浅次郎より「モッコリ万馬券倶楽部」のご案内

【浅次郎と赤津葉月のモッコリ万馬券倶楽部】当倶楽部は、奇才・浅次郎、鬼才・赤津葉月のタッグによる有料競馬コミュニティクラブ。的中率より回収率!の「モッコリ馬券」「チクビーム一点勝負!」の買い目をメインに、様々な情報を毎週お届けするぞ!初月無料、翌月以降は3,000円。GⅠ(重賞)専門のぷち部員は月1,000円。

 

よく来たな!

 

競馬好きの奇人と変人が集う・・・

「モッコリ万馬券倶楽部」へ!

 

モッコリ万馬券倶楽部って?「ぷち部員」新設したぜ!

 

来たぜぇ浅次郎ォォォ!というブログ愛毒者の方も、

たまたま偶然ひょっこりこのページに来たラッキーマンな方も、

 

是非!

今までの競馬人生を

振り返って考えてみて欲しい!

 

競馬で勝つためには、どうやったらいいか?

そして、

自分は、何のために競馬をやっているのか?

 

ということを!

 

・・・

 

私、浅次郎は、3人の子持ち、

競馬歴23年のアラフォーオヤジである。

 

 

私自身、23年間ずっと競馬で負けてきた。

 

「JRAに貯金してるだけさ!」

「いつか利息付きで引き出すから待ってなよ!」

 

なんて周りに強がりつつ、

嫁には冷たい目で見られつつ(笑)、

 

毎年毎年ホロホロと負けてきたのである。

(年単位で勝った年もあるが、数えるほどである)

 

だけんどもしかし。

 

 

ある時、ある本を読んで、

競馬に対する考え方が180度変わったのである。

 

「あれ?競馬って儲けることも大事だけど、

それより楽しむ事の方が大事なんじゃね?」

 

本の著者は言う。

 

「多くの競馬ファンが、競馬場を去って行く」

「その多くの理由はおそらく、経済的理由だ」

 

そう・・・多くの競馬ファンは、

競馬で大負けし、

負け続けて、

いつかヤメて行くのだ!

(中には破滅したり、借金漬けになったりする人もいる)

 

きっとアナタもいつか、

競馬をヤメる時が来る。

 

 

独身で、経済的に裕福であれば、

そんな時は来ないかも知れない。

 

しかし、結婚して子供が出来て、

お金の自由がなくなったり、

予想する時間がなくなったり・・・

 

あるいは転職したりリストラにあったりして、

競馬に割くお金がなくなったり、

賭けるお金の桁が変わったりすると・・・

 

いつしか、

 

「もうヤメよう・・・」

 

となってしまうのだ。

 

「俺に限ってそんなことにはならない!」って思った方も、

 

よくよく自分の未来を想像しておいた方がいい。

 

実際、

多くの競馬ファンが、

いつしか競馬から離れていくのである・・・

 

それほど、競馬で勝ち続けるのは難しい。

(私の友人で今も競馬をやってるヤツなんてほとんどいない・・・)

 

 

再度、

 

ノッポさん登場。

 

だけんどもしかし!

 

 

私は、嫌だ!

 

競馬をヤメるなんて嫌だ!

 

一生続けて行くんだ!

 

こんなに奥が深くて、

こんなに感情移入出来て、

こんなに頭使って、

こんなに面白い趣味が他にあるか?

 

いや、ない!

 

他にないのだ!

 

 

では、

 

競馬を一生続けていくためにはどうすればいいか?

 

勝たないまでも、

 

大負けしなければいい!

 

これだ!

 

では、

 

何故、人は競馬で大負けするのか?

 

その理由は大きく3つである。

 

1、予想が下手。

2、自分の分を超えたお金を賭ける。

3、競馬の仕組み(控除率)を分かっていない。

 

この中で、

 

一番問題なのは何だと思う?

