬のほとんどが・・・このレースで無敗ではなくなるのだ!

 

冒頭でも言ったが、

2戦目にガラッと変わる馬だっている。

 

そういう穴馬を探すって楽しみもあることに気付いた40の朝、

盗んだバイクで走り出したい気分であったが、

 

嫁さんに頼まれ(命令され)たので、

今から台風の後片付けをせねばならん。

 

あれ・・・ほうきがないぞ・・・飛んでったか?

 

タニセンビクトリー画像

 

来週8月31日から、テニスの全米オープンが始まるぞ!

去年、この大会で準優勝した錦織圭が、

今年は世界ランク4位で偉業に挑む!

 

対戦相手はどうなる?

錦織圭の優勝オッズは?

 

管理人はいつもどおり小銭を賭けて、

観戦モードである(笑)。

楽しみー!

 

全米オープンテニス2015浅次郎ブログ

 

【キーンランドカップ2015予想】札幌芝1200で行われる別定スプリント戦。過去5年牝馬が4勝しているレースだが、今年も牝馬?あとリピーターが活躍するレースであるが、だとしたらローブティサージュ?レッドオーヴァル?それとも3連勝で函館SSを圧勝したティーハーフ?大穴はトーホウアマポーラ、それからブランダムール!

 

台風15号が熊本に直撃。

 

台風15号

 

今、外はアーシェス・ネイが呪文を唱えてるんじゃね?

と思われるような暴風と豪雨。

まあ、週末の競馬には影響が無さそうで良かったけど(笑)。

 

さて、

 

先週の札幌記念は軸にしたトウケイヘイローが9着でドモナラズ(笑)。しかし、トーホウジャッカルはどないしたんやろね。若干ペースは速かったにしろ、番手追走のディサイファが勝ってるわけだから言い訳にならんよな。

 

ブログでも言ってた通り、初の洋芝、小回り、目標は先、距離不足・・・と不安要素は沢山あったわけで、やはり過剰人気だったと思うな。来るなら次かもしれんが、この手の馬はどうしたって人気しちゃうけんな(洋芝が・・・とか言い訳出来る敗戦)。ラキシスは小差の5着で悲観する必要なし。エリザベス女王杯目指すんならこれでいいんじゃないかな。

 

北九州記念は2→1番人気の決着でドーニモナラズ。

 

ドモナラズバナー

 

今週はドーニカシタイゼ!

 

■キーンランドC2015予想オッズ

キーンランドC2015予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気は函館SSを最後方からぶっこ抜いて圧勝したティーハーフ。元々素質があった馬であるが、今年に入り、国分優作の手になってからメキメキと頭角を現し、函館SSで重賞初制覇。キーンランドCでも人気を背負うことになった。ココを勝てば・・・一躍スプリンターズSは主役候補である。とにかく・・・函館SSのレースは驚愕なんでもう一回見ておく。

 

 

ぬおお。

 

一頭だけ次元が違うかのような脚。

 

本格化したなこりゃ。

 

2番人気はレッドオーヴァル。桜花賞2着馬、スプリンターズS3着馬。実力は誰しも認めるところだが、前走UHB賞は格下相手に3着。こういう使い方はしないで欲しいなあ。で、人気が落ちると思ったら2番人気候補なの?ふーん・・・。しかし今年の負けっぷりを見てると、ピークは去年だったような気もするね。それとも立て直されてもう一回活躍出来るか?

 

3番人気はローブティサージュ。えー!人気になる?マジで?確かに昨年の当レース勝ち馬だし、洋芝は鬼だけど、前走函館SSは15着ですぞ(不利があったみたいだけど)?10番人気位になって欲しいなー(笑)。

 

穴馬候補を挙げておく。

 

まずトーホウアマポーラ。前走のCBC賞は休み明けで0.5秒差7着。叩き2戦目は【2.0.1.0】であり、今回良くなってくる可能性有り。調教は要チェック。

 

大穴候補にブランダムール。この馬、重賞での活躍歴はほとんどないが・・・昨年のキーンランドカップ4着馬(0.1秒差)である。また、昨年と同じUHB賞をステップにしており、ココを狙っているのが明白。洋芝は【4.1.2.3】。掲示板を外したことはなく、勝ち鞍のほとんどが洋芝。つまり、洋芝の鬼。おそらくこの馬にとって、キーンランドCが唯一の重賞ゲットチャンス。狙いたい一頭だが・・・賞金的に出られない可能性が(笑)。