 

1の「予想が下手」じゃないぜ?(笑)

 

答えは、

 

2の「自分の分を超えたお金を賭ける」だ。

 

なぜなら、

どんなに予想が下手でも、例え全然当たらなくても、

「負けても問題ない金額」なら、

どんだけ負けてもノープロブレムだからだ。

 

 

極端な話、どんなにお金がない人でも、

賭けるのは1日1レースのみ!単勝に100円だけ!

であれば、週に賭ける金額は土日で200円。

月に1,000円程度であり、これなら大丈夫だろう(笑)。

これで破滅する人はいない。

 

逆に、月に40,000円しかお小遣いがないのに、

週に10,000~20,000円も賭けていたらどうなるか?

勝っている時はいいが、

負けが込めばあっという間に赤字である。

赤字になった時に人が取る行動は2つ。

 

競馬ヤメルか、

借金するか・・・だ。

 

 

パチンコも一緒だが、

借金で競馬の負けを取り返そうとするのはほぼほぼ不可能である。

利息がつく金で、控除率25%のギャンブルで、

どうやって取り返すというのだ・・・?

アカギ級の博才がないと不可能である。

 

しかし、よく覚えておいて欲しいのだが、

競馬は「100円」でも賭けていれば「面白い」のである。

1日1レース、賭けるのは数100円のみ・・・

これでも競馬は十分楽しめるのである。

 

逆に、自分の分に合わぬ大金を賭けると・・・

心臓がドクドクし、手足は冷え、膝はガクガクを震え、

楽しいどころではなく、恐ろしいばかり。

これは精神的にとてもツライ。

 

そして、競馬で大金を賭け始めると、

的中率を重視するようになり、

そのお金は控除率に食われ、

どんどん失くなって行くことになるのだ。

 

この賭け方は心身とも不健康。

競馬の面白さより「お金」に思考が向かってしまうからだ。

 

競馬は、

「完全余剰資金」

「失っても全然痛くないお金」

でやるべきである。

 

そのことに気付いた私は、

まず「馬券の金額ルール」を作ったのである。

 

・1レースに使う金額は◯◯円まで

・月に使える金額は◯◯円まで

 

要はルールで縛ることによって、

「自分の分」を超えぬようにしたのである。

 

 

そして・・・

回収率を考える上で、

最大最凶の敵が「競馬の控除率」(払い戻し率)である。

 

JRAより抜粋

 

どんだけ最凶かというと、

 

バトルボーナス中に出くわす・・・

 

ラオウの剛掌波くらい最凶である。

 

 

「1Rから剛掌波かよ!」

 

みたいなね(笑)。

 

せめて5Rまでパンチかキックでお願い・・・

と思うのは私だけではないはずだ。

 

だから、

3の「競馬の仕組み(控除率)を分かっていない」

って人達は、三連単や三連複ばかりを買う。

 

これは設定1の台を延々と打ってるのと一緒(笑)。

 

もちろんケースバイケースで三連単を買わねばならん時もあるが、

単勝と三連単では7.5%、

単勝と三連複でも5%も控除率が違うのだ。

この5.0~7.5%が積み重なるとどれだけ大きくなるか・・・?

「1着固定の三連単」を買うより

「単勝」を買った方がいいケースがどれだけあるか・・・?

 

三連単に夢があるのは否定しない。

(私も時々買う。笑)

 

しかし配当の大きい馬券種ほど控除率が上がるってのは

「JRAの罠」である。

(馬券種の中で三連単の売上がダントツで多いのである)

(そして競馬メディアも三連単を奨励する)

 

予想が上手くなって、

分相応のお金を賭けていても、

この控除率を上回ることが出来なければ・・・

 

馬券で勝つ事はできないのだ!