 

あとはマジンプロスパー、ペイシャオブロー、レンイングランドあたりも面白そうやね。

 

ま、新潟2歳Sはサッパリ分からんし、

 

外は暴風豪雨で一歩も出られんし、

 

今日はゆっくり予想しようっと。

 

ムランダムール画像1

 

先週・・・週明けの株式市場はヤバイって書いたが、

想像を超える世界同時株安に・・・。

 

こりゃマジでヤバイぞ?

リーマンショック級の世界恐慌にならんといいのだが・・・。

 

【札幌記念2015予想】札幌芝2000mの定量戦。GⅠレベルの馬が秋口へのステップレースに選ぶレースであるが、夏のローカルで稼ぎたい馬が集まるレースでもある。狙いは逃げ馬トウケイヘイロー。東京や京都の高速GⅠが目標ではなくココが目標。以下前残りに決め打ちしてサクラアルディート、ヤマカツエース、ハギノハイブリッドを狙う。

 

トーホウジャッカル、ラキシスが強いのは百も承知。

しかし両馬とも目標は秋のGⅠである・・・

 

■札幌記念2015当日朝オッズ

札幌記念2015当日朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

トーホウジャッカルは当然秋の天皇賞・JC狙いだろう。

京都大賞典がピッタリの条件ぽいが、

そうすると秋の天皇賞まで中2週になるし、

2kg重い斤量背負わされるし(GⅠ馬は58kg)、

間隔が詰まることに何がしかの不安があるのかもしれない。

 

ラキシスの目標は当然エリザベス女王杯である。

牡馬一線級とも渡り合える能力の持ち主であるが、

ジェンティルドンナやブエナビスタのような超越牝馬じゃないわけで、

やはり牡馬混同のGⅠでは厳しい戦いとなるわけで、

やっぱり最大目標は牝馬限定のエリザベス女王杯であろう。

 

しかし、

牝馬の中長距離GⅠ馬というのは、本当に選択肢が少ない。

なぜJRAが2000m以上の牝馬限定GⅡ(別定戦)を作らないのか?

非常に疑問である。

現実的にラキシスは牡馬混同のGⅡに出走するしか術がないのだ。

 

で、ラキシスの適鞍は京都大賞典かオールカマーだろう。

なぜ今年は札幌記念を選んだのかは謎だが、

もしかしたら、

「このメンバーなら勝てるんじゃね?」

という現実的な賞金狙いなのかもしれん。

洋芝は多分鬼だし、定量戦だから斤量も増えないしね。

 

前回書いた展開予想・調教チェックを元に結論を。

 

■札幌記念2015予想

思い切って、前残り決め打ちで行く。トウケイヘイローの作る流れがどうなるかは分からんが(ぶっ飛ばして行って欲しいけど抑えて行くかも)、2番手以下は平均ペースもしくはスローになるだろう。となると・・・力の要る洋芝だし、Cコース替わりだし、直線は短いし、前の馬が残る・・・と仮定して予想を組み立てる。

札幌記念2015予想印

 

トウケイヘイロー(6番人気)

となれば逃げ馬トウケイヘイローに本命を打たねばなるまい。2年前の当レース勝ち馬であり、洋芝は鬼。昨年の当レース以降調子を崩していたが徐々にレースぶりが良くなって叩き3戦目。前走だってトップハンデを背負っての0.4秒差。そう負けてないのである。秋の高速GⅠでは瞬発力が足りない馬。おそらくココが陣営の最大目標だろうと思う。抑えて逃げたら後ろに捕まるだろうから・・・ハイペースでぶっ飛ばして逃げて欲しい。頼むぜ善臣!