 

回収率が80%あれば上等であり、

回収率が90%あれば文句なしであり、

回収率が100%以上あれば天才である。

 

ちなみに、継続して回収率が101%以上あれば、

1000万単位、億単位で勝つことも可能である。

※「馬券裁判」で有名な卍師(データ競馬で1億4,000万円の利益を出した)の回収率は104%である。101%を超えれば億だって可能・・・これがデータ競馬のスゴイところだ。

 

ま、「継続して101%以上」ってのが難しいんだけどね(笑)。

 

 

多くの漫画が予告なくいきなり打ち切られるように、

 

継続するのはとても難しい。

 

じゃあ、

 

どうやったら

 

「継続して回収率を101%以上」に出来るのか?

 

・・・

 

これは、浅次郎ブログ毒者Dさんから

お礼のメールとともに頂いた、

驚きのPATの成績情報(掲載許可頂いてます)。

 

 

回収率161%!

約150万円の利益!

 

浅次郎本人を遥かに凌ぐ凄まじい成績であるが(お)、

 

Dさん曰く、

 

「添付している私のi-pat画像ですが、コレもうホントに100000%浅次郎さんのおかげです」(原文ママ)

 

とのこと。

 

(そう言ってくれるのは嬉しいが、これはDさん個人の実力である)

 

Dさんは「浅次郎の展開予想」と「調教チェック」を上手く活用し、

「徹底して過小評価されている馬」を狙い、

これだけの好成績を挙げているんだそうな。

 

ちなみに、

伝説のフローラS(モズカッチャン×ヤマカツグレース)の時は、

64万円の払い戻しだったのだとか(すげえ)。

 

「徹底して過小評価されている穴狙い」

 

これが

 

どうやったら「継続して回収率を101%以上」に出来るのか?

 

のヒント・・・いや、答えである!

 

なぜなら、

 

競馬はファンの投票によってオッズが決まるのであり、

競馬には控除率があるから。

 

控除率に勝つには

ファン心理の逆を狙う他ないのである。

 

・・・

 

で、

 

私の場合、片方の狙いはいいんだけど

もう片方を狙い過ぎて馬券はハズレってことが多く(笑)、

 

まあそれでも、たまに万馬券が当って、

楽しみながら競馬が出来ればそれで満足だわ!

 

と思っていたのであるが、

 

そんな折に知り合ったのが、

 

赤津というモンスター馬券師。

 

いや、正確には以前から知っていたのだが、

蜜に連絡を取るようになったのが2017年の春くらいからであった。

最初は競馬の話ではなく、

ビジネスのアドバイスなどを・・・私の方がしていたのである。

 

しかし、色々と話をしている内に、

データ馬券の凄まじさを知ることになる。

 

データ馬券?

 

「馬券裁判」の卍師や

1500万稼いで横浜で告訴された派遣社員の方や

5億円稼いだ北海道の天才公務員みたいな・・・

 

データ馬券術・・・?

 

実は私も最初は

 

「マジでそんなんで勝ってるヤツがおんのか?」

 

と思っていたのだが、

 

実際に会って話して、

ノートPC見せて貰って、

 

タマゲたのである。

 

数10万円~100万円規模の当たり馬券の数々、

そしてデータを使った独自の予想方法・・・

 

「え?去年のプラスは◯◯◯万円・・・?」

 

もちろん、赤津は勝負馬券の多くをPATで購入しておらず、

基本的には競馬場やWINSで購入しているため、

PAT残高のような証拠はない。

(競馬で大きく儲けたお金には税金が掛かる。しかし競馬場やWINSで購入した馬券は証拠が残らない・・・)

 

しかし、数十万、百万といった払い戻しを

ポンポンと的中させるのを目の当たりにし・・・

 

「はうあ!この人、モノホンだ!」

 

 

と確信するに至り、

 

色々と教えを乞うことになったのである。

 

赤津の馬券術の考え方は基本、

浅次郎と一緒である。すなわち、

 

「過小評価されている馬を狙う」

 

この「過小評価されている馬」をデータから機械的に抽出し、

機械的にその馬から買うのだ。

(調教や騎手や厩舎情報などはガン無視である)

 

この馬を「モッコリ馬」と勝手に名付けたのであるが(笑)、

赤津の馬券術は、

機械的に、継続的にモッコリ馬から買うことによって

回収率120%以上になる!