 

サクラアルディート(11番人気)

本命にするか迷った・・・なぜならこの馬前走福島テレビオープンで一変した可能性があるからだ(ブログでも指摘していたが馬券は買わなかった。笑)。障害帰り(未勝利戦10着)で-18kg。この条件で勝ってしまったのだ。たまにある話だが、障害用の調教を施すと今まで鍛えられなかった筋肉が鍛えられ、平地に戻って活躍することがあるのだ。そしてこの馬-18kgでベスト体重になったのかもしれん・・・全ては仮定の話だが、スムーズにレースを運べたら・・・粘るかもしれんよ?2頭流で行く。

 

▲ラキシス(2番人気) おさえ

△ヤマカツエース(10番人気)

△ハギノハイブリッド(7番人気)

 

馬単 ◎流し 表裏 100円×8点

馬連 ◯流し 100円×3点

 

頑張れ!トウケイヘイロー!

とサクラアルディート!

 

トウケイヘイロー画像1

 

来週はもしかするとヤバイことになるかもよー。

東京株、週明けも波乱含みの展開か…世界連鎖安

 

中国発の世界同時株安・・・

世界がリスク資産の売りに回ると、一気に行くかも。

 

【北九州記念2015予想】無敗馬ビッグアーサーに注目が集まる一戦だが、穴狙いの管理人は粛々と大穴馬から馬券を組み立てるのみ。狙いは7歳サカジロロイヤル!高松宮記念4着の実力馬サドンストーム!それから調教抜群のマヤノリュウジン!昨年の3着のメイショウイザヨイ!大穴→大穴で行くぜ!

 

5連勝中のビッグアーサーの真価やいかに?

 

こういう過剰人気の馬がいるレースは、

単純に「ばっさり切り」やね。

 

もちろんアッサリ勝たれちゃうかもしれんが、

それはそれで良し。

 

妙味無き「可能性」に賭けるのは効率が悪い。

妙味有りの場合は逆に買いだけどね。

 

調教めっちゃええから買いたくなるけどー(笑)。

 

■北九州記念2015前日オッズ

北九州記念2015前日オッズ

netkeibaより抜粋。

 

人気はビッグアーサー。

それからアイビスSDを勝ったベルカント。

ベルルミエールも何故か人気になってるな。

 

■小倉芝1200m

小倉コース立体図

スタートは2コーナーポケットで、下り坂をビューンと約480m。当然猛烈にテンが速くなるぞー。そんで、小倉のコーナーはスパイラルカーブなので、あまりスピードが落ちずに4コーナーへ。最後の直線は291mと短く平坦。コーナーからのスピードそのままの勢いでゴールに雪崩込むイメージ。

あれ、これってどっかのコースに似てる・・・そう、最後に急坂こそないが、中山1200とイメージがそっくりなのだ。テンが鬼速くて上がりが掛かって先行優位。前後半がフラットな京都1200や、直線が長く差しが効きやすい中京1200とは大きく傾向が違うことを憶えて置こう。

 

脚質は基本的に先行有利であるが、展開次第で差しも決まる。先行→差しのような組み合わせより、前残り(先行→先行)前総崩れ(差し→差し)のような決め打ち馬券が良いかもしれん。

枠順は内外あまり気にしなくていい。ワンターンの短距離戦。毎年のようにピンクの帽子が馬券になってるように・・・むしろゴチャつかない外枠有利である。

 

■北九州記念2015展開予想

逃げ候補は
ニザエモンか?
レオパルディナか?

先行勢は、
サカジロロイヤル
ベルカント
ベルルミエール
メイショウイザヨイ
マイネルエテルネル
サトノデプロマット
バーバラ

中団には、
ビッグアーサー
バクシンテイオー
サドンストーム
ミッキーラブソング
メイショウツガル
ヘニーハウンド

後方から
マヤノリュウジン
ドレッドノート
オーミアリス

 

メンバーから見ても前傾ラップになることは間違いなし・・・と思っていたが、意外と逃げ馬は貧弱だな。あんまりペースは速くならんかもしれん。テン3Fは33.5くらいか?そんで後半3Fは34~34.5秒くらいを想定。速い上がりが使える瞬発力型より、一貫してスピードを持続出来る持久力型を買いたい。

 

■北九州記念2015予想

北九州記念2015浅次郎予想印

 

サカジロロイヤル(14番人気)

ここ2戦は新潟直千で惨敗しているが、3走前の春雷S(中山1200)では2番手追走からスマートオリオン(後に中京記念勝ち)を寄せ付けずに完勝。5走前の京阪杯では高松宮記念4着のサドンストームとクビ差の3着(当時同斤)、エピセアロームに先着しているのであり、能力的にはここでも上位だと思う。スムーズに番手につけて、春雷Sと同じ競馬が出来れば馬券圏内の期待十分!狙い撃ちだ!

 

サドンストーム(5番人気)

なぜ、こんなに人気がないのか理解に苦しむ。昨秋より短距離一線級で活躍している馬であり(ほとんど掲示板を外していない)、今年の高松宮記念4着馬である。問題は差し脚が届くか・・・という一点のみ。実績的には最上位。本来1番人気になるべき馬である。

 

メイショウイザヨイ(15番人気)

この馬が穴を開けるならココ!だと思う。昨年の2着馬が7ヶ月の休み明けを叩いて調教も一変(一週前に栗東坂路で51秒台。まさしく一変している可能性あり)。激走を期待する。

 

△ベルカント(2番人気)

切る予定だったが、調教良すぎ・・・押さえ。

 

△マヤノリュウジン(8番人気)

8歳で10ヶ月の休み明け。常識的にはないんだが、調教がめっちゃいいんだよね~。

 

馬連 ◎-◯▲ 300円

馬連 ◎-△ 100円

ワイド ◎-◯ 300円

三連複 ◎◯流し 100円×3

 

頑張れ!サカジロロイヤル!

願う!国分恭介、優作のワンツー!

 

オカルト的に、浅次郎・・・アサジロロイヤル・・・(笑)

 

サカジロロイヤル画像

 

しっかし、大阪中1遺棄事件の犯人は許せん・・・

寝屋川市の中1生遺体 中学生2人を連れ去るという犯行は異例

 

ネットではロリコンとかホモとか在日とかヤクザとか色々と言われてるけど、

(事実は知らん)

切り傷だけで30箇所以上て・・・

 

どんだけ痛かったか、苦しかったか・・・

こういうサイコ野郎は問答無用の極刑にして欲しいわ。

【札幌記念2015予想】トーホウジャッカルとラキシスの対決に注目が集まるが、札幌記念は小回りローカルの洋芝戦。何が起こるか分からんぞ。展開はどうなる?調教が良い馬は?管理人の狙いは逃げ馬トウケイヘイロー。大穴狙いならサクラアルディートだ!

 

ルージュバックが回避して、

一気に馬券的妙味が薄れた感がある今年の札幌記念。

 

普通に馬柱を見れば、

ラキシスとトーホウジャッカルで銀行馬券なんだが・・・

 

■札幌記念2015枠順

札幌記念2015枠順

netkeibaより抜粋。

 

スワンボートとかハナズリベンジとか・・・1000万クラスの馬じゃん。

謎なんだが、なんでGⅡに出走出来るんかいな?

ダビスタなら「賞金が足りないので出走出来ません」って言われるぞ(笑)。

出す方も出す方だが・・・

こういう馬は出走出来ないようにして欲しいわ。

 

JRAさんよ、

頭数を合わせる必要など全くない!

少頭数でも全く構わんのだぞー!

 

さて、展開面を考えてみる。

 

■札幌記念2015展開予想

札幌コース立体図

札幌芝2000mは4コーナーポケットからのスタート。1コーナーまでは385mと十分な距離があり平坦なので・・・テンは速くなる傾向にある。良馬場なら35.5前後か。特徴的なのは、ローカルにしてはコーナーの角度が緩いこと。つまりコーナーであまりスピードが落ちず、一貫した流れになりやすい。1000mは60秒前後。最後の直線は266mと短く、3コーナー過ぎからスパート。上がり3Fは35~36秒でトータル2分前後をイメージ。

基本的には先行馬が有利だが、想像よりも差しが利く。緩急に強い瞬発力型より、一貫した流れに強い持久力型を狙いたい。

 

行くのは、
トウケイヘイローで決まり。

先行勢は、
ヤマカツエース
サクラアルディート
ハギノハイブリッド

中団に
トーホウジャッカル
ダービーフィズ
ラキシス
ステラウインド
ディサイファ

後方から
ラストインパクト
ヒットザターゲット
サイモントルナーレ

といった隊列か。

 