というモノ!

 

(GⅠ・重賞はまたちょっと違う馬券術となるぞ!)

 

もちろん「穴馬狙い」となるので的中率は高くない。

いや、むしろ低い。

一日全く当たらない!なんてこともザラである。

しかし、穴馬狙いの馬券は時にとんでもない馬券を生み出す。

 

 

例えば、この29万馬券。

これは年に1回あるかないかのヒットであるが、

こういうことが普通に起こり得るのが赤津のデータ馬券である・・・

 

「競馬を楽しむこと」と

「馬券収支を100%以上にすること」。

 

これを両立出来れば・・・

 

競馬を人生の友にすることが出来る!

一生掛けて競馬を楽しむことが出来る!

 

お金の心配をせずに。

 

・・・

 

・・

 

 

そして、

 

時はクルクルと流れ、

 

赤津と浅次郎の二人で、

 

競馬クラブ「モッコリ万馬券倶楽部」を発足。

 

これはバカ正直に言ってしまうと、

「浅次郎の夢」でもある。

 

今まで5年以上・・・

倦まず、弛まず、休まず、

腰痛の時も、チンコの調子が悪い時も、

サービス精神ともっこす精神をもってブログを書き綴って来たが、

 

その集大成がこの競馬倶楽部。

 

無料の趣味ブログが・・・

やっとマネタイズされる時が来たのだー!(涙)

 

データ馬券に興味がある方も、

モッコリ万馬券倶楽部に興味がある方も、

浅次郎の夢を応援してくれる奇特なモッコリガイな方も(笑)、

 

是非参加して欲しい。

 

倶楽部のモットーは、

 

・人生を楽しむために、競馬がある!

・長いスパンで馬券トータルプラス!

 

である。

 

優先順位は「勝つこと」<「人生楽しむこと」である!

そして長~~~い目で競馬を見て、

生涯回収率をプラスにしよう!というのが目的。

 

馬券・買い目・データに関することは赤津が担当。

倶楽部運営や管理、一部記事については浅次郎が担当だ。

何より「楽しい競馬空間」を提供するぜ!

 

最初にした質問をもう一回しよう。

 

競馬で勝つためには、どうやったらいいか?

自分は、何のために競馬をやっているのか?

 

その答えは、

 

モッコリ万馬券倶楽部の中にある!

 

・・・と私は確信している。

 

尚、モッコリ万馬券倶楽部は、

 

有料の競馬倶楽部である。

 

モッコリ部員になると、

 

・モッコリ馬(過小評価されている馬)

・チクビーム一点勝負!の買い目(鬼のワイド)

・GⅠの買い目(GⅠが無い時は重賞)

・当日の大量投票情報

・みんなが知らないお金になる馬券データ情報

・地方競馬情報(たまに)

・浅次郎の調教チェック(GⅠ除く重賞)

(※ぷち部員は「モッコリ馬」「チクビーム一点」以外)

 

などの情報をお伝えしていく(他にも色々ね)。

レースは厳選するので、日によって公開する数は変わるが・・・

だいたい1日3~7レースくらいになると思う。

 

あ、【浅次郎の調教チェック】は今後、

モッコリ万馬券倶楽部のコンテンツとさせて頂く。

(ぷち部員も閲覧出来るぞ!)

GⅠに関してはいつもどおりブログでやるつもりだけどな!

 

なにより、

人生における「楽しい場所」を提供することを約束しよう。

 

浅次郎がプロデュースする競馬コミュニティ。

興味がある方は、

思い切って飛び込んで来て欲しい!

 

「モッコリ万馬券倶楽部」専用サイト

モッコリ万馬券倶楽部について!

 

これからは・・・

一緒に、モッコリしようぜ!