中団、後方からの差し勢に有力馬が多い印象。トウケイヘイローが大逃げを打つのか引きつけての逃げを打つのか分からんが、いずれにせよ2番手以下はスローになると思われる。

 

札幌2000の平均ペースなら1000m通過は60秒前後。先週も前残り多発だったし、基本は前残りと見たい。

 

■札幌記念2015調教チェック

毎度だが、管理人は調教Gメンでも競馬関係者でもないタダの馬券オヤジである。調教VTRを見ても良いのか悪いのかサッパリ分からん。しかし、過去の時計との比較は容易に出来るのであり、馬券オヤジなりに調教を見て感じるものは少なからずあるわけで、独断と偏見によりジャッジさせて頂く。

 

【調教が良さそうな馬】

ラストインパクト
札幌芝【81.4-65.5-50.5-35.4-11.9】(G強)
芝での最終だが、長めから追ってラスト3Fが35.4。いい感じ。何より一週前の札幌ダ【83.7-67.2-52.3-37.9-11.6】(一杯)が秀逸。春天後はノーザンファームで乗り込まれていたようで、休み明けは一切気にしなくて良さそう。人気になりそうだけど。

ヤマカツエース
函館芝【66.7-50.3-36.5-11.7】(強め)
前走函館記念時(7番人気3着)の追い切りが、函館芝【65.3-50.0-36.4-11.6】。ほとんど同じ時計だが、前走時は一杯での追い切りであったし、馬場も良馬場であった(今回は重馬場)。調教だけ見れば前回より上積みがありそう。ただし、相手も強くなるが。

トーホウジャッカル
札幌芝【65.2-50.4-36.4-11.8】(仕掛け)
前走宝塚記念後は、門別の加藤ステーブルで調整。すでにある程度仕上げられてると見られ、札幌に入厩して3本。最終追い切りでは芝で鋭い動きを披露した。目標は先だが、仕上がり具合は良さそう。

他の馬も大概好仕上がり。悪い馬はあんまりいないなー。ダービーフィズあたりはいかにもヌルそうだけど、中間は社台ファームで調整されてたみたいだけん、サラッとでええんやろね。

あ、ヒットザターゲットはあんま良くないかなー。いつも坂路調教の馬だけに函館じゃ仕上げ切らんぽいなー。ちょっと割引。

 

さて、穴馬候補を挙げておく。

 

まずはハナ確定のトウケイヘイロー。一昨年前に函館記念、札幌記念を連勝したように洋芝は鬼。香港C2着、シンガポール国際4着の実績が示す通り、底力はGⅠレベルである。今回叩き3戦目。単騎逃げ濃厚のメンバー構成。現時点では、「とりあえず穴馬馬券術」に従ってこの馬から買おうかなーと思っている。人気薄になることを切に祈る。

 

もう一頭爆穴にサクラアルディート。おそらく前走の福島テレビオープンはフロック視されてると思うが、同斤のヒストリカルを破ってのものであり、-18kgと大幅に体重を減らしての勝利であり(それまでが太かった疑念あり)、障害帰りのテンジンショウグン効果(笑)がまだ続くとすれば・・・今回も注意が必要であるぞ。鞍上はなぜか戸崎だしな!

 

・・・

 

なんだか朝夕は涼しくなって来たなあ・・・。

 

サクラアルディート画像1

 

今年の凱旋門賞は残念ながら日本馬不在。

しかし気になるのは化物トレヴの凱旋門賞3連覇。

管理人が賭けたのは・・・この馬だ。

凱旋門賞2015最新オッズ。管理人はフリントシャーにベット。

 

 

【凱旋門賞2015予想】今年の凱旋門賞は久しぶりに日本馬の出走なし。毎年毎年挑戦してたんやけどなあ・・・来年に期待しつつ今年の凱旋門賞を展望しておく。トレヴの3連覇なるか?英ダービー馬のゴールデンホーンか?愛ダービー馬のジャックホブスか?はたまた仏サービー馬のニューベイか?管理人の狙いは・・・去年の2着馬フリントシャー!

 

凱旋門賞が行われるのは

ご存知ロンシャン競馬場である。

 

ロンシャン競馬場1

 

ロンシャン競馬場2

 

ロンシャン競馬場3

 

ロンシャン競馬場4

 

ロンシャン競馬場5

 

ロンシャン競馬場6

 

日本の競馬場とはだいぶ雰囲気が違いますな。

 

何が良くて、何が悪いのかは私には分からんが、

日本の競馬は「競馬オヤジ」ってイメージだもんなー。

(もちろん、若い人もいるけど少ない・・・)

 

もっと若い子が競馬に興味を持つように、

JRAには工夫してもらいたいものである。

(あまりに無策。なんだあのCMは!)

 

で、このロンシャン競馬場であるが、

今年の凱旋門賞が終わったら長期の改修工事に入るんだそうな。

なので来年の凱旋門賞はシャンティイ競馬場である。

 

仮に来年、ドゥラメンテやキズナなどが出走し、

凱旋門賞を勝ったとしても、

「ロンシャンの凱旋門賞じゃねーし」

と言われてしまうかもしれん。

 

ま、しゃーないわな。

 

現時点での凱旋門賞のオッズを見てみよう。

 

■凱旋門賞2015オッズ(8月20日現在)

凱旋門賞2015オッズ8月

ウィリアムヒルから抜粋。

※ブックメーカーのオッズは購入時のオッズが払戻しオッズである。また、出走出来るか?も賭けの対象であるため、出走出来なかったらハズレである(管理人がドゥラメンテに賭けていたのは秘密である)。

 

1番人気は現在凱旋門賞2連覇中の怪物トレヴ。オルフェーヴルを並ぶ間もなく交わして圧勝した2013年は「オルフェ以上の化物がいた!」と思ったものだが、順調さを欠いた2014年も圧勝。2015年シーズンはコリーダ賞、サンクルー大賞を連勝しており、至極順調。ロンシャンの鬼であるからして一番人気も納得であるが、果たして3連覇なんてことが現実に出来るのかどうか?

 

2番人気は今年の英ダービー馬ゴールデンホーン英ダービー(赤い帽子がゴールデンホーン)を3馬身半差で圧勝した後は、古馬相手のエクリプスSでザグレイギャッツビー相手にこれまた3馬身半差で圧勝(5kgの斤量差があったが)。5戦5勝の無敗の3歳馬。斤量が有利だし、伸びしろはあるし、打倒トレヴの一番手か。

 

3番人気は愛ダービー馬のジャックホブス。GⅡのダンテS、英ダービーはともにゴールデンホーンの後塵を拝したが、愛ダービーは5馬身差の圧勝。夏の成長如何で逆転出来るか?

 

4番人気は仏ダービー馬のニューベイ。仏2000ギニーはメイクビリーヴに完敗(3馬身差)の2着だったが、距離が伸びた仏ダービーは1馬身半差の完勝。ゴールデンホーンやジャックホブスとの比較が難しいが・・・。

 

 

以下、4戦4勝でパリ大賞を勝った3歳馬のイラプト。6月のプリンスオブウェールズSを勝ったフリーイーグルと続くが・・・

 

管理人が気になるのは、伏兵馬扱いのフリントシャー(単勝17.0倍)。昨年の凱旋門賞2着馬であり、その後はBCターフ2着、香港ヴァーズ1着、ドバイシーマクラシック2着、コロネーションC3着と来て、サンクルー大賞ではトレヴの2着。堅実に走る馬だし、トレヴには負けっぱなしだが、トレヴがコケたらこの馬が来るような気がするのだ・・・

 

3歳馬が強い(斤量が有利)なのは百も承知。

牝馬が強いのも、もちろん承知(4年連続牝馬が優勝)。

 

その上でフリントシャーに賭けておく。

 

凱旋門賞2015フリントシャーにベット

 

フリントシャーの単複に20ドルずつ。

 

フリントシャーが勝てば424ドルゲット。

2~3着なら84ドルゲット。

 

トレヴの史上初3連覇なるか?

3歳ダービー馬達が新しい時代を作るか?

 

日本馬がいないのは残念だが、

毎年楽しみな一戦である。

夢は来年以降に。

 

 

海外馬券の買い方

海外競馬サイドバナー

 

【北九州記念2015予想】小倉芝1200で行われる真夏のハンデ戦。注目は何と言ってもデビュー以来無敗の5連勝で重賞初挑戦のビッグアーサー。この手の上り馬は重賞の壁に当たることが多いのだが・・・さてビッグアーサーは買いか?切りか?穴馬券オヤジからすりゃ切りの一手ですな。

 

無敗の6連勝で重賞制覇なるか?

 

タイキシャトル、ロードカナロアクラスの短距離王になれるのか?

 

注目のビッグアーサーの取捨は?

 

■北九州記念2015予想オッズ

北九州記念2015予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

みんな大好きな・・・無敗馬。

 

最近で言えば、

エイシンヒカリが無傷の5連勝でGⅢのチャレンジCに挑戦し、

ダントツの人気(単勝1.9倍)を集めたが9着であった。

(その後、エプソムCを勝ったが辛勝であった)

 

エイシンヒカリ、エプソムカップ

 

その天性のスピードを生かした逃げは、

サイレンススズカの再来か?

と言われたが・・・・現時点ではGⅢレベル。

(是非天皇賞秋あたりを狙って欲しい)

 

そう。

無敗馬と言っても、

現実は厳しいのである。

 

一線級と戦い続けて無敗の馬と、

未勝利~条件戦で無敗の馬は根本的に違うのだ。

 

中央競馬に置けるクラスの壁は非常に高く、

準オープンを圧勝した馬がGⅢで惨敗するなんてのは当たり前で、

クラスを跨げばレースレベルはドンと上がるのである。

 

逆に言えば、

それだけ能力がないと

クラスを跨いで連勝出来ないってことなのだが・・・

 

さてビッグアーサーはどうなのだろう?

 

血統を見ると、母系はサドラーズウェルズにキングマンボという超のつく一流血統。サンデー系の一流種牡馬をつけたくなるような母だが、父はサクラバクシンオー。もしこの馬がスプリンター界を席巻出来れば、非サンデーの良い種牡馬になれると思う。サクラバクシンオーは後継となる種牡馬が見当たらんしな・・・是非とも頑張って頂きたい(けど馬券は別。笑)

 

で、現在5連勝中。

 

問題はその中身なのだが・・・

 

3戦目の岡崎特別(1000万下)のVTRを見てみよう。

 

子供扱いしたティーハーフは、その後3連勝で函館SSを勝った馬である。斤量差があったとはいえ(ティーハーフ57.5kg、ビッグアーサー56kg)、直線仕掛けられてからの勢いは全く別物。交わしてからはほとんど追っておらず、余裕の勝利であった。

 

続いて準オープンの淀屋橋ステークス。

稍重で力の要る馬場。直線持ったままで楽勝かと思ったが・・・結果はクビ差辛勝。

 

そして前走の水無月ステークス。

楽な手応えで抜け出すも・・・フォーエヴァーモアの急追にあってアタマ差の辛勝。相手も強かったが、楽な競馬じゃなかった。

 

1000万下のレースぶりは驚異であったが、

準オープンの2戦はそこまで強調出来るものではない。

 

それでも勝ち切ってるあたりは非凡だし、

今まで無敗ってのは当然だが天才がないと無理な話。

 

だけんどもしかし・・・

 

前走だけ見れば、

今回過剰人気なような気がする。

 

後は、

小倉コースとの相性、

相手関係、

調子

ってことになるんだろうけど・・・

 

調子が良すぎて笑てまうわ!

ってことなら狙い目だが、

 

スプリンターズSにどないしても出たいんや!

ってことで無理してるんなら黄色信号かもしれん。

目標はスプリンターズSらしい)

 

ってわけで、

 

心情的には応援したいけど、

馬券的には切り、の予定。

 

さて、穴馬探そうっと。

 

ビッグアーサー画像1

 

マスコミの報道には気をつけなければならない。

時に、一方的で独善的な報道になることがあるからだ。

そして「右にならえ」で一斉に報じられることが多い。

 

先日の錦織くんのマリー戦の一方的な敗戦も「意気消沈」「戦意喪失」という報道が多かった・・・私は納得いかなかったのだが、これを見て納得→Number編集長がNHKの錦織圭戦の解説に反論「試合を投げてはいない」。

 

実際、錦織くんはマリー戦で左臀部を痛めていたのだ。つまり、痛みを我慢しつつも最後まで力を振り絞って戦っていたのだ(我慢すればプレー出来る程度の痛みだったのだろう)。

 

全米オープンは出場可能ってことでホッとしたけどね。

今世界ランク4位だから、

順調に行けば準決勝で1位のジョコビッチと当たるんだろうけど・・・

頑張って欲しい。

 

錦織圭バナー.jpg

 

【札幌記念2015予想】例年GⅠレベルのA級馬が出走する当レースだが、今年はトーホウジャッカルとラキシスが参戦。ルージュバックの回避(熱発)は残念だが、なかなか見どころのあるレースが期待出来そうだ。問題はトーホウジャッカルの取捨。

 

エルムSは軸にしたエーシンモアオバーが果敢な逃げを打ち、3着に激走するも・・・1着ジュベルムーサ、2着グレープブランデーともにノーマークで当然馬券はハズレ。

 

関屋記念は「前残りになる。レッドアリオンが狙い目」と書いた通りになったが、軸にしたエールブリーズがズブズブでドモナラズ(絶好の位置に見えたけどなぁ)。

 

ドモナラズバナー

 

なんか毎週この画像貼ってるような気がするなあ(笑)。

 

ま、いいや。

 

今週はGⅡ札幌記念やね。

 

なんか札幌記念をGⅠに・・・なんて案があるそうだが、ちょっと無理があるんちゃうかなー。一流馬は普通、ダービー後、宝塚記念後に夏休みに入るわけで・・・

 

この時期はメンバー集めるの難しいんちゃうの?

 

それよりもダートの3歳GⅠが絶対先だって!

 

もしくは1800mのGⅠ!

 

ま、いいや。

 

■札幌記念2015予想オッズ

札幌記念2015予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

穴馬券オヤジとして

最も気になるのはトーホウジャッカルの取捨。

 

一頓挫あって天皇賞春路線を回避。

ぶっつけで宝塚記念に向かったが、

休み明けとしては見せ場十分の4着。

 

叩き2戦目の今回、メンバーが落ちる今回は

 

圧勝じゃね?

 

と思ってしまう人が多いであろう。

おそらくガッチガチの一番人気になると思う。

 

だけんどもしかし!

 

叩いて良くなる保障などないのだし、

洋芝適正だって分からんのだし、

直線が短く平坦小回りの札幌コースなのである。

距離も2000はジャッカルには短いのではないか?

重賞勝ちはまだ菊花賞だけ。

過大評価されてるんじゃないの?

 

そう考えると、

何が起こるか分からんではないか。

 

もちろん、去年のように何も起こらないかもしれない。

(ハープスター1着、ゴールドシップ2着)

 

しかし、

札幌のトーホウジャッカルには

意外と死角がありそな気がするのだ。

 

逆に死角が無さそうなのがラキシス

この馬の場合、道悪は鬼であるからして洋芝は歓迎の口。

そんでおそらく距離もベスト。

今年も目標はエリザベス女王杯だろうけど、

ココに出てくるってことはよっぽど調子がいいに違いない。

(オールカマーか阪神大賞典かと思ってたが)

 

穴馬候補を挙げておく。

 

まず、2013年の勝ち馬トウケイヘイロー。去年の札幌記念は11着に惨敗したが、海外帰りでダメージを受けた一戦。その後10ヶ月の休養を取る羽目になってしまった一戦であり、度外視。復帰後は10着(1.8秒差)、7着(0.4秒差)と調子を上げており、特に前走はトップハンデを背負っていてのもので悲観する必要はない。洋芝は【2.0.0.1】。重馬場は鬼である。本調子になれば勝ち負けになって不思議なし。

 

あと、ヒットザターゲットヤマカツエースあたりも面白いな。

 

オッズはトーホウジャッカルとラキシスの2強になるだろうけど、

 

そう簡単にいかん!

 

という前提の元で馬券を買いたい。

 

しかし夏競馬も後半ですなあ・・・

 

トーホウジャッカル画像

 

今日は甲子園を見てたが・・・

 

東海大相模はやっぱ強いわ。

 

関東一残ってくれよ~。